ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

先生には尊敬すべき者もいる。マスコミは本当の馬鹿である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

旅客来たりて嘆いて曰く。

子供が、親の期待通りまたは予定通りに育たなかった、あるいは、思うように伸びなかった。
だからといって、その原因または責任を、学校や教員に押し付けて良いものかどうか。
そんなこと、並の神経の持ち主なら、すぐにわかりそうなものなのに、それがわからない。

親だからである。
親と子とは一心同体のようなものである。親はわが子が見えないのである。したがって、自分の子供を、正面から見ることができない。

子供は、落ち着きがなく、いい加減で、宿題もやらず、集中力がなく、態度が悪く、何をやらしても中途半端で、友達にも迷惑をかけ、意地悪で、性悪で、ずるくて、怠惰である。

そんな子供が多い。嘘だと思うのなら、とりあえずは、自分の子供を見るがいい。だが、親はそれを認めない、認めたくない。
他人のせいにする。学校の、教員の、ご近所の、社会の、国家の、ついには、夏の暑さや冬の寒さのためだ、とでも言いかねない。

しかしである。
貴殿の息子や娘は、貴殿の実の子供である。一応、貴殿がここまで育て上げた。
その子が、学校に通って、ぐんぐん伸びると思うのか?
もちろん、伸びる、それはそうだ。教室でどんどん教われば、少しは伸びないわけがない。
でも、それでは不十分だと言うのか。
見上げた図々しさである。

親や子の図々しさが、これほどあからさまになったのも、教員に必要な権威がないからである。
地方の、まあまあ進学率の高い高校が、中身以上の評価されるのも、困ったものだが、一般に小中学校の教員の「権威」は低すぎる。というか、ほとんどない。

小中学校の教員は、権威をもっているどころか、地域の大人や、子供や親から、「監視され、判定され、評価され」る対象である。それを文科省以下、賑々しく喧伝している。

馬鹿にするにもほどがある。

教育は、人間の一生を決めることが多い。
人生の一大事とまではいわないが、大事のひとつであるには違いない。
学校教育の中心は、教員である。
教師であり、先生である。
恐れ多くて、教員の自宅の方角に足を向けて眠れないのではないだろうか。
教員の中には、馬鹿もいることだろう。しかし、政治屋やマスコミ人ほどには、馬鹿は多くない。
仮にも「教員」である。たとえ馬鹿だとしても、普通の馬鹿ではない。意味のある馬鹿である。
だから、どんな教員に対しても、子供や親は、敬意と感謝とを、向けなければならないのである。

そんな馬鹿な、と言いたいだろう。
言うがいい。

しかし敬意と感謝とを持たないで、学校や教員へ応接しても、その結果はあまり良いことにならないだろう。

教員は弱い。「虫けら」ほどにも、弱い存在である。蜘蛛のようにはいつくばって、保護者や子供にまで、土下座をする。
教員をへこませて、親子で鼻高々であある。不平不満の溜飲を下げたことだろう。

だが、それが教育だろうか。

感謝の念と敬意とをもって、教員へ接することが、結局は子供の得になる。
それはとりもなおさず、あなたの子供を幸せにする近道である。そして、あなたも幸せになるだろう。おそらく。


関連して、もう少し。

学校は、批判に弱い。だから、うっかりものが言えない。言わない。だんまりを決めこむ。
そのくせ、子供には、自分の意見を言えだの、情報を発信せよだの、ディベートの真似事だのを、させている。

特に弱虫なのが、各学校長である。無難に毎日を送ることしか考えていない。少しでも批判されると青ざめる。
行政(具体的にはいわゆる「教育委員会」と呼ぶ教育事務所職員)も、上司や議員には、びくびくのくせに、各学校長には急に居丈高になる。
その余波で、校長は、教職員に対して、「居丈高」の真似事をする。

あれもこれも、若い頃から批判にさらされていないからで、批判されると、抗弁できない。
理由があっても抗弁する気がないから、ほとんどそれは、無抵抗と同じになる。
だから、ともかく批判されないような工夫、策略ばかりが上手になる。
人間はそういうもので、誰しも自分がかわいいから、そうする気持ちはわかるが、どうせ教員である。観念するがいい。


