ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

日本の小中学校の教員は世界一、なはずなのに。文科省の失態と無理をする先生たち。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教員は、端から見るほど楽な仕事ではない。
今どき、教職が楽だろうなんて誰も考えないだろうが、場合による。ある人にとっては苦しいだろうが、一部の人にとっては楽園でもある。

教員は、お人好しで、世界が狭く、単純で、のぼせやすく、熱心で、かつナイーブな人である。
万人いれば、特質も万別なので、単純には割り切れないが、傾向として。

さて、仕事への全体像が把握できずに、ごたごたと苦しんでいる教員が多い。
勤務時間を長引かせると、昼間のストレスが解消できずに、ダウンすることが予想できるのに、かまわずに突っ走ってしまう。
その挙げ句、病休、退職、悪くすると病死、自殺等もある。
それもこれも、イマイチ、大人になりきれない場合(子供相手の仕事だから当然ではある)、他人から言いつけられたことをきちんと守る真面目人間の場合、教職にロマンチックになりすぎて、自己愛の域まで達している場合、等々あるが、いずれも、学校の仕事だけで、自分の時間をすべて使い切ってしまう人である。
目前の仕事にめいっぱいで対応することが、仕事熱心、教育熱心であるかのように、錯覚してしまう。

困ったことであるが、これを許すどころか、歓迎する世間も世間である。
ばたばたとあわただしい教員を、熱心な「よい先生」だと、勘違いしてしまうので、本人もますます泥沼に入り込む。

肝心の子供からすると、こんな教員が一番迷惑である。
教員の仕事は、子供に学問の基礎を叩き込み、方法論を手ほどきすることである。教員自身が舞台で下手な踊りを踊ることではない。
教員の善意あるドタバタ悲劇を、目を背けることもできずに、無理矢理見せられる児童生徒学生こそ、うんざりであろう。

事情は、外科医の手術と比べると、わかりやすい。
熱心な藪医者よりは、卓越した技術経験を持つ執刀医のほうが、患者は安心である。鼻歌交じりで執刀したかどうかは、あまり関係がない。
顔面蒼白で、メスを持つ手が震える「人格者」の医者よりは、技術の余裕のある「名医」に任せた方が、手術成功の確立は、よほど高いのである。


教員には、ずいぶん無理をしている人がいる。
無理の度合いは、中学教員が大きい。無理とは、自分を実力以上に他人に見せよう、自分でも実力があると信じたい、という意識のことである。

小学校教員は、無理をするも何も、仕事そのものが飾ることができない。汗だくの泥仕事である。無理をしなくても無理はすでに目に見えている。人前で飾って無理をする必要なんてない。つまりは、実力相応だから、無理がない。

高校は、高校教員であるという変な「プライド」を、「幸福」にも、たっぷり持っているから、これまた無理をしない。無理をするほど仕事に危機感を感じていない。大学教員の次にお気楽な商売である。

大学教員には、そもそも、無理をするという感覚がない。
「好き勝手に、のんびりと、ほどほどに」が、日本の大学教育である。楽にテキトーに時間つぶしができない大学教員は、そもそも大学教員としての処世術を持たない教員である、これは論外とする。

中学教員が一番無理をしているわけだが、仕事でなら、まだ救いもあるが、そうではない。気持ちの上で、無理をする。無理に自分を飾ろうとする。
女性教員に多い。
公立中学校の場合、女先生は男先生よりも、圧倒的に不利である。生徒がなめきってしまう。それを跳ね除けようと、男勝りというより、変な男言葉と態度とが身につく。強いおばさんを演技できない場合は、卑屈になるか、卑怯になる。

女教員が、男教員よりも、有利になる場合もある。女先生の容姿容貌が、中学生を美的に威圧する場合である。滅多にないことだろうから、ここでは論じない。

さて、ごく一般的な女先生は、生徒になめられると、授業が成立しない。それは困る。
同僚に対しても、無理をする。仕事ができない女と嘲られたくない。
だが、現実に授業は成立しにくいし、生徒の学力向上が、なかなか見えてこない。
無理が進んで、保護者に対してまで、敵対する。口の利き方を知らない。こっけいなほど居丈高になる。
校内での指導の言動が、自分の背丈にあってないのに、それを自分で見ようとしない。
とはいえ、辞めるわけにもいかないこと、すべての勤め人と同じことである。

