ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

「てぃんく」メンバーの、不慮の事故とはなんぞや。芸能人の死亡とその理由。マスコミの欺瞞。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

コロナごっこが、いまだに続いているので、うんざりである。

テレビラジオは以前からだが、近ごろは、ネットもあまり見なくなった。鴎外先生の北條霞亭を眺めたり、荷風さんを読んだりしている。

食卓で家人が言うには、春馬、結子に続いて、地方アイドルが没したそうだ。

そりゃいったい誰だというと、「てぃんく」とやらの芸人グループのメンバーで、17歳だそうである。

死因は何だと問うと、不慮の事故という。

はて、怪訝である。

 

世間では、100歳近い老人が死んでも、コロナで入院していた云々と、さもコロナ感染症が原因かのように言うが、なに、寿命だろう。

かくも、コロナが怖い怖いと大騒ぎして、自然死の原因の多くを、コロナウイルスに関連づけようとしている。その一方では、17歳の少女が突然死んだのに、不慮の事故ですませるとは何事か。

大方、自殺だろうが、それを公表したら、何かまずいことでもあるのか?

 

それがあるのである。あると、思い込みたいのである。であるからこそ、マスコミ様は、愚かな国民大衆へは、不慮の事故で済ませておけ、とご考慮なさった、または上様のご指示である。

まことに、マスコミ業者の、国民を侮蔑すること、かくのごとし。

 

17才だろうが11才だろうが、彼ら彼女らは、素人ではない。玄人である。芸人である。自ら芸を売ってギャラをもらっている身分である。

何の遠慮が、あろうか。自殺なら自殺、他殺なら他殺、それとも、本当に事故なら、事故原因を述べるがいい。それが嫌なら、最初から、伏せておけ。

「グループ公式ツイッターで発表」とか、いったいどういう了見だ。発表するからには、堂々と、死因死亡時刻その他を言うがいい。

 

芸人の自殺、春馬結子等の続きが、出るようで出ないのは、芸人は、そんなに軟ではない。しかし、芸人にもいろいろある、各々の事情がある。不本意ながら自ら死を選ぶ者もあるだろう。

しかし、それを不慮の事故とやらで隠蔽し、言葉の上だけで穏便を装うのは、卑劣卑怯である。

 

全然話が変わる。ここに例を出すのは突飛すぎるが、チャーチルは英国自慢の戦艦プリンス・オブ・ウェールズが日本の航空少年兵によって撃沈されたことを、包み隠さず国民に伝えた。大人である。チャーチルがではない。チャーチルにそう決断させた英国国民が大人なのである。

 

話を戻す。

近所の小中学生は、相変わらずマスクをして通学している。聞けば、授業中も休憩中もマスクをつけっぱなしだそうだ。マスクの裏は唾液と臭気と微生物で「ぬたぬた」だろう。

 

夕刻の公園で、マスクのままジョギングする輩は、さすがにいないだろうと思ったが、いるいる。うじゃうじゃいる。見ているだけでも、気持ちが悪い。

 

ああそうだ、プールで泳ぐ人はどうだろう。マスクをしてクロールなんて、粋ではあるまいか。

マスクスイマーがいないところを見ると、プールの水面上には、どんなに混雑したプールでも、コロナウイルスは皆無なのだろう。水に溶けたのか?

 

コロナウィルス騒動に端を発して、マスコミ連合軍は国民大衆の扇動扇情誘導洗脳の、いつもの楽しい「お仕事」でニンマリである。その傲慢無礼なこと、憎んでも憎み切れない連中である。