教育現場は、生の人間相手である。未熟な「ガキ」が相手である。利己主義な「親」が相手である。
そんな仕事で、どこからも批判されないように、行動していたら、ろくなことにならない。
だから実際、日本の学校教育はろくなことになっていない。
残念至極である。


追記 お知らせ
ぱるるの社会批評(仮題)」を、近日、開始します。ご覧下さい

男子高校生の女装、ミスコンと勉強。 平成の子供への期待。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

先日、高校文化祭について、男子校での女装、ミスコンについて書いたのだが、「女装」「男の娘」という単語には、なにかしら、そわそわするものがあるようだ。

高校生活の種々の出来事の中で、文化祭の中の一場面を記憶しているのが、不思議でもあるが、生徒や観客の感情に、直接訴えるものがあったのだろう。ある種の感動のごときものが生じたのか。
教育活動には、プラトンが説いたように、微妙なエロスが存在するらしい。

ミス高高コンテスト 決勝【第61回翠巒祭】


群馬県高崎高校は、元総理の中曽根康弘氏や福田氏の母校である。
自由な雰囲気で、子供たちの自信と自我の主張とが見えて、なかなか好ましい。教員の顔が表に全然見えないことも、よろしい。伝統的な公立男子校の利点が出ている。

ちなみに、多くの男子校では、この種のイベントに、生徒がグループで出場することが多いが、高崎高では、個人がほとんどである。自分一人で出て、自分自身で責任を取る。そうあるべきである。

應援部 校歌披露【第61回翠巒祭】




さて、お話変わって。
先日、高校3年生の自己推薦文を大量に読む機会があった。
どうもいただけない。仮にも、そこそこ名の知れた私立○○高である。中高一環教育の6年もの間、一体何をしていたんだと、驚くよりも、あきれた。無論、生徒にではない。この学校の教員達に、である。

憤慨していたら、某大学図書館の入口の紹介コーナーに、大学生のための文章作法だの、レポートの書き方だの、日本語技法だのの、基礎的な「作文のやりかた」の類の本が、山ほど並べてある。
数冊見てみると、ひどい内容である。句読点や段落の意味、敬語の初歩の解説、稚拙な例文と下手な添削例まで、載せてある。
日本の子供の文章力は(したがって、この類の本の「著者」や出版社編集部のレベルも)、ここまで落ちたのである。


思い返すに、小学生や中学生に、平家物語徒然草方丈記を暗唱させ、その各々の文体を真似させて作文を書かせた実践記録を、読んだことがある。当時と比べて、今では、夢のようである。

教育も文化も、発展させることは難しい。それどころか、現状を維持するだけでも大変に難しい。少しでも油断があると、たちまちに停滞し、落下する。
日本の国語は、急な坂道を転がり落ちている真っ最中である。もう二度と、後戻りできないだろう。
先は、闇の中かもしれない。

日本の闇は、諸外国の望むところである。しかし、日本人も望んでいるのではなかろうか。その証拠が、文科省以下、国語を軽んじて国語を亡きものにしようとする態度及び行為である。
グローバル化は、日本の国家意識の消滅、つまりは無国籍化、地球人である。よく働く奴隷である。
奴隷である日本国民の、ご主人様はいったい誰だろう。
あなたも知っていることだろうから、ここに書くまでもない。

しかし、しかしながらである。
平成の子供たちが、日本の芯を背負って育っていくならば、やはり、太陽は上るのである。
恐々謹言。

 

お前の仕事をしろ。教員も政府もマスコミも、何者かを配慮し忖度し遠慮する。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

新卒ほやほやの新米教員は置くとして、30代40代の、仕事に慣れたはずの教員も、やはり、保護者にびくびくして毎日を過ごすようである。
その一例が、学年通信という代物で、よせばいいのに、毎月、きまりきったことを、プリントして配布する。

もう、読んではいられない。
事項の挨拶に続いて「いつもご協力いただいて感謝します」だの、われわれ担任一同も「一所懸命やらせていただきます」だの、卑下を通り越して滑稽である。

