ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

マスコミ好きの大統領の勝ち。授業中に企業宣伝。私バカよね~。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

昼前より、知人来りて笑って言うには。
ーーーーー

バイデンだかトランプだか、海の向こうの大統領選で、マスコミは大騒ぎしているが、バカバカしい。どうせ日本は、アメリカの子分である。親分がだれになろうと、従うだけのこと。生意気に詮索するんじゃない。

マスコミ嫌いの大統領は潰される。マスコミや北京と、大の仲良しなら、大統領になることができる。
情報操作で、どちらにでも転ぶような有権者なら、「それなり」である。
おお、世界は「それなり」に満ち満ちている。


マスコミは百害あって1利も無い代物で、専従する連中は、国賊どころか、人非人同様であろう。
しかしマスコミは、虚偽を売る商売人だから、買い手がなければ潰れるだけである。
だから、マスコミの一切を唾棄し、無視し、拒否することだ。


NHKと称する独占企業は、古くは日本軍事政権の犬、敗戦後はGHQの、やがてソ連の、そして中華人民共和国の代弁者となった。
今日も、北京共産党の孫であり、日本在住朝鮮人民の有望な就職先でもある。

そのNHKの垂れ流すものをありがたく押し頂いて、一日中テレビに噛り付くどころか、視聴料まで毎月せっせと上納するというのだから、日本国民の程度も相当のものである。

NHKは即刻解体どころか、これまでの虚偽、扇動、謀略のすべてを明らかにして、日本国民全体が、NHK職員の収入、国籍、採用その他の不明瞭不可解な組織の内実を追求しなければならない。

 

テレビ受像機を家庭内に持ち込むなんて、笑止である。

文仁親王妃紀子の父親が、「自宅にテレビはない。テレビを見るくらいなら、良い音楽を聴いたほうがいい」と何十年も前に言ったので、好感を持った。
テレビを持たない、見ないのは、ごく自然なことである。
何様ではあるまいに、部屋の真ん中にどんとおいて、ありがたがるのも、いい加減にしたほうがいい。薄っぺらな動く板絵を見て喜ぶなんて、まるで痴呆だ。
私バカよね、おバカさんよね、と流行歌が聞こえてくるぞ。


昔は、テレビを見ていないと、学校で友達の輪に入れないとか、愚痴る子もいたが、テレビの話題しかできないような輪には、入らないほうがいい。
しかし、NHKは、教育テレビというチャンネルで、教員が手抜きをするための番組を流している。学校の授業中に、ちゃっかりNHKの企業宣伝をするのである。
とんでもない輩である。

ーーーー
とかなんとか。
やがて雪もやんで、青空が見えたので、知人はほろ酔いの千鳥足で、帰っていった。