ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

自分を見せたいのはみんな同じ。教員の執念、テレビタレントの害悪。スマホをピコピコ。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

夏休みは、子供は学校に行かない。
ならば、こちらから出向いてやる、とばかりに、「学級だより」のプリントを、夏休み中、毎朝、届けてくる教員がいた。雨の日も風の日も、自転車で学級の子供たち全員の家のポストに投函してくる。その執念恐るべし。
肝心の学級だよりの内容は、どうでもいいことが書き連ねてあって、教員の自己満足に過ぎない。

今はどうだろうか。ひょっとしてメールマガジンを強制的に読ませるのではなかろうか。
メルマガなんて、見なければいい話だから、玄関ポストに突っ込まれるよりは、よほどましである。

人はことほど左様に、どうしても他人に、自分を見てもらいたい。
「先生、僕が私がここにいるの、こちらを見てよ」
教員の体験者なら、思い当たるだろう。
小学生低学年のみならず、高学年にも、中学生でも、そして高校生でも、こういう子がいる。大概、良い子たちである。
しかし中には、どうしようもない乱暴者もいる。これは、素直に自分を表現できないので、他の子供に意地悪をしたり、規律を破ったりして、教員の注意を自分に引き付けたいのである。叱られたいのである。
これもまた、指導によって簡単に解決する。可愛いものである。

見てほしいのは子供だけではない。学級だより配布人の例のみならず、むしろ、大人の方が、より一層、自分を誰かに見てもらいたくて仕方がない。
憎むべきは、政治家やタレントのそれで、こちらは全然そんなもの見たくない。なのに、平然と出しゃばる。自己宣伝する。
議員、NHK他テレビ各局のスタッフとその芸人、新聞屋、ニュースキャスターの類で、あんなものを見るのが嫌で、私はテレビを捨てた。テレビは無用の長物である。新聞紙は、時々、喫茶店で斜めに見ることがある。やはりゴミだなと納得する。
自己表現は、人の常である。しかし、各家庭に乗り込んでくるのはいかがなものか。


情報が多すぎるのは、ないのと同じである。本当に重要な事実を、多くの嘘っぱちで隠すのである。
それを証拠に、報道は繰り返しが多い。同じことを何度でも言って、時間潰しをする。肝心なことは、決して言わない、言えない、わからない。

携帯電話を、子供たちに持たせるようになったのは、学校帰りに塾に行く。夜遅くなるので、親は、携帯のGPSで子供の動向を監視する必要があった。
近頃は、持たないと仲間外れにされるのでスマホが要る、と言って、親を困らせる。
スマホでピコピコも、いくばくかの自己表現なのだろう。

スマホを子供たちが持つようになってから、格段に子供の学力が下がった。特に国語が下がった。日本語がダメになった。ピコピコ書くのは、あれは文章ではない。「つぶやき」と称する独り言である。

高校3年生にもなって、満足に文章を書くことができない。
大学では新入生に、初歩の作文の書き方を教えなければならない。
読書案内も、してやらなけらばならない。
子供自身の自己表現どころでは、ないのである。

 

 

広告を非表示にする

高校教員が人材不足。そこの君、大手企業や銀行や商社を蹴って、高校教員になってくれないか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

人は常に批判にさらされていなければ、だめになる存在である。
権力は必ず腐敗するというが、自分に酔ってやがて腐るのは、何も政治家や独裁者
ばかりではない。

並の教員も、並以上または以下の教員も、第三者からの厳しいチェックが入らなければ、向上しないどころか、腐って落ちていくこと必定である。

その典型が、大学教員である。
小学校教員は年端もいかない子供とその親から、中学校教員は不安定な子供と進学を気にするその親から、高校教員は変わり者の子供から、批評批判非難が、大小の差はあるにしても、受ける。
ところが、大学教員だけは、どういうものか、誰からも、批判も批評も、監視も、されることがない。腐敗しない大学教員は、0.1パーセント以下だろう。

しかし、今日は高校教員についてである。

いかにも、高校教員は、小中学校のそれに比べて、楽である。何が楽かといえば、すべてが楽なのである。楽をしてないのは、それは趣味である。趣味として、苦しんでいる。
外部からの批判が少ないから、同僚同士で張り合う。無い知恵絞って、自分は優秀なんだ、少なくとも、馬鹿じゃない、というほどのことを、一所懸命に周りにアピールする。つまり、負けず嫌いなのである。
それがよい方に出ればいいが、悪い面に出る。人事でどんなに優遇してやっても無駄である。自分から崩壊する。
教員自身が崩壊するのは勝手というより、自業自得だから構わないが、生徒が迷惑する。

これだけ言ってよくわからない人もいるだろうが、仕方がない。想像してくれ。

子供のレベル、学校のレベル、地域のレベルが、厳然としてある。それを了承して、子供は、当該校に来ているのである。または、ようやく入学できたのである。
であるのに、見当違いな授業をする。しかも、下手である。子供に力をつけるどころか、少ない蓄積をそぎ落とす、丸裸にする。のみならず、破滅させる。

