ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

見よ東海の空明けて、と歌う小学生。東海林太郎の歌や小津安二郎の映画は日本文化である。

 

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

東海林太郎の歌が好きで、下手ではあるが、時々カラオケで歌う。


愛国行進曲  東海林太郎

この歌は、小学校唱歌だったとしても、優れた出来栄えである。
この歌詞を、やれ帝国主義だの、軍国主義思想だの言う輩は、もとより覚悟のない連中で、論ずるに足らない。

かつて田中美智太郎先生は、ある学生の「僕は、このままでは、社会の流れに取り込まれそうです、どうしたらいいのでしょうか」との問いに、「社会に取り込まれそうだと思うような弱い精神なら、かえって、君は率先して取り込まれたほうが、君の幸せだ」と、おっしゃった。まことに至言である。

愛国行進曲を歌うくらいで、どうして、過去の軍国主義に戻るだろうか。
現代の子供は、今に生きている。素直に、まっとうに歌うならば、むしろ、東海林太郎の歌は、健全にすぎる。

このような歌を歌っても、全然かまわない。時代は常に動く。日本人は、表の刺激に動揺せず、裏を見抜いて生きなければならない。もとより、そうでなければ、厳しい競争時代に、日本が安全と繁栄を目指して無事にやっていけるわけがない。

過去は消えない。すべて先人は、その時代を立派に生きて、甲斐ある人生を終えたのである。今、生きている人がどうして過去を否定したり、評価できようか。ただ、そのまま受け止めて、そこから学ぶべきことを、学べばいいのである。


永井荷風を日本文の美として仰ぐ身として、この歌に愛着を感じる。


すみだ川/東海林太郎・島倉千代子

 

ついでに、こういう情緒も、日本独特のものとして、中学音楽教科書に載せたいものである。


國境の町


小津安二郎は最後の作品、「秋刀魚の味」の中で、笠智衆をして、「あの戦争は負けてよかったのじゃないかな」と言わせている。
奇異な感じだが、実に味がある。


GoutDuSake-Ozu

 

先の大戦で、日本は負けて、それでよかったのである。
あり得ないことだが、もしも、万が一にでも勝っていたらどうだろう。世界はもっと窮屈で暗いものになっていたのではないだろうか。そう思うのは、私だけではないだろう。

それはそれとして、東海林太郎の歌や小津安二郎の映画は、昭和の華として、平成令和の子供にぜひ親しませ、伝承してほしい日本の芸術文化だと思うが、如何。