遜らないと、安心できないらしい。
校長も総務も、プリントの内容を、事前に見ているくせに、注意するどころか、それでよしとする。むしろ、喜んでいる。

こんなことだから、子供や親になめられるのである。
仮にも、先生、教師である。

右も左もわからない息子・娘に、日本の文化伝統、人類の共通遺産である学問を教える主体者である。
と、大きく出る必要もないが、誰に過剰な遠慮があるのだろうか。自信をもって、教えるべきことを、またはそれ以上のことを、教えてやるがいい。

相手は未熟者の子供である。親を見れば、その程度も知れる。教員は、教育については親よりも、まして子供よりも、はるかに高い見識と技量とを持っている(はずである)。なにせ本業である。もっと、自負をもて。


思うに、日和見なマスコミがやたらアメリカにびくびくして、遠慮するのも、失敬千万な近隣諸国への、日本政府のだらしのない対応も、その根は一緒なのである。自信がない。いつまでたっても新米で、仕事に責任を持てない、持たない、持つ気もない。

教員が、だらしない国民性を育成することに一役買ったのである。

政府内閣官僚学者マスコミの者どもを、もう一度、ちゃんとした学校で、叩き直さなければ駄目である。


話を変える。
教員は、子供に学力をつけること、が本文である。
学力は、既存の知識を理解し、新しい知見を創造する能力のことである。
しかし、小難しい理屈ばかりでは、かえって意味が曖昧になる。
簡単に言えば、試験の「成績が良い」ことが、学力がついた証である。学力は、試験で判断するしかない。
学校は、子供に学力をつける場所である。つまりは、知識を教え込み、多少の応用力をつけてやればいい。
それ以上でも以下でもない。

できもしないくせに、壮大な目的を挙げて、力んでしまうと、肝心な学習内容の習得が疎かになる。というより、迫力がなくなる。

成績が何よりも大切だ、と学校は言いにくい。それをはっきりと掲げることは、憚りがあった。「成績ではない、人間性が一番だ」と綺麗ごとを並べ立てて、大嘘をついた。
学校は、生意気にも、子供の人間性まで判断するのであろうか。
大きなお世話である。いっそ、最初から、「点数至上、成績第一です」と言え。
低レベルの指導要領の内容すらカバーできないでいて、「生きる力をはぐくむ」とか、聞いて呆れる。
さっさと、授業を始めろ。

景気がよい頃は、日本は工業力で他国に一歩も二歩もリードして、余裕があった。
今は違う。世界競争が厳しくなった。日本の得意分野に、強敵がどんどん出てくる。日本は戦って、しかも勝たなくてはならない。
その土台は教育である。
具体的には学校の教育である。もっと具体的には、授業のレベルである。

学校が、競争と無縁なわけがない。
学校で子供に力をつけることができなかったら、アウトである。脱落である。学校、教員、施設、行政、国家、丸ごとアウトなのである。

セーフになるには、全力で走るしかない。少なくとも、教員だけは懸命に児童生徒学生を厳しく指導してやってくれ。それが仕事のはずである。教員がまず、激しく競争しなければならない。


しかしながら、子供は、放っておいても成長する。または、自力で学習する。これも事実である。
対して、自然に伸びるのは、生理的にであって、教育的にではない。だから学校や教育が必要だ、という意見もある。
果たしてそうだろうか。
子供は自分で、自身を教育しながら生きている面もある。
「親はなくとも子は育つ」という。意図的どころか、何も教育しなくても、いつの間にか身も心もそれなりに成長する。
これも逃げ道の一つである。
どのような教育も、時間の流れが、成功も失敗も飲み込んでいく。それに甘えて、教育関係者は大言壮語する。
生きる力だの、主体的だの、個性尊重だの、無意味なキャッチフレーズを並べ立てて、自己満足に陥る。
肝心のことは手抜きして、綺麗ごとを言う。その結果はだれが責任を取るのだろうか。

教育は、大人による意図的な営み、である。
意図的ではあっても、予定通りにいくものかどうか。「営み」を過大に評価すると、教育の間口が際限なく広がって、収拾がつかなくなる。
学校は、学力をつければいいのである。それだけが学校の役目であるし、それ以上のことが、学校ごときにできるわけがない。

何度でも言う。

「生意気言うな。お前の仕事をしろ」