ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

教員の「お仕事」

乱暴な言葉で威圧しても、子供をコントロールできるわけがない。教員の持ち味を生かした授業の工夫が必要である。

学校教育が年々難しいものになっている。学力をつけようにも、成果がなかなか上がらない。ひとりの教員の力で、学級全体を制御することが、難しくなってきた。学校生活が、教員も子供も、苦しい。教員の教授能力や子供の学習能力の低下であろうか。学校教育…

評価ごっこは、教員や子供を殺す。教職は、キツイ帰れない危険な3K仕事である。

どんな仕事でも、苦しむぬくか、それなりの楽しみを見つけることができるかは、当人次第である。教職も然りであって、とても教員に向きそうもないように思えた者が、現場での学習指導や生徒指導の、成功例がある。逆に、学業成績もよく、教員からの評価も高…

教員は、対象年齢が上がるほど、楽勝である。ならば、大学教員と小学校教員の給料は、差をつけなければならない。

大学院生の研究発表会で、大学院教員のM(仮名、年齢58歳)が、一人ひとりの発表の後に、しきりにこう言う。「で、今日の成果としては・・・」。なんだか、忙しない奴だと思ったが、考えてみると、なかなか正直な男である。 と言うのも、大学や院の研究発表…

先生には尊敬と感謝。マスコミや政治屋とは扱いが違う。

旅客来たりて嘆いて曰く。 子供が、親の期待通りまたは予定通りに育たなかった、あるいは、思うように伸びなかった。だからといって、その原因または責任を、学校や教員に押し付けて良いものかどうか。そんなこと、並の神経の持ち主なら、すぐにわかりそうな…

教員は、空き家で何をする気だろう。長期休業は、研修と草むしりとペンキ塗り。

身銭を切って、何かを学ぶのは、とてもいいことだ。頼まれもしないのに、自分の意思で学ぼうとするのは、何ものかを得るための最良の方法である。他人にものを教えることが職業のはずの教員が、自分でも学ぼうと努力するのは、当然のようだが、そうでもない…

先生に感謝の涙。医者と教員は、どちらが「先生」なのか。

医者と教員とは、世間で先生と呼ばれる職業の典型だろう。しかし両者を比べると、収入の面からも社会的な認知度からも、大きな違いがある。医者は病人相手である。教員は、健康な子供が相手である(一部例外あり)。どちらが社会的に建設的な仕事かと言えば…

教員の花見。春休みはない。夏休みは、研修ごっこと会議が満載。

3月終わりから4月のはじめまで、学校は休みである。子供は、家で、または遊び場でごろごろする。教員は何をするのだろう。ゆっくりと休めるのだろうか。自堕落な大学教員は別として、教員にとって3月4月も忙しい。体調を崩す教員が多いけれども、休んでいる…

女教師の憂鬱。美男美女の教室。独身生活も、また愉しからずや。

人は、幸福には鈍感になるが、不幸には鋭敏になる。体調の良いときは、健康を意識しない。病気になって、初めて健康のありがたさを感じることと同じである。いかにも独り身は孤独である。孤独は辛いとされている。しかし、結婚し夫婦となり子育てをすること…

高校教員が人材不足。そこの君、大手企業や銀行や商社を蹴って、高校教員になってくれないか。

人は常に批判にさらされていなければ、だめになる存在である。権力は必ず腐敗するというが、自分に酔ってやがて腐るのは、何も政治家や独裁者ばかりではない。並の教員も、並以上または以下の教員も、第三者からの厳しいチェックが入らなければ、向上しない…

修学旅行中の子供の死亡。教員の責任はどうなる。入浴溺死と監督体制の問題。

テレビ新聞等のマスコミは、質の悪い商売である。次から次へと話題を探し回り、打ち上げては音の消えない前に、次の花火に点火する。さて、もうお忘れのことと思うが、広島の観光地のホテルで、修学旅行中の小学生が、入浴中に溺死するという事件があった。…

教員採用試験は楽勝でも、教員になるのは難しい。笑いのある授業。

「速度」が良い授業の条件だ、と以前に書いたと思うが、速度とともに必要なものは笑いである。授業には笑いがなければならない。この意味では、女性教員の過半数は問題だ(性差別ととってもらっては困る)。彼女らはまじめだが、それだけに四角四面で、笑い…

