ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

女子学生の化粧と整形顔。東大生の肩書。性と生の商売。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain



十代の女子の過剰な化粧を苦々しく感じている。
一体全体、何様になりたいのだろう。顔中塗りたくり、描き加え、作り笑いを浮かべても、元が元である。無理が出すぎで、痛々しい。

隣国では、美容整形という名目で、顔を作り替えるのが流行って、流行りすぎて、今では「挨拶の範囲」だそうである。日本でも、外見が売り物の芸人は、以前から、顔面整形に熱心であったが、ついには、普通に生活する人々にも、整形顔が多く混入してきた。

過日、山の手線の電車の中で、妙な美人を見たのである。それは不思議な光景で、整理されているが、不自然である。顔面の部品が、ことごとくバランスを失している。化粧の下から、切り刻んだり、各種溶液注入の跡が、透けて見えるのである。哀れというも愚かなるべし。

しかし、少しでも綺麗に見せたい、現実よりも、「増し」に見せたいというのは、人間の本能で、何故なら、これは性に通じるからである。性は生の源で、自然は生物の本能に、性の快感を植え付けた。
だからこそ、化粧品屋と薬屋は廃れない。化粧品と医薬品は、人の永遠の欲望の友である。資生堂コーセー武田大塚大正等々「性と生」の商売人は、今までも今もこれからも、濡れ手に粟が続くだろう。

十代から、女子が、化粧をする習慣を大人は非難しない。推奨する。金になるからである。
外見を飾れば、内面もそれなりだと想像したいのが、人間で、その理由はすでに述べた。
しかしながら、学生生徒の化粧は、行き過ぎ、やり過ぎである。時間と金との無駄で、朝塗って夜剥がしての毎日では、元が綺麗でもない肌の質がますます劣化する。美肌ならば破壊される。
劣化するから、ますますのめり込む。あらぬ望みをもって、整形に手を出す。これまた、外壁が膨れたりへこんだり、内部の肉や腺が痛むので、工事のやり直し、繰り返しである。化け物への近道である。
ゾンビの集団の実例を、芸人に見ることができる。テレビタレントに、マスコミの口パク人たちに見ることができる。
それは今や、学生や主婦に浸食した。恐るべし。

無駄に外見を飾る習癖は、化粧や整形だけではない、学歴である。
低俗クイズ番組で素人学生を出すとき、東大生を出す。芸人並みの扱いである。
どんな芸があるのだろうと思えば、何もない。東大という肩書だけが、売り物で、そんなモノでも、通用するだろうという、卑しい了見である。
宿題をして暗記をする癖をつければ、大概の入試は受かる。成績が学級の上位であれば、東大に受かりやすい。
教員から見れば、東大合格は、受験勉強を過剰または効率よくやった子供の結果に過ぎない。そう思いたくないのは、本人とその親だけである。

あれもこれも、欲である。
荷風は、現代人は、だれもかれもが、自分は他人よりも優れている、そう他人に思わせ、自分でもそう信じたい、それが彼らの一生である、それ以外には何もない、というほどのことを書いたが、まさに至言である。

それでも、化粧はぱっと見、綺麗な印象を周囲に与えるなら、良としよう。しかし、中身のない学歴という化粧は、一体何の役に立つのだろうか。あれは立たないからこそ、無理に持て囃すしかないのだろう。

 

広告を非表示にする

大学は出たものの。給金が低すぎる。教育費を返せ。明日の薄ぼんやりとした暗さ。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

桜咲く頃。大学に入っては見たものの。

人は、生まれたときから、何かを見たり、知ったりすることに、喜びを感じる傾向がある(ようだ)。
赤子は、周りのすべてを吸収しようとキョトキョトしている。
知識の獲得が、本性としたら、学習は快楽と同義である。

毎日の勉強が、楽しみとなり、快楽を日々味わっていることになる。
たいへん都合がよろしい。

知識を得る、何かを知る、発見する。日々新た、という。勉強を続けるならば、そうなる(はずだ)。

受験勉強とは、競争に勝つために、ある一定期間、ある範囲を学習して、当該科目の問題解決力を得ることをいう。
競争試験は悪い風習ではない。短期に集中して勉強する経験は、なかなかに善い面もある。

なぜ、試験に受かりたいかといえば、その学校に入りたいからである。
なぜ、入りたいかといえば、校風が好きだとか、尊敬する先生がいるとか、就職に有利だとか、卒業生に政済界の実力者がいるから、とか様々であろう。司法試験や、外交官試験の合格者が多いから、医者その他になるため云々。裕福のイメージも加わる。収益と社会認知の高さとに直結する学部や大学は、幸福への近道のような気がしてくる。
これは、常識人の考え方である。否定はできない。
しかし、学ぶことの楽しみを味わえるのかどうか。

猛烈な受験勉強の結果、首尾よく目的の学校に入ったはいいが、勉強しなくなったり、ノイローゼになったり、学業不振になったりで、転落する例が多くあるからである。

しかしながら、極端な例を出して、それがほとんどであるかのような言い方は公平とはいえないだろう。多くの場合は、順調に進級する。でなければ、あれほどに、みながみな、受験勉強に熱心になるわけがない。ちゃんと、メリットがあるからである。

