ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

子供が見えている。現場の経験のない哀しさ。大学教員の生き方。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

「子供が見えているか」という言葉が、学校現場で一時期流行ったことがある。
教員は、実力はなくても言葉だけを先行させたがる。だから先輩面で、何か言わねばならないときに、こんな常套句が便利だったのだろう。
映画やテレビ画面ではあるまいに、何が見えるというのだろう。何を見るべきなのか、言ってる本人にも、もちろんわかってはいなかった。

好意的に解釈すれば、眼前の児童生徒の実態を把握しているのか、という問いであろうが、何かを見ることができればいいものではない。子供の何かを、わかることができるというのは不遜でもある。

「わかること」は自分の体験上、自分が同意できること、腑に落ちること、馴染むことである。
大学教員には、永遠に小中高等学校の現場はわかることができない。したがって、わからないことを、教育学部では、わかったつもりで教えている。

教育は経験がものをいう。未経験者は黙るほかない。
高校教員と小学校のそれとはまた違う。中学校の現場も独特である。
教育について、特に学校教育については、当該学校種の教員経験がない者は、何を言っても駄目である。噂話であり、無駄話であり、大嘘である。それでも、何とかごまかしが通用するらしいのは、自分自身が、昔は児童生徒であり、小中高等学校生活を曲りなりも送ってきたから、そこから類推するのであろう。哀れであり、姑息である。

教育学部の大学教員は、現場のことを知りたくてたまらない。哀しいかな、自分で小中学生を教える実力も勇気もない。そんなことをしたら、「馬鹿」が白日の下にさらされて、明日から構内を歩くことができなくなる。飯の食い上げである。
そこで、大学付属学校を時々覗いて、何かを得たいが、所詮傍観者である。言っていること書いていることに迫力がない。空論である。

無用であり有害でもある大学教育学部を廃止すればいいのであるが、そこはそれ、人情や打算で、この世は動く。あれもこれも、関係者にとっては、今のところ職業で、食うため生きるためである。大目に見てやれ。

さて、では大学教員は現実の教育について、どうやったら、知ったかぶりができるだろうか。また、実際に、知った風な生意気な口を叩くことができているのだろう。

それはね、ネタは教え子から取ってくる。
教育学部の学生は、卒業時には、企業の就職は難しくても、一応、教育学部卒の教育学士である。なんとか、教員になった者もいることはいる。その連中から、仕入れるのである。
他には、各学校はご丁寧にも、研究会と称するパーティを年に数回するが、恐れ多くも「指導講師」という名目で大学教員をお呼びするのである。一言の「ご指導」をいただくのである。馬鹿馬鹿しさも、ここに極まる。
大学教員にしてみれば、嬉しくてたまらない。大きな顔で、小中高の学校現場に忍び込める。仕事ネタ仕入れることができる。消えかかったプライドの火を、今少し燃やすことができる。

各学校の研究会が、結局は、現場教員に負担をかけるだけのイベントになっていることは以前話したが、教育事務所職員(教育庁教育委員会とやらの指導部や指導課の職員)や地元大学教員に、自己満足の活躍の場を与えるためのセレモニーであることも、知っておくがいいだろう。

現場教員に向かって、その経験も無い者が、子供が見えているか、などと宣うのは、百年早いのである。

 

広告を非表示にする

大学の新校舎建設で、誰が利を得るのか。NHKは、どんぶり勘定の独占企業なのか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

旅人来りて、言うには。

自分の頭で問いを発し、答えを予測し、検証することは、日本人の不得意とするところである。ならば、教育の眼目は、そこに置かれるべきで、初等の小学校の折から、腹を据えてかからなければならない。

他人の言うことを丸のみにして、深く考えることもせず、大さわぎして囃し立て、挙句に、マスコミの誘導に簡単にひっかかる。誘導とすら感じていない。NHKの言うことが、自分の頭の中身なのである。それを知ってか、NHKは、反日で反皇室で国民侮蔑のくせに、大きな顔で、いまだに、堂々とのさばっている。
NHKの職員の人種構成は、いまだに明らかではない。収入歳出の仔細が不明である。どうせ、どんぶり勘定の独占企業である。内部が腐りきった極楽とんぼである。なのに、日本人は、初恋のNHKが大好きなのである。
NHKはほんの一例で、テレビ新聞マスコミの考えが、即、日本国民の、あなた自身の考えである。

疑わない。疑わないのである。情報の発信が、同じ日本人同士だろうとの安心感があるとしたら、お門違いである。
日本放送協会」のいったいどこが、日本人だろう。あれは外国の傀儡である。または暴利をむさぼる裏切者である。
新聞紙のどこが日本国民だろう。あれは利のみを狙う言論商売である。金の匂いの風向き次第で、どこにでも吹き飛ぶ。

教育は、独立自尊を持って芯となす。その気概はどこから来るか。日本の伝統文化の継承以外にはない。これを考えても、小学校から英語を教科にするなどは、すでに亡国の方針で、自ら喜んで滅ぶつもりなのだろう。


話は代わって、新校舎建設中の大学である。
日本の大学は、すでに終わっている。
大学に行かずに、就職する人や、専門系の学校を選ぶ人が増えた。それもそのはずで、日本の大学は、世界最低と断定できないまでも、果てしなく、それに近い。原因は、大学の粗製乱造にある。教員の人材不足にある。
優れた教員など、めったにいない。なのに、大学が増えれば、教員も員数揃えのために、でっち上げなければならない。
諸大学のほとんどの教員は、でっちあげた教員で、コネで就職し、立場のみで給金を得ている。

いわゆるタレント教員は、ハウツーものの「語りおろし」本を乱発したり、講演会と称する漫談をしたりで、アルバイトに余念がない。テレビのクイズ番組もどきに出て、出演料を稼ぐ。勤務先の大学は知ってか知らでか、大学の宣伝になればすべてよし、の構えである。
タレント教員とはいえ、大学教授の肩書がある。あれしきの大学でも、一応、大学である。教授とやらの妙な特権意識で、恣意的な発言を繰り返す。害悪を撒き散らす。教員の最低限の仕事をろくにしなくても、「馬鹿な大衆相手」であるから、本人はご満悦である。

日本の大学は、終わっている。かといって、我が子を、わざわざ遠い外国の大学まで行かせることができるだろうか。
それが、行かせるのである。子供も行くのである。
親の苦労を思うと、涙を禁じえない。

既に述べたと思うが、何度でもいう。教育はハイリスク・ローリターンの典型で、特に日本の大学は、全然、投資に見合っていない。

大学が潰れるのを待っていてもだめである。どうせ、税金で今以上に填補するだろう。あれは商売である。議員も役所も企業もグルの、ビッグビジネスとやらである。

「大学を潰せ、今の十分の一でも多すぎる。NHKを潰せ、民間放送で競争させろ」無駄と知りつつ、声高に叫ぶのである。

 

広告を非表示にする