ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

勉強ができると不安になる親。勉強しない子は、覚悟しておけ。能力・努力の差が、貧富を決める格差社会になる。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

学級の学習の到達度を上げてしまうと、不快に思う親がいる。分かりやすく言えば、子供の学力を伸ばすと不安に思う親がいる。

学級全体の子供の学力が上がって、良いことづくめのようだが、そうではないのである。他人の子供と同様に、我が子が伸びるかどうか心配なのである。

我が子は、確かに勉強ができない(というよりも、怠けて勉強しない)。だが、そのことが、はっきりと表に現れるのは嫌なのである。
この感情は、理解できなくもない。


以前は、子どもは平気で、親が平気でなかった。やがて、子どもの学力が伸びるにつれて、親もすぐ平気になった。他の子どもが我が子以上に急激に伸びたとしても、我が子も以前よりは伸びているのだから、親は満足した。
ところが、近頃はそうでない。
ぐちぐちといつまでも気にする子どもがいる。自分の不勉強は棚に上げて、成績をごまかしておきたいのである。当然、親もなかなか平気になれない。

そんな親に限って、授業は、最低レベルの「指導要領」通りでよいし、それ以下でもかまわない考える(低レベルの授業の別名を「基礎基本を大切にする授業」と称する)。
子どもの能力の違いを認めたくない、自己満足の中で泳いでいたい。出来不出来が目立つよりは、みんなができない方がいい。能力の差をはっきりさせずに、曖昧なままにしておきたい。
それもわからぬではない。親心であろう。

しかし、時間は遠慮なく流れる。子供同士の差は、大きくなっても、小さくなることはまれである。
しかも、日に日に、教育現場の環境は変わる。良い方にならいいのだが、多くは、悪い方に変化する。
子供や親の傍若無人、児童生徒の低学力の放置、お粗末至極な教科書、教育事務所職員の若年採用から来る頼りなさ、低予算の学校施設の貧弱さ、教員の日々の長時間勤務とそれに比例する効率の悪さ、一部マスコミ受けする広告塔教員のお調子ぶり、不景気で荒(すさ)む親の精神、その影響を受けた子どもの気持ちの荒み、結果として、教員のますますの余裕のなさ、定見もなく、その場しのぎが目立つ文科省の腰抜け連中の増大等々。
良いことは、なかなか見つからない。

学校現場では、今でも、近隣諸国への迷惑だの、子どもの人権宣言だの、同和の精神はどうしただの、チマチョゴリ万歳だの、各種各様の運動にご熱心な教員が多くいるのだろうか。多分、地下に潜んでいるのだろう。時勢が合わなくて表に出さないだけで、風向きが変われば、いつなんどき噴出するかわからない。

子供の学力の現状も油断できない。個々の能力の差違は、遠からず階層の差違となる。
公立中学を手始めに学校はすべて自由選択性になる。どれを選んでも、どうせ公立校だ、大した違いはないだろうが、小さな一歩はそのうちに大きな亀裂となる。
遠慮会釈のない大競争がやってくる(ついでに言えば、東京大学の解体が必要だ。理由は、ご存知のとおりである)。

いつまでも、「思いやりを第一に教えています」では、だめである。きれい事を全面に出していさえすれば免罪符の、そんな呑気な時代はとっくに終わっている。

親に言っておく、ついでに子供にも、よく言っておけ。

能力優先の時代である。
建前ではなく、本音の時代は、もうそこに来ている。
勉強のできる子供(勉強をする子ども)と、できない(しない)子供とは、もうそれだけで、前にある世界が変わってくるのである。

以上は当然のことであるが、今までは、そして今でも、これは面と向かって言えなかった。嘘つきになるしかなかった。
しかし、明日からは当たり前になる時代が来るかもしれない。教育の多くの場面で、公然と、能力で振り分ける時代がくるかもしれない。

その是非を言うのではない。遠からずそうなる、と警告しているのだ。

 

 

広告を非表示にする

学校は子豚の託児所なのか。学校給食が、子供の味覚を破壊した。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

戦後、学校給食が始まって、学校は託児所と化した。

食べることは、人間の基本である。その基本を学校が丸ごと面倒を見たものだから、各家庭は、学校に、我が子を丸投げしてかまわないと勘違いをした。
食べることぐらい、家庭で面倒を見るべきである。それが親の最低限の務めだろう。
どの親に尋ねても、学校給食廃止に賛成する人は、めったにいない。
逆に、行政関係、特に財務関係者は、口をそろえて学校給食はすぐに止めたいと考えている、という。
だが、母親には選挙権がある。彼女らが、学校給食で楽をして、にんまりだから、議員も、おいそれとは動けない。


学校での子供の昼食を、すべて母親に作れとは言ってない。どうせ無理なんだろう。

家庭の責任で、子供に自由にものを食べさせてやれ、味のあるものをたべさせてやれ、と言っているのだ。
弁当でもいい。地域の料理屋からの出前でもいい。あるいは、私立学校が得意とする校内食堂を作ってもいい、ともかく、食に関して、学校が強制的に子供に一律に押し付けるな、と言いたいのだ。

学校給食は、家庭から、教育の重要な子育ての第一歩を奪うことになる。それのみならず、日本国民の大切な味覚を破壊して、コンビニ弁当並みの味しか、わからない人間を、量産してしまう。