教員だけではない。仕事で求められる力と、本人の実力との齟齬がない人間なんて、皆無であろうことは、先刻ご承知である。あなたの会社でもそうだろう。
しかし、日本の小中学校の教員が、実力がないとしたら、世界中、何処に行っても、これ以上実力ある教員なんて、いやしない。どちらにしても、日本の義務教育期の先生は世界一なのである。であるのに、人材育成にこれほど躓いているのは、文科省の責任である。

以上は、教員を批判するために言うのではない。
授業よりも、騒ぐために学校にやってくる「ろくでなし中学生」ばかりが増えた。その原因である家庭と、そして、教育行政の失策とを、言っているのである。

 

 

広告を非表示にする

出張の無駄。大学付属学校の人気と、つまらない研究会。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本には、大学が必要以上にありすぎる。各大学は、一つ一つ、商店であって、税金から膨大な金を配分されて、楽勝の日々である。こんな商売は、見たことがない。
それにしても、商店には人気不人気があるはずなのに、そのオマケである、大学付属の高校、中、小学校は、どこの商店でも、人気がある。
それというのも、私立大学の付属校は、A大学の付属ならば、原則として、A大学に入ることができる。早めの入学保証である。
国立大の付属校は、露骨に大学入学保証ができない代わりに、知名度がある。学費が安い。教員の実力が怪しくても、学級は勉強熱心な子供がほとんどだから、親は安心して、我が子を通学させた。

さて、国立大学付属校では、年に数回、研究会と称する「集い」を行う。小学部は、よくする。
都道府県には、それなりの予算があるから、研修出張という名目で、せっせと、教員が出かけていくが、あれは、いかがなものであろうか。

止めろとは、言わない。業種は違っても、研修出張は、企業・官公庁のほとんどでやっている。予算の消化、気分転換、裏の目的も大きいから、出張をなくすと、各方面に影響が出てしまう。

府議員等が、外交や視察という名目で、外国へ物見遊山に行くのも、一種の出張であるし、実務者レベルの交渉と称して、中堅職員があらかじめ遊びに行くのも、同じことである。蠅のようにくっついていく、マスコミの記者連中も仕事名目だが、遊びである。
とにかく、通常の仕事現場を離れて、どこかに出かけていけば、それは出張である。
何事も、無駄が必要ということだろう。

出張するのと、出張せずに現場にいたときと、どちらが快適かといえば、よほどのことでない限り、出張の方が楽である。出張が辛いというのは、よほど、普段の職場が楽すぎるのではないか。

付属校の研究会は、付属学校が存在することの世間へのアピールであるから、やりたがるのは、わからないでもない。
しかし、効果のほどは、はなはだ怪しい。あれは、付属校と都道府県教委との、互いの了解のもとの談合のようなものではないか。
公開授業に慣れている役者みたいな子供を使って、授業らしきものをして、あとで和気藹々おしゃべりし合う。これを「協議会」と称する。

これは、もうそろそろ止めないか。時間と金の無駄である。
うっちゃっておいて、付属学校そのものを、滅びるにまかせたほうがよくないか。


さて、ある教員が言うことには。

某研究会に出た。
研究発表とは、なんとつまらないものであろうか。
何のために、何を、どのようにしたら、どうなった、これだけのことを、かいつまんで言えばよいものを、言わない。研究というほどの研究でないからだろう、発表者も聴衆もそれを承知で、熱心である。

唐突だが、アメリカの警察映画が面白い。
事件が起こるたびに、警察内部に、「報告書」ということばが頻出する。警官が、実にこまめに、詳細な報告書を書いている。第三者に何事かを説明するために、文章を書くことが、よく訓練されている。それが、負担でもないらしいのである。
先日も、FBI職員の活劇ものを見た。女主人公は、毎晩、自分の部屋で、その日の出来事、問題点、推理等をコンピューターに打ち込む。徐々に事件の全貌が現れる、といったほどの筋であるが、上司が主人公に「報告書を出せ」と催促する場面が、何度か出てくる。

言葉の重みが、日本語と英語とでは、若干違う。
日本語は、単語に多くの荷物を背負わせる。英語では、単語の積み荷は、林檎なら、林檎で充満し内包した意味が少ない。ひとつの篭に蜜柑や葡萄や西瓜を詰め込まない。
日本語の単語は広がりやすく、英文は狭まりやすい。原因は、漢字かな混じり文だからである。

敗戦後、志賀直哉は、日本語をやめて、すべてフランス語にしたらよかろう、と書いた。あれなども負け戦のショックや、耄碌したからではない。長年、文章で苦労してきたその挙げ句の発言であったのだろう。
日本語を他の言語に変えなんて、論外だが、日本語の抱える難しい問題は、今も解決していない。