学校への匿名の意見は、無視すること。親の不平不満のはけ口に過ぎないことが多い。

教員の指導について、学校に匿名の意見がよせられることがある。貴重な意見として、教育活動の向上のために、直すべきは直していけばいい。しかし、この匿名というのが、曲者である。教育上の意見またはクレームと、学校は重く受け止める傾向がある。しかし…

出張の無駄。大学付属学校の人気と、つまらない研究会。

日本には、大学が必要以上にありすぎる。各大学は、一つ一つ、商店であって、税金から膨大な金を配分されて、楽勝の日々である。こんな商売は、見たことがない。それにしても、商店には人気不人気があるはずなのに、そのオマケである、大学付属の高校、中、…

小中高校教員、大学教員の「実力」。荒れる学級や学校、仕事をしているふり。

学校教育には、無駄が多い。多すぎる。学習の伸びが、児童生徒に実感できていない。学校には、よい教材が少ない。よい教材をどうやって選択するかが、わかっていない。教える内容について、自信を持っていない。だから徹底して教えることがない。言葉遣い一…

教職は魅力的な「お仕事」。世界遺産の前で、子供を叱る。

所用で安芸の宮島に行った時のこと。朱塗りの鳥居が海にぽっかり浮かんだ景色を漫然と眺めていると、後ろのほうが騒がしい。それもそのはずである。一般観光客のみならず、高校生中学生小学生の修学旅行だの遠足だので、子供たちと引率の大人でごった返して…

担任の実力を測る方法はあるのか。授業内容は難しいくらいがいい。算数・数学ノート。

担任の実力を測る簡便な方法はあるのだろうか。それは、子どもの学校で使っている学習ノートである。いろいろ見る必要もない。算数のノートを見れば、たちどころにその教員の実力が分かる。我が子は、学校でしっかりと学力をつけているのかどうかは、算数の…

力のない教員ばかり集まる学校。校長になりたがる連中ばかり。

指導力の不足する教員ばかりが、集まる学校がある。教育事務所の職員の中で、人事担当は、「管理指導主事」とかの大層な職名で呼ばれている。担当は、人事配置で、学校への関心が低かったり、世代交代のために教育に意識が薄れてきている地域の学校に、神経…

多忙な教員が支える教育現場。やっぱり、お気楽な商売ですか。

教員には、能力不足の者はあっても、悪党は少ない。能力に関わらず、「管理職になりたいです」と、すぐに顔に出る。だったら、やらせてみようと、教頭、校長に任命すると、さあ、これがまったくどうにもこうにもならない。しかし、人事発令は教育委員会だか…

お前の仕事をしろ。教員も政府もマスコミも、何者かを配慮し忖度し遠慮する。

新卒ほやほやの新米教員は置くとして、30代40代の、仕事に慣れたはずの教員も、やはり、保護者にびくびくして毎日を過ごすようである。その一例が、学年通信という代物で、よせばいいのに、毎月、きまりきったことを、プリントして配布する。もう、読んでは…

授業を妨害する子供と自信のない教員。楽しい授業、って素敵だよね。

学級内で、授業を妨害する生徒がいる。授業を妨害する生徒は、ほんの一部の生徒である。しかし、その悪質な数パーセントの生徒が、学級の雰囲気を決めてしまうことが多い。どんな学級であろうとも、効率的な教育活動が行われていないとしたら、責任は教員に…

教員は使い捨てでいいのか。医者に似て、教員も円熟する仕事である。

教員は、円熟する仕事なのだろうか。円熟できることもあれば、使い捨てになることもある。 円熟しやすいのは、大学院や大学などの高等教育機関に勤める教員である。円熟しにくいのは、小学校などの初等教育機関に勤める教員である。なぜ円熟しにくいかといえ…

小学校教員が本当の先生。大学教員は穀潰し。東京大学は残念すぎる学校。

わたしは大学教員を毛嫌いしているようだが、大学教員すべてが無能だと言っているわけでは、もちろんない。ごくごくまれにだが、大学にも有能な教員がいるだろうし、大学のすべてが不要だとは思わない。大学は必要な組織では、ある。教員は小学校教員が一番…

教科によって給与に上下あり。高校の国語教員100、音楽美術は50でよいのか。

教員は、小学校はともかく、中学高校大学は教員各々の専門と称して、特定の教科を教えることが通常である。教科担任制という。 「教える仕事内容」は、教科によって、難易度が違う。 大学入試と同じことで、医学部理工学部等は入学難易度が高い。文学部教育…