学校給食は、味付けに問題があるが、無理強いして、食べさせることが、もっと悪質である。

食中毒はタブーだから、献立は限られる。油料理、揚げ物が定番である。調理施設、費用の点からも、偏った内容にならざるを得ない。

それを無理に食べさせるのである。

子供の味覚は駄目になる。もっとも、コンビニにとっては、うれしいばかりである。パック詰めの即席弁当の類を、違和感なく食べることのできる人間が、おかげで増えた。

食べる環境も絶悪である。チョークだらけで、天井から埃が落ちてくるような教室で、わいわいざわざわ、食べさせるなんて、およそ非人間的である。

腰抜け政府は、何かと言えば、外国へは大金をくれてやってるが、国内の学校を建て直すことは、意地でもしない。
政府関係者は一応のエリートである。塾やらコネやらなんやらで、名のある中高校大学を経て、同じくコネ(例外あり)で就職した連中である。一般公立学校を蔑視している節がある。
どうせ、優秀なやつ(いればの話だが)なら、どちらにしても這い上がってくる。
その連中は、中学あるいは高校、遅くとも大学からは、エリート集団に入ってくるだろう。それからでも、うまみを味わえばいいと考える。つまり、おいしいところは、お仲間になってから味わいましょう、ということだ。

だから、一般の公立小中学校はどうでもいのである。汚れた教室で配合飼料のような「学校給食」をあてがってやればいい、と考えたのだろう。
これでは、子供は豚舎の子豚なみである。

 

 

 

広告を非表示にする

学校は躾の道場にあらず。子供の品位は、親の躾、遺伝、環境で決まる。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

学校は、学業を教えるところであって、躾をする場所ではない。

「勉強は塾で、躾は学校で」と本気で信じている親がいる。性質(たち)の悪い冗談だろうと思っていたが、実際にたくさんいるのである。学校も学校で、「生活指導」という、わけのわからない名目で、喜んで首を突っ込む。

子供の人品は、育ちで決まる。または遺伝で決まる。
道徳教育を、学校ごときに押し付けようなんて、どうかしている。砂漠の真ん中で、雪合戦を試みるようなものである。


道徳は、宗教なしでは不可能である。道徳は宗教そのものであり、宗教の本体は、道徳である。
宗教を否定すると、共産主義指導者や将軍様が、まるごと宗教になってしまう。すなわち生き神様であり、偉大なる首領様となって、特定の人間の気まぐれや残虐行為が、すべて道徳となってしまう。

学校は、まず学問を教えるところである。
道徳は、親が、家庭が、社会が教えるのである。それが困難であることと、安易に学校に任せようとすることとは、別問題である。

もう少し言おうか。
親の意識が変わった、だから学校も変われ、などとまことしやかに喧伝されるが、いかがなものか。
親の意識が変わったのではない。親の持つ不平不満を、学校に投影しているだけである。

小学校では、5年生になると、野外活動と称して、キャンプの真似事する。二泊三日で、公共施設に泊り込む。野外活動の引率が嫌で、5年生の担任希望者がいない。団長は校長が建前だが、本人も行きたくない。会議だとか何とかで、用事をでっち上げて、教頭に行かせる。

野外活動で、子供が、自分の不注意で、怪我をしたとする。以前なら、ご迷惑をおかけしました、落ち着きのない子供でして、と親が謝る。
今は、まったく逆で、学校の安全教育はどうなっている、怪我防止の事前指導は十分だったのか、活動の安全妥当性を確認したのか、等々、親が居丈高に噛みついてくる。

お笑いである。
何がお笑いかと言えば、噛みついてきたら、振り払えばいいものを、平身低頭、お涙ちょうだいで、教員は平謝りする。
腰抜けもここまで来ると保身の鏡である。

学校だからといって、すべて安全とは限らない。お宅の家を一歩出たら、何が起こるかわからない。そんなに心配なら、首に縄付けて押入に押し込めておけ、と怒鳴りつけたいところである。

四六時中、安全な場所なんてない。子供にとっても、毎日の行動が、事故になるのかならないのかは、一種の賭みたいなものである。
不幸な結果になったとしたら、それも運命である。先のことは誰にもわからないからだ。
学校は危険がいっぱいである。そのくらいの覚悟はしておくがいい。

しかしながら、明らかに学校関係者のミス、教員、管理者、委員会等の人的ミスで、児童生徒学生の不幸な事件事故が起こっているのも事実である。この場合は、表に出るかどうかは、政治とマスコミの利害得失、関係者の人間関係によって決まる。


話が変わる。

学級によって、子供の雰囲気や学力が違う。学校全体で見るとき、地域で大きな傾向がある。

良い学校は良い地域にある。
それなりの学校は、それなりの場所にある。

近頃、とある調査を見て、思うところがあった。
地域の条件は複雑だから、単純な比較はできないし、普遍の結論は出ない。
それを承知で、「よいわるい」風に大雑把に言えば、

街中で、アパートが多く、一軒家の点在する地域の学校はよくない。
一軒家の立ち並ぶ団地で、一戸あたりの土地面積が比較的広く、都市中心部へ近い学校はよい。
校外の農村部で、一戸あたりの面積が広い、いわゆる豪農が点在する地域の学校はよい。
街中であっても、銀行や警察官自衛官等の各種官舎等のある地域の学校は極めてよい。
高層住宅の立ち並ぶ地域の学校はよくない。
子供部屋があって、家庭が金銭的にも情緒的にも、安定していれば、子供は落ち着く傾向にある。道路が整然として、一定以上の空間が残っている地域の学校はよい。
学校は校舎や設備が新しく、広々としていて、静かな場所がいい。

以上は、当然のようだが、不快でもある。しかし事実である。

遺伝と躾と環境とが、子供の本性であり、私たち大人の現実である。

 

広告を非表示にする