読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

子供は、教員の奴隷である。入学以来、周りを見て育つ小学生。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供たちは、小学校に入学すると、さっそく担任から、ああしなさいこうしなさいと、命令される。
それは、仕方のないことである。
子供たちは、個性の塊と言うよりは、我がまま勝手な暴君の集まりである。担任は一人で、手強い彼らを相手にしなければならない。
仕事がしやすいように、あの手この手を考える。命令口調になるのも、当然である。

しかし、子供は子供である。学校は一種の監獄で、大人である教員は、強い看守である。
子供たちは、すぐに看守の言うがままになる。びくびくおどどと、教員のご機嫌をうかがうようになる。

しかし、これも言い過ぎだろう。
子供も親も、昔のように教員を支持していない、恐い存在でもない。逆に教員が、児童生徒とその保護者とを恐れるようになった。看守の力は弱まったのである。

弱まったにせよ、学校は、社会から認められた大きな組織である。そこから逃れる術は、子供にはない。不登校か病気か、またはもっと重篤な状態になるしかない。
それが嫌なら、学校に合わせて、なんとか小中学校だけでも乗り切ろうとする。
これがそもそも、不幸の始まりで、世界でも奇怪な「日本人の美徳」を醸成した。

おもてなしである。気配りである。空気を読む力である。合わせる術である。対立を避ける心理である。議論と称する談合である。権威らしきものに弱いのである。流布する意見を無条件で信じる習性である。新聞テレビが大好きで、疑わないのである。出る者を抑え、遅れるものを馬鹿にするのである。みんな一緒が大好きで、同じ鍋に入れるのである。こぼれた者を踏みつけるのである。

その他いくつでも出るのだが、つまりは、相手を疑わない。というより、疑うことを恐れている。意見の相違が怖いのである。だから、あらかじめ信じてしまうのである。

これは小学校に入学以来の教育の成果である。如何思うにや。

小学校に入学して以来、子供たちは、学級の決めごとに合わせるように、突出も停滞もしてはいけないのだと、執拗に訓練される。つまり、集団への同調を強いられる。
これはもう、すさまじいばかりで、子供の性格を無視して、担任教員が仕事を進めやすいように、担任の思うような色に染めようとする。

このことが嫌で、我が子の教育に一家言ある親は、運動会や団体行動をせざるを得ないときは、欠席させたりした。はなはだしきは転校した。

それももう昔の話である。

今でも、周りに合わせることを大切とする「同調圧力」があるにはあるが、子供もわがままができるようになった。

こう言うと、良いことのようだがそうではない。今度は、自由放任が行き過ぎて、教室が無法状態になってきた。
個人の自由を通り越して、出鱈目な放縦と専横とが教室を支配するようになった。

本の学校の「みんな同じ主義」は、行動や考え方を一律に押し付るという短所と、教室内の静謐を保つという長所とがあったのである。

自分の考えで、行動するようになると、あっという間に、無法化し、目的が散逸してしまうのはなぜか。
これは、大人に、特に子供の親に原因がある。

それにつけても、思い出すのが、ある小学校の教員Aの話である。

運動会の練習を、高学年の複数の学級で合同でやった。練習が終わって、Aは、そばにいる子どもXに、道具の片づけを頼んだ(本来は「言いつける」が正しい)。
Xは不満顔ながらも、ボールを数個、だるそうに体育倉庫に持って行き、戻ってきた。そして、Aに向かって、「なんでおれや。自分で片付ければいいだろ」と捨て台詞を吐いたというのだ。

驚くべきことに、子どもXは、本気で言っているらしいのである。
運動会の練習の準備も、ボールや手旗も、教員が準備万端整えて、教員が後片付けまでも、するべきだと考えているらしい。
つまりは、
「自分たち児童生徒は、ご主人様だ」と考える習性がついているのである。

そしてこの学校ではそれを助長するかのような指導の教員が多いらしいのである。Aは、転勤してきて驚いたのである。
もちろん、Xは、Aの学級の児童ではない。

これは躾の問題である。家庭の躾、学級の躾の問題でもある。

学校は、このような無礼な児童に対して、十分な躾ができなくなった。教員が、児童の権利とやらを、もてはやしたからである。子どもを甘やかし、甘言を垂れ流す教員が多くなった。
教員は、ひたすら、王様女王様である子供たちに向かって、額づくようになった。まるで、サドマゾの関係である。
そしてそれを、双方とも楽しんでいるらしいのである。奇怪である。

