ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

英語バカの量産。外国語礼賛は、いまどきの文明開化か、核弾頭つき蒸気船が怖いのか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

文科省のやることは常に間違う。
ゆとり教育で大失敗をし、今度は、英語教育万歳で、大失敗をした。坂道を転がり落ちる先は、闇である。
英語業者だけは、笑いが止まらない。

歴史伝統を軽んずるとこうなる。
口先ばかりの「改定のポイント」なるパンフレットを出して、裁断ばらばらの辻褄を合わせようとする。
やたら体言止めが多く、気色が悪い。汚らしい文章で、見てはいられない。
各学校は、「カリキュラム・マネジメントの確立」を、するんだそうだ。簡潔に日本語で書け、日本語で。

『各学校においては,児童や学校,地域の実態を適切に把握し,教育の目的や目標の実現に必要な教育の内容等を教科等横断的な視点で組み立てていくこと,教育課程の実施状況を評価してその改善を図っていくこと,教育課程の実施に必要な人的又は物的な体制を確保するとともにその改善を図っていくことなどを通して,教育課程に基づき組織的かつ計画的に各学校の教育活動の質の向上を図っていくこと(以下「カリキュラム・マネジメント」という。)に努めるものとする』(平成29年3月公示 小学校学習指導要領 1章第1の4)
などと、だらだら書いている。

便利だから、和製英語でいいじゃないか、ということだろう。
言葉が多くなれば、内容は薄くなる。あってもなくても、同じになる。みんなハッピーである。

日本のように、国家の歴史が長く、洗練された言語があり、人種がほぼ単一で、人心穏健和気藹々という風の国柄では、日本語で考えて、日本語を話す。すべてが日本語で万事幸福なのである。日本語だけで生活全般、外国諸事情、学習万端、なんら不便がない。そのこと誰よりも知っているのが、私たち日本国民ひとり一人である。日本人にとって、英語に限らず、外国語なんて、全然、必要ないのである。
必要があるのは、商売人または外国語利用で職を得ている人たちで、それはそれ、勝手に何語でも話すがよかろう。
英語学習が失敗続きなのは、英語が日本で暮らすには、何の役にも立たないこと、なんらの恩恵がないことの証左である。

なのに、焦った文科省は、するに事欠いて、教科としての英語を、ますます早期に始めさせようとする。

無駄どころか、害のみ多くて益は無い。英語関連の業者を儲けさせるだけで、または、能無し英語教員をのさばらせるだけである。子供やその保護者こそ、いい迷惑である。

一体全体、何を今更、英語を学ばせようなんて、福沢諭吉の時代じゃあるまいに、文明開化のベルがなっているのか。核弾頭つきの蒸気船が怖いのか。笑うしかない。

一部の目的を持った連中はともかく、学校教育期の日本人学習者にとって、英語学習はこの際、全面的に中止してよろしいのではないか。
他にも学ぶべきことがいくらでもあろうに。
アメリカ人の幼児が話すようなことを、十代二十代の日本人が、あくせく勉強するなんて、どうかしている。その挙句、なんにもならないことは、みなさん、すでによくご存じだろう。
すべからく、英語学習、外国語学習は、希望者のみの選択科目とすればいいのである。あんなもの、少なくとも義務教育からは、さっさと追い出したら如何か。

 

 

 

広告を非表示にする

政治と教育は、別物とお思いか? オリンピックで転んで、泣く子供。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

以下は、知人の話である。


二十代から三十代の教員たちは、政治の話、特に近隣諸国と日本政府との外交について、全然興味がないようだ。
中国韓国台湾云々の話題は、どんな会合でも、場違いとなる。
どうも、外交だの憲法だの、チャイナ・コリアだのは、苦手というか、嫌であるらしい。そのくせ、オリンピックとやらには、すぐに盛り上がる。

あのですねえ、教育とは、政治なんですよ。
学校教育は、良きにせよ悪きにせよ、その社会体制を維持するために、次の世代を洗脳することなんです。
文化伝統の持続とは、国家意識を育てることなんです。否定しても無駄。そうでないと、国家・民族は成り立ちません。世界中、どこでもそうです。
見て見ぬふりをしたいのは、日本国民だけです。というより、そう仕向けられているのか知りませんが、仕向けられて、素直に応じるのなら、どちらにしても同じことです。

ですからね、親も教員も、もっともっと、政治的になった方がいいんです。
ここで言う、政治的とは、旗を持って「原発反対」なんて、大通りを練り歩くことではありません。「日本という独立国家を、強く意識する」と言うことなのです。

チャイナは、世界制覇をたくらんでいます。こんなことは世界中の常識です。制覇というと、ハリウッド映画っぽくなりますが、要は、大中華圏の達成で、国が大きく人も多ければ、そのくらいのことは自然に思いつきます。そうでないと、国家が成り立ちません、民族が存続しません。そして、人は存続することを本能に持つものです。男が死ぬとき、体温が瞬間に上がり、逸物が屹立するというじゃありませんか。種を残そうという本能です。

チャイナは、コリアは手中に収めました。台湾もいずれ征服します。次は日本です。
それがいつ実現するかはともかく、こんなことを意識するか、それとも忘れたふりをするか、それが教育では、大切なんです。
授業でそう言えというのではありません。教員自身、保護者自身が、心の底に覚悟を持てということです。

言っても、無駄ですかね。奴隷状態にならないと、得心がいかないのか? それもまた、やむを得ないということでしょうか。

何やかや言っても、日本は平和で太平楽です。雪の朝に、町のそこかしこで、凍死している人を見ません。橋の下に乞食がいません。
飢えて、生ごみ回収の日に、ゴミ袋を漁っている人を見ません。
毎晩盛り場では、勤め帰りの人々が大笑いをしています。貧乏学生の癖に、最先端のファッションで歩いています。職業安定所に、高級外車で乗り付ける人がいます。

