ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

英語を国語とする。名文家、土居健郎中井久夫そして一葉。ですます調の怪。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

かつて文章は「である、だ」の、いわゆる常体で書くものだった。

「です、ます」の、いわゆる敬体は、日常の会話で使うもので、または手紙に書くもので、文章らしい文章は、常体で書いたり読んだりするのが、「常態」だった。
それがどうだろう、近頃は、学術論文や一部の小説を例外として、多くの文章が、敬体で書かれている。
うんざりである。野下郎しい。冗長である。弛緩している。リズムがない。

と言いたいところだが、私たち全員が、鴎外や荷風漱石ではない。
テレビ漬けゲーム漬けの「目に文なし」のようなものである

そんな私たちが日本語の文章に似たものを書くには、常体は難し過ぎる。敬体は簡単なのである。
読むには、敬体が理解しやすい。文体が間延びしているから、頭に入るまで時間をかせげる。ゆっくりと浸透するので、なんとなく理解したような気になるし、現に話し言葉なのだから、普段から聞くのに慣れている。話し慣れているから、書くのも楽である。
安楽続きで、いいことだらけである。

常体で他人に読ませる文章を書くのは、実のところ、難しい。
新聞記者上がりの司馬某のねちこい講談調や、翻訳崩れの村上某の澱んだ空気臭とかの、一芸がなければ、なかなか書けるものではない。

すべての翻訳は、ごく一部を例外として、悪文である。その例は、人文社会学系の岩波文庫本や、近年の大学入試現代文を覗きさえすれば、堪能できる。
意味不明の常体文を読むくらいなら、つぶやきごっこ、顔本なんとかの自己アピールごっこの類であっても、ですます調の方がよほどいい。


ところで。
平成生まれの子供は、せこすぎる。けちくさい、みみっちい。
生まれたときから、政策として、貧乏を強いられたから、気の毒ではある。昭和世代のように、どん底の苦労を知らないから、その挙句の過剰な浪費もしらない。強いられた拝金主義者でもある。
youtubeという動画サイトを見ると、どう考えても、くだらない他人のパクリ動画で、やたらとチャンネル登録とかを狙っている輩が多い。どうせ、企業の宣伝に踊らされている些末な小遣い稼ぎであろうが、その根性が哀れにも愚かである。
こうして私はネットで稼ぎました、と、その「方法もどき」を紹介することしか内容がないネット記事も多い。笑止である。本当にそれで儲かっているのなら、同じ方法を他人に教えるわけがない。

どうも困ったものである。まっとうな方法で稼げばいいものを、ブログや動画で稼ごうなんて、卑しい料簡である。さもしい根性である。


話は戻る。
私は、精神科医では、土居健郎中井久夫を愛読するが、なぜかといえば、文章がいい。
およそ学者とは文章のことである。学問は、文章と同義である。
これで理解できない人は、それでいい。わかる人には電光のようにわかるだろう。

今、学校では、英語をこれまで以上に強制しようとしている。未来地図には、日本は米国領になるか中国の省として記されているはずである。現政府は、米国を選んだ。国民の多くはこれを支持するだろう。
しかし、どうなるにせよ、日本人が民族として存続しようとするのなら、国語の伝統は絶やしてはいけないはずで、具体的には、日本語の読み書きしかないのである。
小学校で英語を増やし、国語をますます軽んじることは、民族の同一を捨てようとすることである。それもまた、現政府の狙いかと言えば、おそらくそうだろう。

とはいえ、国語教育の退廃は、すでに半世紀前から始まっていた。
小学校で音読が減り、作文を指導できる教員がいなくなり、読書好きの子供を見かけなくなり、駄本の洪水が始まり、テレビと称する害虫が増え、携帯やネットやスマホごっこが溢れ、とうとう、英語を日本語に変えようとする有様である。

土居中井両氏のような文章を書く人がめっきり減った。しかし、彼らは、外国語の達人である。日本の現代文章は外国語の洗礼を受けなければ、書くことができないのである。恐ろしいことである。

