ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

教員の自殺 公務員の自殺

教員の自殺は無駄であり、大損である。復讐には、ならない。

教員の自殺率は高いか低いかは、よくわからない。おそらく、他業種に比べて、自殺者が多いほうではないのか。 内閣府の「平成27年中における自殺の状況」(平成28年3月18日)を見ても、職業別に詳しく分けていないので、教員がどのくらい自殺したのか、わか…

公務員や教員の自殺は、パニック障害だろうか。それとも、誰かへの面当てなのか。

人が死ぬのは、よほどのことである。まして自殺となると、何を好き好んで自殺なんか、と訝しがる。 高校生のころ、クラスメートに自殺を考えた子の多いことに、驚いたことがある。優秀な子供になればなるほど、十代なら、自殺くらいは考える。疾風怒濤の時期…

教員の自殺、女子高校生売春、自尊感情の欠落。生きてこその、この世である。

自殺した人を複数知っているが、その原因を考えると、肝心な時に、必要な人または言葉があったならば、決して自殺実行に至らなかったのでないかと思う。もちろん、自殺は個人個人の問題で、他から軽々に言うことができない。推測するしかないのである。自殺…

教員の「面当て自殺」、政治家やマスコミ人のペルソナのごとき。

同期生が、大臣として入閣した。そんなことが何度か続いた。「あんなやつが」と吐き捨てるように、知人は言うが、まあ、そんなに怒るな。かつての高校の級友は、今の本人ではない。人間は環境が作る。弱い精神にとって、これは事実であるし、ほとんどの人は…