ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

NHK 日本放送協会

「てぃんく」メンバーの、不慮の事故とはなんぞや。芸能人の死亡とその理由。マスコミの欺瞞。

コロナごっこが、いまだに続いているので、うんざりである。 テレビラジオは以前からだが、近ごろは、ネットもあまり見なくなった。鴎外先生の北條霞亭を眺めたり、荷風さんを読んだりしている。 食卓で家人が言うには、春馬、結子に続いて、地方アイドルが…

考える授業。教育評論家、有識者、テレビ芸人は、コロナで儲けたか。

知人来たりて、また言う。 テレビ局及びテレビに巣食う芸人ども、ならびに、選挙で職を得たのをいいことにやりたい放題の議員職にある者ども。彼ら彼女らにとっては、新型コロナウイルスとやらは、神であり仏であり救世主である。 これだけで、わかる人には…

新型コロナウイルス騒動で、世界イベント大成功。政治屋とマスコミの高笑い。

今回もまた、教育から少し離れた話題となったのだが。 某人来りて、話すことには。 毎日毎時間、マスコミと称する売名企業は「コロナウイルスごっこ」をさも真剣げな声色で、ご苦労なことである。たかが鼻風邪ごときに、まるで不治の伝染病のごとく大袈裟に…

コロナ感染者数で、山手線を一周するテレビ局。選挙は、コロナで勝つしかない。

どうにもこうにも、コロナごっこが止まらない、止まらせない。あそこで、何人、ここで何人と、感染を確認して、その数字をあげつらう。バカバカしくって、観てはいられない。 あのな、感染はとっくに広がっている。もしも、まだ十分に広がっていないのなら、…

いつまで大学を閉鎖する? テレビ大好き人間、マスコミに騙されない教育。

テレビマスコミは教育の敵である。国民の敵、亡国の徒である。テレビに負けない人間になれ、といったところで、家庭も親も、生まれたときからテレビ漬けである。当人の知らないうちに、テレビマスコミに飼いならされている。 もっとも、田中美智太郎先生がお…

コロナ騒動でどれだけ儲かるのか。学校、政府、公務員の高笑い。

長く教員をしていた知人が来訪して、以下のごときを言う。ーーーー コロナ騒動を続かせることによって、マスコミ一同、次期選挙立候補者その他、主として公務員関係者の、喜びの毎日が終わりそうもない。 どうも困ったものである。テレビマスコミは、東京都…

集団ヒステリー、コロナウイルス騒動が終わらない。マスクをして走る人々。

某氏来りて、憤慨して言うには。ーーー 一体全体どういう気だろう。誰もかれもが、コロナコロナと騒ぎすぎる。少し冷静に考えようではないか。コロナウイルスが原因で、いったいどのくらいの死亡者があるのだろう。人は死ぬときは死ぬ。コロナウイルスが原因…

コロナウイルス感染拡大で儲かるテレビ芸人。教員たちの今現在。武漢ウイルスと呼べ。

やれやれ困ったことである。コロナ騒動が一向に収まらない。バタバタしても無駄なのに、どうしても駄々をこねる。どういう了見だろう。 前から言うように、もうとっくにコロナウイルスに感染している。そして、自然治癒している。そういう人がほとんどだろう…

4月から学校再開。子供が元気に通学する。コロナウイルス騒動も過ぎて、テレビの大儲けは終わり。

旅客来りて、嘆いて曰く。 私はテレビを見ない。テレビは諸悪の根源で、あんなものを熱心に見るのは、それ相応の人々である。などというと、怒る人もいるだろうが、勝手に怒ってくれ。 私には、あのテレビ受像機の向こうの茶番劇を平然と見ることができない…

感染者が一億人。新型コロナウイルスは風邪である。自然に治る。現に治った人ばかり。

某人曰く。 ーーー 新型コロナウイルス騒動で、連日連夜、テレビが、大袈裟に絶叫する。 テレビ局は、笑いが止まらない。空前の視聴率で、「新型コロナ」「新型肺炎」「感染者数」「パンデミック」だのと、大騒ぎする。コロナの話題で、視聴者を引っ張り、騒…