奴隷が、教員だろうと、子供だろうと、やっぱり哀しいものである。

新校舎建設ラッシュ。NHKと教育ビジネス。子育ては最低の投資である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供の数は減りつつあるのに、あちらでもこちらでも学校をどんどんつくっている。
学校の数が増えているばかりか、今現在の学校規模を拡大している。
競って、校舎の新築増築、新学部学科の増設である。傍から見ていて、気味が悪い。
どうせ、ろくな教育も研究もできないくせに、痛々しい。肝心の教員が力不足であるし、生徒学生も玉不足である。
どうやって経営していくつもりだろう。例によって、国民の税金をふんだくって、填補してもらう気なのだろう。
コンビニエンスストアの如く、即席店舗ができあがり、集客競争の挙句、潰れてしまったり、生き残ったりで、落ち着くところに落ち着くのだろうか。

学校は減った方がいい。大学に至っては、無駄の極致である。
にも関わらず、増えている。野放図に増やしているのは、なんらかの利害があるに違いない。利の源泉は、国民の税金と、国民のなけなしの貯蓄である。利を得るのは、人口の数パーセント以下の何者かである。

教育は「ビッグビジネス」で、商売人からすれば、これほどおいしい標的はない。

家庭からすれば、子供を産み育てることは、投資としては最低である。中でも日本の教育は最悪の投資先である。
しかし、出産育児は人の定めのようなものだから、論じても仕方がない。

問題は教育である。
義務教育期間は、法に従うしかない。
しかし、中学卒業後は、国民一人ひとり、などと大げさに言うまでもないことだが、家庭が、つまりは、子供の保護者が、よーく、熟慮しなければならないだろう。

もはや、一斉に並んで歩いて行くような、同質教育時代は終わったのである。みんないっしょ、みんな同じでは、効率が悪すぎる。何より、人間的ではない。奴隷の集団である。または、痴呆の集団である。あるいは巨大遊園地で、おとなしく定めのごとく乗りものを並んで待つ有象無象の民である。
学校には、価値の残滓すら、ないのかもしれない。

巨大なクレーンが新校舎を積み上げるのを見て、知人が言ったのである。

あれもこれも、教育政策を、空気だけで決める愚かな文科省及び取り巻きの大学教員ならびにマスコミNHKらの有象無象である。
と、こう書くと、何だか、突拍子もないことのようだが、考えても見るがいい。
先の大戦の発端になったのは、結局のところ、新聞の宣伝と、私たち国民の雰囲気、空気である。
日本国民の特徴は、流れに、すぐに迎合する。大局を見ない。のぼせる。そして潰れる。

卑近な例で言えば、オバマが大統領になったとき、関東の某大学を中心に、オバマに夢中になって、新しい時代だとかなんとかで、就任演説を、授業の題目とした。多くの英語教員も同様に熱中し、オバマのテープやテキストが「馬鹿売れ」した。
マイケルサンデルの講義の類も、NHKが大宣伝をして、大当たりした。
一時の流行に、目の色を変えるのは、愚かしさを通り越して、浅ましい。

それほど現在に不安ならば、福澤諭吉を読んだらどうか。近代から現代、そして未来へのいくばくかの展望は、福澤全集にちゃんと書いていある。

教育は不変であるべきで、自国の文化伝統を教えればいいのである。本を読み、冷静な判断力を養えばいいのである。


それはともかく。
自分の頭で問いを発し、答えを予測し、検証することは、日本人の不得意とするところである。ならば、教育の眼目は、そこに置かれるべきで、初等教育から、腹を据えてかからなければならない。
他人の言うことを丸のみにして、深く考えることもせず、わあわあとはやし立てて、マスコミの誘導に簡単にひっかかる。誘導とすら感じていない。NHKの言うことが、自分の頭の中身なのである。それを知ってか、NHKは、反日反皇室反日本のくせに、大きな顔で、いまだに、堂々とのさばっている。NHKの職員の人種構成は、いまだに明らかではない。収入歳出の仔細が不明である。どうせ、どんぶり勘定の独占企業である。内部が腐りきっているのに決まっている。なのに、日本人は、ばかばかしくも、NHKが大好きなのである。
マスコミの考えが、即、日本国民の、つまりあなた自身の考えである。

疑わない。疑わないのである。情報の発信が、同じ日本人同士という安心感があるのだろうが、とんでもことである。
NHKのいったいどこが、日本人だろう。あれは外国の傀儡である。新聞紙のどこが日本国民だろう。あれは利のみを狙う言論商売である。金の匂いの風向き次第で、どこにでも吹き飛ぶ。

教育は、独立自尊を持って芯となす。その気概はどこから来るか。日本の伝統文化の継承以外にはないのではないか。


話は転々とするが、新校舎建設中の大学である。
日本の大学は、すでに終わっている。
大学に行かずに、就職したり、専門系の学校を選ぶ人が増えた。

日本の大学は、世界最低とまでは言わないが、かなりそれに近い。原因は、大学の粗製乱造にある。まともな教員の、人材不足が甚だしい。
優れた教員など、めったにいない。なのに、大学が増えれば、教員もでっち上げなければならない。

