ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

肝っ玉先生の罪悪。男先生と女先生の得意不得意、授業中は黙って学べ。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教員も年配になると、それなりの貫禄がついてくる。
保護者は自分より年下だし、長年の経験上、子どもの扱いが上手になっている、と自分では考えるようになる。

これが、大きな落とし穴だ。
一般的に、年配で口の達者な女性の学級担任の場合、一見すると学級運営がうまくいっているようだが、遠からぬ日に(まれに小学校卒業後に)必ずと言っていいほど、極端に男子が荒れるようになる。

がんじがらめにうるさく押さえつけられていたものが、中学入学とともに、自然の発露のように噴出するのである。

女性の「肝っ玉先生」は、いらいらと細かいことまで目配りし、一々指摘できることが、ある意味自慢でもあるが、その効果の程は怪しいものである。むしろ、逆効果のことが多い。

男性教員の場合、どこか抜けているような点があるが、それがかえって、児童生徒には、ほっとする息抜きになる。その上で、抑えるべきところはちゃんと抑えるのならば、とてもよろしい。

だから、男性教員が担任する学級は、再生不能なほど、学級児童が荒れる事は滅多にない。教員が、余裕を持って対応しているからで、本気で叱ったにしても、どこか距離感がある。
ところが、女性の年配教員の場合、その距離感を持てない。持ちたくない。これはほとんど生理的なものなのだろう。

これでは、子供は息が詰まる。というより、内心では、その教員に激しく反発するようになる。その感情は、心の中に沈潜し、復讐の機会を虎視眈々と狙っている。

教職は、未熟で生身の子供相手の仕事なだけに、教育効果という点で、「男女平等」はあり得ない。

性差は乗り越えることのできない壁である。男性も女性も、その欠点を補いつつ、各々の長所らしきものを伸ばしていくしかない。


小学校の、学級担任は一年ごとに変わる方がいい、と前にも話した気がする。一年どころか、半年でいい、いや、1学期ごとでもいいのではないか。

ところで、全国的に中学生が大荒れに荒れた時期があった。今でも、似たようなものだろう。
中学生が荒れるのは、中学校が教科担任制だからで、小学校のように学級担任制なら、中学生も荒れない、と平気で言う教育委員会職員どもがいた。
馬鹿な。冗談を言うな。
そんな発想自体が、学校を躾サークルと勘違いするもとなのだ。

学校は多数の子供を集めて、プロの教員が教科内容を教えるところである。それ以上でも以下でもない。

親が、我が子をコントロールできないからといって、教員に任せるなんて太い了見である。そうまでしてもらいたかったら、給金を今の3倍やれ。教員に甘えるのは、それからにしろ。

教員も教員で、プライドがない。目をヒラメのようにぱちくりさせて、あっちへおたおた、こっちへへらへら、見てはいられない。

教員たるもの、子供の知性を鍛えているのだろう。日本国の伝統文化を教えているのだろう。
子供とその親から見れば、唯一無二(その時点では)の、先生なんだろう。
少しは自信を持て。

話は変わるが、今時の医者は、不景気ではあっても、月に千万単位の収入を得ている。それだけの経済的価値のある職業と、世間が認めているからだ。
あなたにとって、教員と医者と、どちらが大切か。
おそらく、医者と答えるだろう。誰でも命が惜しい。
だったら、我が子の躾は、親である自分自身でするがいい。
安月給の教員に、健康な子供の未来を託すなんてことは、止めた方がいい。

もちろん、教員も、肝心の授業がお粗末なのである。
私立ほどではないにしても、公立中学の授業がひどい。
授業になってない。

具立的に言おうか。
いわゆる授業妨害が多すぎる。
授業妨害とは何か。
授業中、教員の授業の進行を大きく阻害する行動を言う。
第1に、私語である。
第2は、立ち歩きである。
ここまでは説明不要だろう。

第3は、直接的な妨害。
紙つぶてを投げる。教卓を倒す。周りの生徒の学習の邪魔をする。隣の子のノートを奪う。筆箱をわざと落とす。椅子や机を窓から落とす。壁を蹴破る、等々。