新型コロナの感染者、数十万人。セキでうつって、勝手に治る。でも少し体調が変だ。

「避けるものが何かをわかっていても、何を求めているかは、わかっていない」と古人は言った。 新型コロナウイルス騒動は、感染者がどこで何人、あそこで何人とか言っているが、そう都合よく出てくるものでない。 前にも、言ったように、すでに日本国内で、…

自宅待機の子供は自習するべし。ニュースコメンテーターやテレビ評論屋は、浮ついたテレビ芸人か。

市民なりの政治、国民なりの指導者、という言葉がある。政治家を批判し政府を非難し、為政者を馬鹿にしたつもりになっても、無駄である。彼が彼女が、議員であるのは、選挙民がそのレベルだからだ。議員も、国民のひとりである。国民以上の「政治家」がいる…

教育の敵。マスコミは愚劣な扇動者、テレビは悪そのものである。

学校現場は、無駄口ばかりたたいて、肝心なことは知らぬ存ぜぬで頬被りをする。子供が家庭に持って帰るプリントが多すぎる。何かと見れば、内容は各種団体の宣伝である。保護者向けの「お知らせ」や「学校便り」に「学年便り」「学級だより」「教科便り」だ…

英会話は無駄である。英語を選択制にして、日本語を徹底せよ。マライヤキャリー。

東京でオリンピックの予定である。何かと騒がしい。おもてなし英語とやらで、英会話ごっこのパレードである。 日本人の英語力は低いというが、統計など持ち出さなくたって、我が身を振り返れば、すぐわかる。嫌々とはいえ、十年以上も学校で英語を学んできた…

NHK等マスコミ関係者の自己欺瞞、軽率、無教養、無定見、傲慢無礼の原因は、学校教育にあるのか?

常々疑問に思うことがある。日本のマスコミ関係者の、度を越した無教養、意気地なし、無節操、無定見、傲慢無礼、恥知らずは、いったい、どこから出てきたのだろう。私たちは、ネットなどの媒体を通して、他国のマスコミ情報を見ることができる。公開情報に…

テレビやラジオは日本語の敵である。他人の意見を遮る「討論番組」の芸人。 大学院の怪談。

あのNHK等のテレビ放送。 そこから流れ出す日本語の卑しさ、不快、劣悪にして唾棄すべき音声、言い回しのごみ溜め。明快に落ち着いて話すと、内容空疎で出鱈目なことが、ばれてしまうからだろう。口角泡を立てて慌ててしゃべり続ける。煩い。やかましい。下…

テレビは魔物、大嘘の塊。テレビ芸人の口真似をして、教員は嬉しそうである。

悪い見本、という言葉がある。子供が身近な大人を見て、とくに親を見て育つのは当然で、親のわりには、いい子が育ったなあ、なんて感心することは滅多にない。だいたいは、親以下同文である。だから、親自らが、今すぐ立派になれ、なんて野暮は言わない。 そ…

不気味な、教員の言葉遣い。子供もペットも雑草も、神セブンである。

近頃の公立学校教員の、児童生徒に対する言葉遣いは、異常である。 授業を参観してみるといい。聞くに堪えない思いがするだろう。 子供に教科書を読ませる。たった三行でも読み終えたら、すかさず教員が、「読んでくれてありがとう」。子供が挙手したら「あ…

大学の新校舎建設で、誰が利を得るのか。NHKは、どんぶり勘定の独占企業なのか。

旅人来りて、言うには。 自分の頭で問いを発し、答えを予測し、検証することは、日本人の不得意とするところである。ならば、教育の眼目は、そこに置かれるべきで、初等の小学校の折から、腹を据えてかからなければならない。 他人の言うことを丸のみにして…

先輩、すごいです。巨悪の根源のテレビ。鑑識眼とインターネットの利用。

中学生から大学生にかけて、部活動の影響だかなんだか知らないが、とってつけたような敬語に類する言い回しをする子供が多い。先輩、何々です。何々ます。というように、ですます言葉なのだが、妙に気に障る。それもそのはずで、「場違い」なのである。教養…

授業のやり方はNHKに学べ。NHK大好き、夏休み子ども電話相談室の素敵な言葉遣い。

教員の指導力を高める、とかで、各地で色々な「取り組み」がされているようだ。授業が上手と「評価」されている中学校教員の、実際の授業の一部を、N某局で放送していた。「子どもの注意をひきつける」のだそうで、まずセサミストリートの真似事をする。チョ…