それは悪いことではないです。むしろ善です。日本人の勤勉さが生んだ、不思議ワールドです。

しかし、日本以外では全然違う。弱肉強食です。子供の時から、学業成績と収入とが一致すると考えています。
ハーバードの某教員ですが、彼女が11歳の時に交通事故で頭を打った。そのあとの知能検査で、数値が下がった。心底、悩んだそうです。頭が悪くなったのではないかと、将来金持ちにもなれない、掃除人になるしかないかと。
アメリカ人の11歳の優等生は、すでにそんなことを考えています。嫌なものです。でもそれが、アメリカです。


話は変わりますが、日本の子どもは、小学生のときから、近隣諸国に日本は悪いことをしてきた、迷惑をかけた。だからお詫びとともに、末永く仲良くしなければいけない、と教えられています。
「三つ子の魂百まで」で、この刷り込みは、その後の日本人の母国への意識と外交感覚とを、ずーと支配してきました。

チャイナが核ミサイルの照準を、ぴったり日本へ合わせている。北朝鮮もそうしている。だったら、日本も対抗措置をとるべきであるのに、その発想がない。
長年、チャイナに日本国民の血税をくれてやっているのに、それをやる方も、受け取る中国人の方も、当然だと考えています。
 
日本の安全保障を侵害するような問題が起こる度に、平和の平和の大合唱です。千代紙で鶴を折ったり、あるいは、ディズニーの「世界は一つ」なんてアニメソングを声を揃えて歌わせている。

「お目出度い」を通り越して、間抜けです。

あれもこれも、「ご立派」な学校教育の成果でしょうか。
日本の教育を、小学校から大学まで、根元から、変えなければ、ますます「お目出度い大人」が、今後も、拡大再生産されるでしょう。
日本国土が、チャイナかロシアか、その他の国によって、蹂躙され、他国の奴隷であることが、誰の目にも明らかになる状況まで、続くことでしょう。

ーーー
以上のような話が、以前は、たまに聞くことができた。
しかし、平成30年春現在、場末の居酒屋ですら、聞くことができなくなった。
その代わり、相撲取りがどうしただの、雪の中で飛んだり滑ったりだのの話が、専らである。

 

 

広告を非表示にする

税も物価も高くなるのに、給料が低い。スマホピコピコな女子高生に読書を教える。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

物価はどんどん上がっているのに、給料が上がらないどころか、下がっている。
大の大人を捕まえて、時給950円だの980円だのは、人を馬鹿にしているとしか言いようがない。
年貢としての税金は、年々増えているから、生活はますます厳しくなる。まさに、寒気である。心底、お寒い。
過日、某大企業のフレッシュマンの初任給を知って、その安さに、知人は驚いたのである。

企業は、バブルの失敗に懲りて、金を出し渋る。内部留保とかで、社内にため込んで、社員に渡すべき金を渡さない。
何十年か前の好景気に、気前よく万札をばらまいたのは、当然ことで、それだけ会社は儲かったのである。今、会社は儲かっているにもかかわらず、十分な給与を出さない。社の基礎体力をつけるためだとか、やがて必ず来る不況を乗り切る準備だとかいうが、なーに、自分さえよければいいのである。安く雇って、とことん使役して、商売敵よりも一歩先を行くことが、社是である。
それが悪い、とは言わない。どうせこの世は競争である。
競争には、安くて大量の兵隊が必要である。日本人の働き手、つまり私たちである。
日本人は文句を言わない。黙々と耐え忍ぶ。
苦は楽の種、だそうだ。現世は苦しくとも、極楽浄土が待っている。貧しくとも朗らかに、いつも微笑みを、云々。

情報操作が政府の役目である。純順で、素朴で、働き者で、お人好しな日本国民の性情を、とことん利用する。
皆さんご存知の「3S」は、セックスとスポーツとスクリーンである。自分で考えるよりも他人の意見をオウム返しに言いうだけのスマホピコピコ人間の量産である。

街を行き交う高校生や大学生や20代の人々、いや、30代も40代もそれ以上の年齢の人々も、片手に持ったスマホを覗き込んで、俯きながら歩いている。
親指で画面をなぞるのに必死である。よくもまあ、他人にぶつかったり、転んだりしないものである。
ロボットが蠢いているように見えなくもない。画面を見てなぞるだけの「目」が、歩いているようにも見える。

以上が、知人の話である。


さて、先日、近所の親子が出かけるのを見かけた。女子高校生らしき子は、スマホから目を離さない。親が何を話しかけても、うん、そう、と、上の空である。
ネットで重要な情報のやり取りをしてるのであろうか。どうせ、ゲームかラインの類だろう。または、ダジャレの動画を見ているのか。それとも、同級生の悪口の確認だろうか。

学校は、児童生徒のスマホを、今さら、禁止にできない。
十年以上も前に、某大附属小は、児童全員に携帯電話を義務付けた。親の希望である。親が通学中の我が子の居場所を、GPSで把握するためである。その時は、教員も親も、なんと便利なことよと楽観したが、子供がスマホ漬けになるとは、予想しなかった。

対抗策がないではない。

月並みだが、読書である。
学校では、日本語の指導、特に、読む技術をしっかりと教えるべきだ。
読書好きな子にするのである。ゴミを読むのではない。先人の遺産たる名著を辛抱強く読んで、考え続けるような子供を育てるのが、学校の役目である。
そのための具体的な授業方法は、多くあるが、どれも難しいものではない。
教員が、その気になれば、誰にでもできる。
そのいくつかは、すでに書いた。
また書く。

 

 

 

広告を非表示にする