受験勉強は、まんざら悪くないどころか、むしろ奨励すべきもののようである。
すればするほど、それなりのご褒美を受け取ることが多い。単純だが実例の多い結論である。


と、ここまではこれまで通用した例だが、どうやら、だんだん雲行きが怪しくなってきた。
就職は、ここ数年上向きである。しかし、給金がいかにも少ない。少なすぎる。
先日、教え子の初任給を聞いて、愕然としたのである。よくもまあ、莫大な教育費を費やし、努力をして、人も知る某大学を出て、しかも、某大企業に勤めて、それで月給がたったのこれだけなのか。

あまりにバランスを欠いているのではないか。しかも、仕事内容は○○〇である、以下略したい。

これでは大学に行く意味がない。
学問のためだけなら、自学自習に極まる。しかも、大学は、無能無益無駄無用無視すべき低能教員だらけである。あんな教員を食わすために、どうして学費と称する「上納金」を出さなければならないのか。そして実際に出してやり、その挙句が、低給金の卒業生だらけなのか。
いやはや、大学の意味はない。これは集団詐欺制度である。

とまでは言わないが、それにしても、新社会人の諸君の給料があまりにも低いのである。半面、税金は高く、物価も高い。
それでも、おとなしく、真面目に、誠実に、真剣に、細やかに、おもてなし精神で、懸命に、健気に、素直に、働く若者たちの明日は、はたして、明るいのか、暗いのか。
大学は出たものの、やっぱり、薄ぼんやりと暗いのではあるまいか。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

教員は、空き家で何をする気だろう。長期休業は、研修と草むしりとペンキ塗り。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


身銭を切って、何かを学ぶのは、とてもいいことだ。
頼まれもしないのに、自分の意思で学ぼうとするのは、何ものかを得るための最良の方法である。
他人にものを教えることが職業のはずの教員が、自分でも学ぼうと努力するのは、当然のようだが、そうでもない。


教員は、実際のところ、教えることが、それほど上手ではない。
教える時間数が多すぎるので雑になる。または神経質すぎて肩が凝る。堂々巡りで何が何だかわからないこともある。

授業は一日4時間もすれば十分である。
それくらいが集中できる時間である。あるいは、教員の能力の限界である。
4時間限度説は、児童生徒学生諸君に向かって、言っているのではない。教員に向かって、言っている。学ぶ方は一日10時間でも耐えることができるだろう。

さて、金を出して学ぶ場所は、各種の講習、免許取得、キャリアアップ商売云々、多々あるが、講師の受け持ち時間を見てみると、案外に少ない。せいぜい一日2から4時間である。
大学受験の予備校講師は、どうだろう。多くても、3時間くらいではないか。
毎日、一人の講師が、8時間近くの授業を持つところなどないだろう。

しかし、例えば、公立小学校教員は、毎日、8時間授業が続く。
授業が6時間なら、8時間は変だと問うのは、現場を知らない素人である。休憩時間、給食時間、掃除時間、すべて真剣に気を使わなくてはならない「授業」である。

高校中学小学校と、対象の子供の年齢が下がっていくにつれて、忙しくなる。余裕がない。
普段ばたばたしている教員が、常にはできない研修や研究の時間が、児童生徒の登校しない「長期休業中」であるはずなのだが、そうはいかない。


多くの小中高は7月下旬から夏休みになる。学校は夏季休業である。
子供が来ないから、教員も休ませればいいものを、待ってましたとばかりに○○会議と称する時間つぶしをする。または研修と称して、舌足らずな講義を受けさせる。無駄の骨頂である。

そんなことをしなくても、教員の悲しいサガである。自分から、しなくてもいい仕事を探し出して、次のプリントを作っておこう。生徒の提出物を再度チェックしよう、図書の点検、倉庫の掃除、果ては、渡り廊下のペンキ塗までする教員がいる。

夏季休業中に、不要な会議や校内の研修その他を増やして、ともかく学校に来させて一日中、ばたばたさせようとする。

なーに世間の目が怖いからである。
教育事務所の職員も、適当な時期に校長職で役所を出たい。または、役所の中で、ちょびっと「出世」したい。
だから、親や議員から、ごたごた言われたくない。
校長は校長で、「うちの教員は夏休みにも、ほれこのとおり、登校して勤務してますよ」、と自慢げに言いたい。

彼らを非難しているのではない。誰でも自分が可愛い。それは仕方がないことである。

しかしである。子供がいてこその学校で、いなければただの空き家である。またはクラブが利用する運動施設である。
空き家の時ぐらい、教員を休ませてやれ。相手は一流の教員である(例外はもちろんある)。
その一流の教員に向かって、子供のいない夏に学校へ来させて、校庭の草むしりをさせて、どうする気だろう。
あるいは愚にもつかない会議と称する時間つぶしをさせて、満足なのか。

夏休みは、教員を学校に来させなくていい。
心ある教員は、家で寝っ転がっていればいい、と言うのではない。

そうはしておれない、と自ら焦るのが教員である。休ませようとしても、授業や子供の指導のために、草の根分けて探して、何かをするだろう。昔から、今日の今日まで、それが教師の根性である。
少しばかり景気が悪くなったからと言って、行政ごときが、手のひら返したようなことをするな。

世間が怖い。マスコミが怖い。
笑止である。
日本の教員とその制度は、所詮その程度と、世界中から馬鹿にされるぞ。

教員たるもの、30日くらいは海外の大学にでも通って、鋭気と知性のごときものを、養ってこい。そして9月から、迫力のある授業で児童生徒を圧倒してみろ。
それこそが教員の「夏休み」ではないのか。

 

 

広告を非表示にする