ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

公立の中高一貫教育校は、私立学校を潰す。ほとんどの大学は特養ホームに変身する。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain
長い間、私立の中学校や高校は、中高一貫教育が売りで、中学校に入りさえすれば、高校まで保証した。経営グループが大学を持っていれば、大学卒業まで面倒を見た。
良い悪いではない。つまるところ、金である。商売である。

そこに公立が乱入した。都道府県は、最初恐る恐る、やがて競って中高一貫学校を作って、優秀な小学6年生を青田刈りした。
小学校の教室にまで訪ねてきて、学級担任と面談して、該当児童を物色した。

開学当初は失敗だったこと、以前述べたとおりである。しかしながら、親方日の丸である。設備と教員の補充は、私学の比ではない。ようやく効果のほどが見えてきた。
12歳の学業成績優秀な子供を、選りすぐって、選別して、6年間、勉強に次ぐ勉強で鍛え上げた。
全寮制だから、朝から晩まで勉強できる。学習塾なんか行く暇がない。行く必要もない。寮の自室で勉強すれば十分である。先生も舎監でちゃんと目を見張っている。申し分ない。
公立の中高一貫校は、もはや強力な大学入試マシンと化したのである。

 

古い私立の中高一貫校の自慢は、卒業生の厚みである。ほとんど、それのみである。大学進学率は高いものの、学校の努力ではない。生徒自身のポテンシャルと自習の結果である。または予備校のおかげである。
そんな私立校を、世間はいつまでも甘やかしはしない。人が他人を甘やかすのは、みんなが楽勝で、互いにうまい汁を吸うことのできた時だけである。
格差が進み、生活や商売が厳しくなれば、コストの削減と効率と、ついでに公平とを目指すようになる。

公立校は、なるほど税金が母体である。
ならば、もっとちゃんとしろ、私立学校の数少ない利点を吸収して、公立校もそれなりにやるべきだ。いや、税金主体だからこそ、その義務がある。中高一貫で面倒を見ろ。経営優先の私立学校なんかに、優秀児の指導を任せ続けていいのか云々。
多くの納税者の意見に、行政は動かざるを得ない。
各々の担当分野や業種で、見ぬふりして、のんびりと良い思いをすることができなくなったのである。それなりの工夫と努力とが、ことさらに必要になって来たのである。

さあ、私立学校は、危機である。経営のやりくりに頭を悩ますどころではない、存続そのものが危うくなってきた。
いい気味である。少しは悩むがいい。
私学の教員は、昔から、自己流でお気楽に漫然と授業をする教員が多かった。自分は違うぞ、と思うのなら、それでいい。おめでとう。
だが、公立学校の教員は自殺したり、耐え切れず転職したりする人が多いが、私学の教員は少ない、というより、聞いたことがない。
私立学校の教員は、お仲間である。家族である。互いに甘い。マンネリである。

子細は、くだくだしいからよす。既にどこかで書いた。探して読んでくれ。


私は、日本の大学教員の、無能無策安逸を遺憾に思うものである。教員がだめなら、学校の価値はない。日本の大学のほとんどは、屑である。
私立中高一貫校は、今後淘汰される。次は、諸悪の根源、大学教員である。多くの大学をつぶして、または自然につぶれて、特養ホームなり、集合アパートなりに変えたらいいだろう。能無し大学教員どもには、転職の機会を与えたら如何。

 

広告を非表示にする

小学校から大学院まで、教員の能力がどんどん下がる。大学や大学院はアメリカに行くのが吉。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本では、小学校、中学校、高校、大学、大学院と、子供の年齢が上がるたびに、教育レベルが、下がっていく。
教員の質が、小学校教員から大学院教員に向けて、どんどん悪くなる。不真面目で、いい加減な仕事ぶりになってくる。
教員個人だけが悪いというわけではない。社会全体の認識や制度が、それを後押ししている。

日本の小学校は、おしなべて、教員の能力が高く、並外れた熱心さで、子供たちを教えている。
スイスやイギリスやシンガポールにある、ほんの一握りの富裕層の子供が通う、私立小学校のことではない。
日本では、公立の小学校の教員の質が世界一なのである。丁寧で地道な教育活動は、社会的評価や待遇を思うとき、涙なくして語ることができない。
中学高校と上がるにしたがって、残念な教員が増えてくるのではあるが、それにしても、高等学校までは、やはり、世界一真面目で熱心な教員が多いといえるだろう。

ところが、一転して、日本の大学は、驚くほど悲惨である。教員の質が悪すぎる。
大学教員の無能無知無策は、言うまでもない。あれは時間潰しであり、無益であり、子供のだらしなさを増大させ、家庭や子供本人の時間と資金とを無駄にする点でも、有害である。

だったら、日本の大学に行かなければいいのか。左様、行かなければ、よろしい。

しかし、何事も、なりゆき、仕組みというものがある。
構造として既にあるものは、ない昔に戻ることができない。
無駄も有用、清き川に魚はいないと言う。諸悪の根源である日本の大学及び大学教員も、既に存在している以上、一挙に、消し去ることができない。

どうしよう、どうするか。
海外の大学に行くしかないだろう。すくなくとも、大学院は海外に行け。
金なんてかからない、返済不要の奨学金が山ほどある。それを得て、行くがいい。
得ることができないのならば、日本にいるしかない。

そして、そもそも遊園地の別名である「日本の大学」には、入らないことである。


以上は、知人の言である。
海外の大学というが、おそらくアメリカの大学のことだろう。多額の奨学金が出る。
海外の大学で奨学金を得るには、英語力がいる。基礎学力がいる。それはどこで身につければいいのだろう。

ありがたいことに、素晴らしい場所がある。

日本の公立学校、小中高校である。世界一の先生と制度とがある。授業料が無料である。勉強するのに、邪魔をしない。しないどころか、応援してくれる。
貴様、勉強なんかしやがってと、脅されたり刺されたりしない。高校の教室で授業中に銃で撃たれたりしない。
教員たちは、一生懸命に教えてくれる。世間も、子供が学ぶのを苦々しく感じたりしない。爆弾を自習室に投げ込んだりしない。

日本の小中高等学校は、世界一の楽園である。これほど恵まれた場所で、自分から進んで熱心に勉強をしないのならば、大学教育と縁がないのである。
縁あれば、学ぶがいいだろう、だれも咎めはしない。そして、大学や大学院は、アメリカの奨学金を得て、アメリカで学ぶがいい。グローバル教育とやらで、一挙両得である。

 

広告を非表示にする