漢字の持つ意味の幅が広いことは、単語を選ぶ苦労を少なくする。曖昧でも許される。
まんざら悪いことでもないだろうが、事柄を表現するのに、「ことば」への甘えが出てくる。しかも、日本は世界でもめずらしい単一民族国家である。日本中、どこに行っても日本語が通じる。簡単に通じるから、言葉を厳密に扱わなくなる。
どうせ、同じ日本人だ、わかってくれよ、というわけである。言葉によって、そして言葉によってのみ、考えや気持ちを伝え合わなければならない他国と、大きな違いである。

英語は、現在の世界共通語である。単語の内包する意味が、浅く単純である。
漢字の持つ、意味の多様さと奥行の深さは、今後も、決して日本語を世界共通語にしないだろう。
それは、日本人にとって、喜ばしいことなのか、悲しむべきことなのか。


国大付属校の研究発表会で、虚しい言葉の羅列を聞きながら、思ったのである。

 

広告を非表示にする

英語だって、馬鹿な。情報教育、外国語教育の愚かさと、手遅れ加減。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

情報の収集や解釈や発信の方法論を、教育現場では、情報教育と呼んでいる。
情報教育は、各学校の情報機器の設備と指導できる教員とが確保できれば、可能とされている。

しかし、事実は違う。
親が、子供専用のパソコンを買い与えることができるかどうかで、決まる。
学校の時代遅れのマシンや、接続の鈍いネット環境、指導にもたつく教員、少ない授業時数(学級によって差がある。ひと月に3回以上、パソコンを使った授業をする学級もあれば、年に3回以下の学級もある。)では、効果のほどは疑わしい。

しかし、買い与えたとしても、家庭でネットを覗く子供は多いが、下らないメールごっこや、つぶやきごっこ、ゲームの類をするばかりである。
それもこれも、学校で、ネットと連動した授業ができていないからで、指導に工夫が必要だ。


ネットの利用というと、すぐに、自称「平等論者」から、「パソコンのない家はどうなる。ネットにつながってない家庭はどうなる」などと、正義の味方ぶって得意げに言い出す者がいる。
馬鹿だなあ。

その家庭には家庭の事情がある。ネットなしでもかまわない、という判断だろう。それでいい。
月に8万も10万も学習塾につぎ込むくせに、パソコンとネットが用意できないわけがない。それでも、しないのは、信念があるからだろう。見上げた教育方針である。
日英韓の三カ国の情報教育の現状に触れる機会があった。彼我の差を感じたので、愚痴を言ったまでである。


情報教育は、日本の将来に大きい影響があるだろうから、もう少し話したい。
具体的には、パソコンの操作ができなくてはならない。
ローマ字入力でキーボードが打てることと、最低限の英語力。
話す聞く、なんていうが、話す内容もないくせに片言の英語で、自慢げにしゃべっても無駄である。
読むことができれば十分である。
読めて、しかも書ければ、鬼に金棒である。しかし、全員が英文を書く必要はないし、できるわけがない。翻訳ソフトで十分だろう。あれは不完全だというが、どうして完全な英文を書く必要があるのだろう。英語なんて、どうせ世界語である。極めて粗雑な「地球共通語」である。カタコトで通じれば十分だ。不完全、大いに結構ではないか。私たちは、日本語を母国語とする日本人である。外国語を使用するガイジンではない。

ネットにストレスなく接続可能なパソコンがあること。
これしきの環境が日本の学校にはない。
だから、キーボード入力の段階で、すでに出遅れている。
英語の読み書きなんて、20年近く学校でやっていても、外人の5歳並である。これは、読み書き聞く話す、と欲張ったために、その挙句、どれもこれも使い物にならなかったのである。
読むことにのみ集中させるべきだった。もう手遅れである。

手遅れといえば、今の中学の英語教科書がひどい。
例によって、挨拶だのなんだのと、幼稚なことをさせている。
つべこべ言わずに、たとえばバートランドラッセルを、熟読・暗唱・書き写しをさせて、読み書きだけは、名文家並を目指したらどうだ。
日本人の能力だ。3年もやればものになる。小学校3年生から、訓練したら、中学生で、ほぼ世界中のネットは読めるし、書き込むこともできる。英文でメールどころか、作文、論文も発表できる。

以上は、公立にはお勧めしない。どうせ外国語である。一番大切にすべき国語をないがしろにしている現状では、むしろ害である。

どこかの実験学校、私立小学校で、やってみたらいいだろう。

 

 

広告を非表示にする