ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

AKB48

不気味な、教員の言葉遣い。子供もペットも雑草も、神セブンである。

近頃の公立学校教員の、児童生徒に対する言葉遣いは、異常である。 授業を参観してみるといい。聞くに堪えない思いがするだろう。 子供に教科書を読ませる。たった三行でも読み終えたら、すかさず教員が、「読んでくれてありがとう」。子供が挙手したら「あ…

AKB48「願いごとの持ち腐れ」ミュージックビデオは、いかがなものか。

昨日、偶然に、AKB48の新曲、「願いごとの持ち腐れ」のミュージックビデオを見た。この曲がいつごろから流れているかは知らない。だが、一見して、この音楽ビデオは危険だと感じた。設定は、廃校となる公立小学校での色々であるが、そもそも、この場所や話は…

ぱるる、島崎遥香が面白い理由。自尊心の塊。親は、我が子に全面的な愛情を注ぐべし。

AKBネタをもっと書いてくれと、かつての教え子からの催促である。なぜ、教育批評が「ぱるる」なのか、とも問われた。雑文の表紙に「ぱるるの」と題したのは、身内が「明るいぱるる」だの、「ガッキーの姉妹」だのと言われるので、興味を持ったのである。…

AKB48は日本の文化である。AKBグループは、個人の競争を肯定する、理想の学校である。

AKB48を、私は憎からず思っている。むしろ、日本のオリジナルな文化のひとつとすら、思っている。かつて、次の文章を書いた。AKB48という「アイドルグループ」がある。歌って踊っておしゃべりする中学生から高校生くらいの年齢の集団である。こんなことを書…