樋口一葉は、外国語を読んだのか、そもそも、学んだことがあるのだろうか。
一葉の文章は、どこから来たのだろう。日本の伝統文学からに違いない。

私は、何が言いたいのか。
すべての外国語を無視したとしても、日本の古文を徹底することによって、達意の現代文としての日本語の発展と継承とが可能ではないか、と言いたいのである。

 

広告を非表示にする

大学の授業参観。すべての授業を、一般公開せよ。無能大学教員の駆逐。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

かつて読んだものの中に、忠臣蔵の刃傷沙汰の若殿を評して、うかうかと齢を経て云々とあった。
年齢は、うかうかと取るものである。それ以外に取りようがない。
また、沖の干潟を見て潮の満を知るのではない、我が足下を見れば、水は、すでにそこに迫っているではないか。年齢は、潮の満ちるがごとし。
まったく「うかうか」と年齢を重ねたものだと思うのである。笑うべく憐れむ可し。

 

さて、熱心に学んで、成績もよく、それなりの学校を出て、人の知る大企業とやらに就職し、そこそこ仕事をし、高給を得て、趣味レジャーともに充実している風の、だれそれの噂を聞く。
いったい、事実なのか、願望なのか、知人より伝え聞いたのである。

 

うかうかと齢をとり、全速力で時間は流れるが、若い頃は、それに気がつかない。未来は永遠だと思い、実際に定年または諦念までは、気の遠くなるような年月である。
しかし、その定刻になってしまうと、時間は速度を増す。
俗に、一日を5歳は時速5キロで歩む、20歳は20キロ、50歳は50キロで走る。速度が年齢に比例するという。やがて、一年の四季が、まるごと一日のうちに、終わるようになる。
人によるので、あろうけれども。

 

人によるといえば、子供のノートである。
ノート指導は徹底しなければならない。だからといって、小中学生の全員が同じようなノートを作れるかと言えば、そんなことはない。
むしろ、高校や大学の方が、似たり寄ったりのノートになる。
かつて某大学には、ノートをとらせることが何より楽しみな教員が多かった。教室の全員が同じ内容になるように仕向ける。小学1年生の入学当初は、そんな訓練も必要だが、二十歳の連中がこれでは困るのである。
板書をそのままノートに筆記させる。それ以外は許さない。コピーなり本の紹介で済ませればいいものを、ただただ筆記させるのである。大学教員の本領発揮、つまり手抜きである。
しかし、板書という行為すら、今の大学では稀になった。ひたすら、おしゃべりの時間つぶしに明け暮れる。恐るべきことである。

大学の授業は、外部の批判にさらされない。とってつけたようなファカルティディベロップメントとやらも、ブームが去った今、単語すら聞くこともない。例によって、あれも、超短期の流行語だった。大学教員が、自らの授業を、批判され検討し改善し反省する、なんてことはあり得ないのである。

学生に、授業評価をさせたところで、そもそも、批判する基準すらないのである。項目チェックも都合よくできている。子供にも、授業批評の目が育っていない。そもそも、最初から、ない。


ところで、大学図書館は、近年、落ち着いて学習する子供が増えてきた。
理由は簡単で、地域に開放したからである。登録すれば、誰でもが利用できるような大学図書館が増えた。
するとどうなるか、地域の目が図書館内部に届く。それどころか、キャンパスを常時、地域住民に監視されているようなものだから、大学運営が緊張する。


構内の食堂売店等を、地域に開放している大学は多い。登録制であっても、図書館利用可能な大学はまだ少ない。都内では数えるほどである。

普段の授業が、参観可能な大学は皆無である。申し訳程度に、年に数回の公開講座を開くこともあるが、事前申込制で、しかも、抽選では、利用者が限られる。数百の科目の中で、二つか三つ、それも年に数回で、大学教員の授業が向上するわけがない。
生涯、自分の授業を、学生以外の他人に見せることもなく、したがって、注意を受けることもなく、だらだらと自分流に我儘勝手な、無駄口を叩いて、口に糊するのが、大学教員である。