こういう教員は、どこの高校にも、一定以上の数はいる。
なぜそうなるのか。答えは簡単である。
仕事が楽だからである。楽であっても、もともとが真面目な教員である。どうすれば、もっと苦しく、自分をもっと偉く見せることができるだろうかと、画策する。肝心の授業はどうでもいい。他の同僚に比べて、自分は仕事ができる男、または女と、思ってもらいたくて身悶えする。まして、同僚よりも劣ると他人に思われることが死ぬより辛い。自分で自分を追い込む。追い込みすぎて、躍起となる。あっという間に崖っぷちである。

こんなことも、他からの批判がないからである。友が注意してやればいいだけのことだが、その友がいない。なぜなら、学校の同僚は、すでに友のようなものだからである。それはすでに、他人である。ライバルである。しかも、脳内のライバルだから、始末が悪い。

結局、人材不足なのである。

かつて、某国諜報組織は、優秀な人材を確保するために、丁寧に時間をかけて調べ上げてリクルートした。組織の拡大を嫌った大統領が予算を削減して縮小した。それで大失敗したので、今度はあわてて増員するために公募すると、変なのが集まってきて、またもや大失敗した。
人材が鍵であることの証左である。

政治が悪い、制度が悪い、教育が悪い、等々というが、結局は人材がいない。いても極少である。全然足りない。
人材を育てるのは、教育である。
教育は小中高校と子供の年齢が上がるにつれて、お粗末になっている。大学は教育機関というよりも、教員の娯楽室、子供の遊園地だから、除外する。
日本の小学校教員は、なるほど、良い面と悪い面があるにせよ、世界一だろう。中学校教員はかなり落ちる。高校教員はもっともっと落ちる。
具体例には事欠かないが、いちいち示すことでもないだろう。

結論である。
そこの君、高校教員になってくれないか。
大手メーカーや銀行や商社筋から引く手あまたの君、高校教員を目指してくれないか。
エントリーシートを数百送り付けて、やっと入社できるらしいそこの君も、努力次第だ。
多くの味のある人材が、教員になってくれた方が、よほど日本のためである。

 

 

広告を非表示にする

お粗末な大学教員は、学生に唾を吐いて意地悪をする。日本の学生は、過激志向と無縁な、良い子たちである。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

欧州や米国のように、日本にも、若い世代に過激志向が広まっている。
というのは、真っ赤な嘘で、日本の若者は、過激思考を志向しない。
これは、良いことか。然り、極めて望ましく良いことである。

現状への不平不満の鬱積とその爆発とが、過激化の栄養である。
過激化とは、わかりやすく言えば、テロリズムであり、殺人であり、理不尽な暴力である。

日本にも、地下鉄車内で毒物をばらまいたりする事件が、かつてあった。
2020年の東京オリンピックで、テロの再発があるかもしれない。過激分子が、海外から入り込むかもしれない。
実態が明らかでないから、推測である。すでに留学生または企業や団体の職員として潜伏する某国の工作員たちや協力者達は、どう動くのか。

しかしそれにしても、日本の子供が、過激化しないのは、どういうわけだろう。
移民が少ないからである。「移民」対「日本国民」の軋轢がない。あっても些細である。日本人が過激になる必要がない。表面では、十分に、平和ごっこ、仲良しごっこで、おもてなしフェスティバルである。

移民を増やせば、必ず、階層分裂と敵対関係とが生じて、殺し合いになる。
そうなれば、日本の子供も、対抗して、過激化するかもしれない。

無差別テロリズムが蔓延する日本は、日本ではない。
しかし、移民を必須のことだと日本政府が考え、マスコミが拍手し、議員どもは移民賛成の大合唱で嬉しげである。


話は変わるが、大学は、中国朝鮮系の留学生に、極めて優しい。自分の研究室に、外国籍の子供が入ってくると、嬉しくてたまらない。猫可愛がりする。いい気なものである。

日本人は、外人を、自分たちと同じだと考える。日本国と同じように、外国を考える。お人好しも、ここまで来ると病気である。
起こってほしくないことは起こらないことになっているのが、日本の政策担当者以下種々の人々の信念である。

国の行く末を、楽観的に自分たちに都合よく予想するのが、先の大戦での日本の習性だったが、戦に負けても、全然変わってない。
素晴らしい。

素晴らしいといえば、日本の大学教員は素晴らしい。何がそんなに素晴らしいかと言えば、その待遇である。ろくな授業もできず、論文も書けず、名目だけの研究分野で、時間潰しのごく潰しの学生潰しの塊が、大学教員の実態である。

某大学で、教員が学生に暴力をふるったとかで、休職処分になっていたが、あれなども、当該教員の言動を注意していやる人物がいないからである。学問の独立だそうである。雇ったら、問題事件を起こさない限り、馘首どころか、口出しすら、できないからである。
今回は、問題を起こしてくれた。やれやれ、安心して、処分できたのである。おめでとう。

 

 

広告を非表示にする