現在の大学のほとんどの教員は、でっちあげた教員で、コネで就職し、立場のみで給金を得ている。

いわゆるタレント教員は、ハウツーものの「語りおろし」本を乱発し、アルバイトに余念がない。テレビのクイズ番組もどきに出て、出演料を稼ぐ。勤務先の大学は知ってか知らでか、大学の宣伝になればすべてよし、の構えである。

タレント教員は、大学教授の肩書がある。あれしきの大学でも、一応、大学である。妙な特権意識で恣意的な発言を繰り返す。害悪を撒き散らす。勉強もせず、教員の仕事もろくにしないでも、「馬鹿な大衆相手」であるから、本人はご満悦である。

日本の大学は、終わっている。かといって、我が子を、わざわざ遠い外国の大学まで行かせることができるだろうか。

それが、行かせるのである。子供も行くのである。
親の苦労を思うと、涙を禁じえない。

不幸な教員と子供たち。本物の授業の体験を持ったことがなければ、わからない。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

不思議なことに、熱心に授業をし、児童生徒に学力を本気でつけようとする教員は、一部の保護者や教員から陰に日向に非難される傾向がある。
「遅れがちの子どもに目が向いていない」とか、「学校全体の授業進度を無視する」とか、「学習成績で子どもを見るのか」などである。

卒業式等のために、国歌の練習をさせると、保護者が国旗国歌に反対の立場をとっていた場合、匿名電話等でその教員を中傷非難したりすることがあった。担任教員の些細な言動が、攻撃材料として使われることもあった。

というのも、国旗国歌に関しては、法的に決着済みなので、解釈論では無理と見て、些細なことで攻撃する。結果的に、その教員をつぶすのが狙いであるから、あることないこと、学校や教育委員会に抗議する。

教育委員会は苦い顔をしながら、学校長に連絡する。校長は教員へ怒りをぶつける。こうしてようやく、教員へ圧力をかけることに成功する。奇妙な循環を経て、一部の親による教員への嫌がらせや憎しみは、満足させられる。

これを見ても、諸外国(主に米中ソ連朝鮮)の戦略は、長期にわたって、いかに日本に浸透したかがわかる。政治的発言ととられては、困る。国際関係の常識論である。

教育現場では、利権団体まで関わって、複雑怪奇な様相を呈する。
教員は、自分の指導力不足、学力不足を都合よく隠す。
我が子と他人の子どもとの、能力差を見たくないという親心や、逆に、自分の子どもが他の子よりも優れていると信じる場合など、過度な露出欲が加わる。

公立学校では、一時期、「学力向上に熱心な授業、受験競争、学習塾、学習指導要領」などの言葉が、タブーとされる時期もあった。まだ、残っているかもしれない。


しかし、平成29年の今、学校を取り巻く状況はずいぶん変わった。
少しは安心して良いのだろうが、大きな心配もある。公立学校全体の学力が落ちてきて、いずれ滅茶苦茶なことになりそうなことである。

時間がたっぷりあると、逆に、仕事の速度は、かえって遅くなる。
時間数の確保とかで、授業時間の計算がやかましくなった。国語が1時間足りない、社会が2時間多いだのと、神経質に気にする。集計を月ごとに出す。週末に出す。はなはだしきは、毎日出させる学校まである。
くだらないことである。

プロの教員は時間なんて関係ない。
10の内容を2時間で教えることができる教員もいれば、10時間かけても、たった二つのことすら、教えることができない教員もいる。

時間数合わせに、熱心になってはならない。
適材適所で実力を出すのが教員である(はずだ)。時間にこだわると哀れなことになる。
能力ある教員の足をひっぱり、力不足の教員には、無理をさせることになる。良いことはひとつもない。

隣町で事件があったら、こちらの町の全員が犯人だ、と決め付けるようなものである。


さて、以上は前にも言ったような気がするので、少し補足しようか。

役所仕事は、何事も書類上の数字合わせが大切である。つつかれても、ボロさえ出さなければ、安泰である。

学校も残念ながらそういうところがあって、ほれ、この通り時間数は守ってます、と胸をはる。およそ授業とは言えない代物でも、チャイムから45分または50分間、教科書を机の上に出させて、時間が過ぎればよしとする。

時間ではない、内容なのだ。優れた授業は20分でも十分すぎるくらいで、あとの時間は関連する話題を展開するのがプロのやり方である。

このあたりのことは、簡単には言えないのだが、わかる人にはわかるだろう。

何よりも不幸なことは、わからない人が多すぎることである。大方、そういう授業を受けたことがないのだろう。それも仕方がないことである。

授業のイロハを言うのもなんだが、授業とは、ある目標があって、それに近づけるために、効果的な方法で行うものである。時間の終了とともに、何かが変わる、または何かを得ていなければ、何にもならないのである。
とはいえ、教員と児童生徒との出会いも、運である。双方とも、本物の授業の体験がないのならば、わからないだろう。