公開授業参観がなければ、教員の技量は決して上がりはしない。
大学こそが、公開授業参観を定期的に開くべきである。

というより、大学の授業は、全科目の全時間を、無料で公開することが望ましい。
それしか、大部分の無能大学教員を淘汰する方法が、ないのではないか。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

長すぎる学校生活。授業の押し売りは、のっぺりと従順な国民の量産に最適だろうか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

体育や美術などの実技系の授業によくみられることだが、実際に子供が活動することが授業の眼目であるはずなのに、なかなか子供の動きがみられない。子供を動かさない、子供の動きを封じてしまっている授業がよくある。
指導者が、授業の体裁を取り繕うために、だらだらと説明過剰になるからである。

研究授業で、体育館に子供を集めて、開始早々、延々と話をする。何を言うかと思えば、心構えだの集まり方が悪いだの、こちらの方を向いて話を聞けだの、小言のオンパレードである。
横に、跳び箱を用意をしているのに、「さあ、今日は何の勉強かな、そうです、跳び箱です」なんて、やっている。子供はうんざりして下を向いている。
開始のベルから、15分後、今度は準備体操ときた。あんなものは、授業開始前に、係の子供にやらせておけ。特に必要なら、部位を指定して筋肉をほぐし、体幹を整えてやればいい。
さて、次には、模範演技、実技を入るといった例の流れになる。
いったいこれのどこが研究に値するものだか、さっぱりわからない。

小中学校の体育科研究授業と称するものは、ほとんど時間の無駄である。研究授業は、練習方法や心構えの披露の場ではない。
体育の授業として、どんな指導が子供の実態の改善及び向上に役立つかの、実験的な試みの発表の場でなければならない。
とおりっぺんどころか、無駄な説教と時間潰しとで、子供の体育嫌いを増やすものになっているのは、教員らが、「教科体育」の把握ができていないからである。
それならそれでもよい。
せめて時間いっぱい燃焼させるような工夫が必要で、子供が楽しく活動し、気持ちも身体も満足感を持って、その時間を過ごすことができたなら、まあ成功した授業であると言える。
どうも、そのあたりが見えていない。
指導者にも、そのまた先輩教員、指導主事、大学学部教員らにも、見えていないのである。子供の満足よりも、自分の見栄と思い込みとで、「なにものか」であるかのように見せたい。「えにすいんぐ」ではなく「さむすいんぐ」だと言いたいのだろう。
小賢しい心配は無用だ。体育は体育である。以上でも以下でもない。
素直に「体育の授業」をすればいいことである。

以前、某有名私立高校の美術の授業で、指導教員は、研究室で自分の絵を描き、生徒らは隣の実習室で課題の絵を描いていたことを、話した。あれは最悪の「授業」であるが、しかし、無理に方向付けをして、子供の活動を縛らなかっただけ、まだましかもしれない。

子供の活動を、どの程度、方向付けをするかは、教科によって、扱う学習内容によって、変わる。
いい歳をした大学院生でも、これをやれ、と頭ごなしに指導者から言われることもある。
結局は、指導者の当該教科の構造把握に尽きる。

要は、ちゃんと時間と金を費やしただけの授業をやれということで、学校に通ってくる子供の人生を無駄にしてはならない。
幼稚園から大学院等までの学校教育は、所与のように思う人もあるが、そもそも当然ではない。かなり歪なことである。
義務教育として国家が定めた学習期間を過ぎたら、さっさと個人の判断にゆだねるべきである。
国家は自己保存を求めるから、それに適した社会構造があり、その方向に沿って、国民を誘導する。
不自然に長い教育期間があるのは、労働人口の制限や学校施設に働く人の既得権を守るためでもある。
しかし、人口統計を見れば、将来が推測できる。最悪の事態を避けるための方策が明らかであるのに、それをしないのは、やはり今のわが身が、我が身だけが、可愛いからである。
「おもてなし」などと騒いで、今を楽しむことができさえすればいいのだろう。

いつまで純情かつ従順な国民を、操作し続けることができるだろうか。
意味不明の授業と長期間の学校教育とが、それを後押ししていることは間違いないと思われる。

 

 

広告を非表示にする