ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

安心安全

授業で全員感染。コロナどこ吹く風邪。なんだか怪しい武漢ウイルス騒動。

新型コロナ、武漢肺炎、感染者数。緊急事態宣言とか。どうも何かが変だぞ。とはいえ、空気に包まれ、そこから脱出しようとせずに、同調圧力に付和雷同するのが、わが日本国民の習慣習性運命である。 連日連夜の政治マスコミテレビ局の「新型コロナウイルスの…

コロナウイルスを押し込む。授業がなくても、給料はそのまま。学校教員の高笑い。

知人が来て言うには、学校現場のゆったり感は半端ない、とのことである。 ーーーーー学校の授業が全然なくても、当然のように、給料はそのまま振り込まれている。学校教員の高笑いが聞こえそうである。 なんて言うと、憎々しいようだが、そうでもない。学校…

新型コロナウイルス関連の死亡者数、日本で3万人程度。学校再開が怪しくなってきた。

4月からの学校再開だが、ここにきて少し怪しくなってきた。新型コロナの大騒ぎは、オリンピックを延期させた。それはそれで、落ち着くところに落ち着いた。落ち着かないのは、コロナ肺炎の蔓延で、騒げば、騒ぐほど、大ごとになる。 何度でも言う。新型コロ…

感染爆発は連続する。新型コロナは自然治癒するから、学校再開である。

学校教育では、国語科や数学科を中心として、論理的な思考方法の訓練をする。情報の的確な理解と表現である。 テレビを中心とするマスコミでは、「新型コロナ感染症祭り」が、まだ続いている。大量に流される新型肺炎についての情報らしきものは、内容が豊富…

4月から学校開始を喜ぶ子供たち。風邪も、新型コロナウイルスも、どこに行った?

どうやら、4月から、以前、予想したように、学校が始まる。 一体全体、風邪ごときでいつまでも休校にして、いいわけがない。すべての活動が閉じても、予定の期間が過ぎたら、学校は開かなければならない。 ありていに言えば、子供が親が、退屈なのだ、大変な…

4月から学校再開。子供が元気に通学する。コロナウイルス騒動も過ぎて、テレビの大儲けは終わり。

旅客来りて、嘆いて曰く。 私はテレビを見ない。テレビは諸悪の根源で、あんなものを熱心に見るのは、それ相応の人々である。などというと、怒る人もいるだろうが、勝手に怒ってくれ。 私には、あのテレビ受像機の向こうの茶番劇を平然と見ることができない…

新型コロナの感染者、数十万人。セキでうつって、勝手に治る。でも少し体調が変だ。

「避けるものが何かをわかっていても、何を求めているかは、わかっていない」と古人は言った。 新型コロナウイルス騒動は、感染者がどこで何人、あそこで何人とか言っているが、そう都合よく出てくるものでない。 前にも、言ったように、すでに日本国内で、…

学校が休校ならば、家で留守番をさせるがいい。甘える保護者の胸算用。

昨日に続いて、今日も書く。こういうことは珍しいのだが、新型コロナウイルス騒動だから、仕方がない。 新型コロナウイルス感染症対策で、政府が自治体に休校要請をした。各学校設置者は基本的には、中央からの指示待ち体質だから、一も二もなく、要請通りに…

新型コロナウイルスと学校。教室でマスクをしない子が増えた。雪崩で死んだ高校生。

新型コロナウイルスは、感染力が強いという。ならば、すでに各学校、各教室で蔓延しているだろう。教室は密室である。冬季だから、授業中、窓を開放しない。密閉された空間で、誰かがくしゃみなり、咳をすれば、飛沫はほとんど全員に飛び散るだろう。感染す…

教育の敵。マスコミは愚劣な扇動者、テレビは悪そのものである。

学校現場は、無駄口ばかりたたいて、肝心なことは知らぬ存ぜぬで頬被りをする。子供が家庭に持って帰るプリントが多すぎる。何かと見れば、内容は各種団体の宣伝である。保護者向けの「お知らせ」や「学校便り」に「学年便り」「学級だより」「教科便り」だ…

日本のシニアは不幸なのか。愉快な老後と、子供の顔。

海外で長く暮らした某人曰く。 どうして日本人のシニアは、不幸なのだろう。 早朝でも夕刻でも、苦い顔して、虚空を見つめ、散歩と称するよちよち歩き。お決まりの病院通い。わけのわからない70過ぎの手習い。別に働くでもなし、金もあり。時間は死ぬまでた…

中学生、同級生を撲殺して川へ突っ込む。加害者と被害者の逆転

もう大方はお忘れだろうが、いじめられていた中学生が、自分をいじめた中学生を撲殺した上に、川の中に叩き込んだという事件があった。完全に絶命しているのにもかかわらず、石を何度も頭に振り下ろし、顔を下にして川に突っ込んだ。よほど相手が怖かったの…

子供の「安心安全」はあるのか。親が、子供の送り迎えをするしかない。 At Your Own Risk

At Your Own Risk自分の責任に置いて、自分の判断で、どうぞご勝手に。ためになる言葉である。日本の教育に欠けているのはこの精神なのだ。「自己責任」という言葉がなんとなく流行ったことがあった。例のごとく、すぐ廃れて忘れ去られた。 日本以外では、At…

子供の問題行動を叱らない教員。心の教育、転落事故、歩留まりについて。

人間は環境の動物であるという。確かに、子供は環境の動物である。 雨が降れば、教室でじっとしているべきなのに、そうではない。ばたばたと廊下を走り回って遊んで、そのあげく、子供同士がぶつかって頭から血を出して、泣き叫ぶ。それを大人(教員)は、し…

真夏の教員と痴漢と「自由恋愛」。ついでに交通事故その他不祥事に注意する。

地域にもよるが、ほとんどの自治体の教育委員会は、夏季休業前に、各学校あてに、教員不祥事についての注意文書を送付する。ご丁寧に、職員会議で、内容周知徹底させ、こころして夏を迎えるように、とのお達しである。 その多くは、教員が実際に起こした事件…

テレビは魔物、大嘘の塊。テレビ芸人の口真似をして、教員は嬉しそうである。

悪い見本、という言葉がある。子供が身近な大人を見て、とくに親を見て育つのは当然で、親のわりには、いい子が育ったなあ、なんて感心することは滅多にない。だいたいは、親以下同文である。だから、親自らが、今すぐ立派になれ、なんて野暮は言わない。 そ…

「IT"それ"が見えたら、終わり」はchumshipの話。子供は自分の死に恐怖して、諦めて、そして大人になる。

2017年版、映画『IT/イット』は、それなりにヒットしたらしく、年明けの2018年1月も、全国諸所で公開されている。相変わらずのキング節で、楽しむことができた。この映画には、兄弟殺し、尊属殺、母親の息子への固着、近親姦、中学生の過度のイジメ、サリヴ…

学校は危険がいっぱい。精神障害を疑うほどの荒れた子供を、許してはならない。

子供が荒れるのは、すべて理由があるが、その荒れがあまりにひどい時は、精神障害の可能性がある。しかし、親は学校の指摘を、信じないし信じたくないから、然るべき機関の診断を受けさせない。学校は、教室で「軽い傷害事件」があるくらいでは、驚くべきこ…