第4は、授業中に食ったり飲んだりする。ガム、チョコ、飴。コンビニ弁当。

第5は、寝る。

第6は、教員への反抗的態度。上記1から5までの行動に対して、教員が注意すると、俄然、目が輝いて、張り切って、怒鳴りだす。場合によっては乱闘になる。けがをしたり最悪の場合、殺される。 

さて、授業妨害の代表は、なんと言っても、「私語」である。
実はこれが、授業妨害の8割を占める。

賢明な諸氏は思い出すだろう。
ご立派な小学校の教員達が、常日頃、子供の耳にたこができるほど吹き込んだ、名文句。
「発表しなさい。手を挙げなさい。」と、オウム替えしに絶叫していたのを。
その挙げ句が、中学生になっての私語である。

手なんか挙げる必要は全然ない。
子供は、言うべき何事も持ち合わせていないのに、無理矢理、発言が大事だの、何故手を挙げないのかだの、責め立てられた。

子どもの挙手の数が多ければ良い授業。子どもの発言(のようなもの)が多ければ活発な授業だと、無邪気に信じた小学校教員・中学教員が、愚かなのである。

ほとんどの授業では、一言もしゃべらなくたっていい。手なんか無理に挙げるな。西部劇のヒーローではあるまいに、すぐにフリーズさせるんじゃない。

その代わり、頭を働かせて、学習せよ。きちんと学習していれば、言うべき時には、滔々と話すことができる。

心配するな。黙って学べ。

 

 

教員の「実力」と中学生の「学力」の低下

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

この中学校は、どこでもいいのです。たとえば、あなたの住んでいる近くの中学校を想像してみてください。

私の知人には、中学生(男子)と高校生(女子)の親がいます。以下は知人から聞いた話を、私なり判断したものです。

どの中学校も、中学生という難しい時期の子供を扱うわけですから、学年団もそれなりに問題を抱えているようです。特に現在の2年生は学校での生活、学習ともに非常に乱れている状態だと聞きました。

この中学校では、生徒が教員に暴言を吐いたり、授業中も立ち歩いたり、休憩時間中、更衣室で菓子を食べたり で、そのあげく、授業に集中できない状態であると聞きます。また、生徒間のいじめや暴力行為も頻繁にあるということでした。授業が、生徒の学力保証になるどころか、単なる遊び時間の延長のようなことになっているようです。

先生方も苦労なさっているようですが、一部の生徒に過度に遠慮されているのか、強い指導が為されていないように思います。もちろん、授業が不成立なような状況に至るまでには、一部の問題的行動をとる生徒を放置したり、あるいはその指導が足りなかったということがあったかもしれません。

また、中学入学までの 前段階として、同じ校区内の小学校高学年での学習指導や学校規律が、きちんとなされていたのかどうかということにも、関係があると思われます。

勉強をしたいと考えている生徒にとって、普通に勉強できるような場所にするべく、教員や行政や、保護者も何らかの行動をしなければならないと思います。


近年の公立中学校における学力の低下は目を覆うばかりのものがあります。
中学校側でも生徒の荒れに対処するに精一杯で、学力の向上に手が回らない状態のようです。これでは、今後の社会状況の変化に対応する知性的で創造力あふれる人間を育てることは、とうてい無理な状況のように思われます。従って多くの親は、苦しい経済状況の中でも、なんとか学習塾に通わせて、最低限の学力をつけさせようと必死でございます。

多くの親は、この状態を見越して、小学校段階から、公立中学校への進学を放棄し、なんとかして私立の中学へ入れたいと希望する親が多くなってきました。家庭の経済的及び子供の学力という条件をクリアできるならば、私立中学に行かせたいという考えを持つ人が大部分といえましょう。

しかしながら、現実には、受け入れの生徒数の問題があり、小学校卒業生の7割程度は公立中学校に通うこととなります。私立中学は不況にもかかわらず高い学費が必要ですので、誰にでも門戸が開いているわけではありません。

ですから、公立中学校では今一度、学習指導要領の原則に立ち返って、学力の向上の見える授業を行っていただきたく、授業妨害を行う一部生徒に対しては厳しい対応を願わざるを得ません。実りある毎日の教育活動を進めていただきたいと思います。

ーーーーーー

以上の意見はともかくとして。

過日、公立中学校の授業を見る機会があった。中学3年生である。英語、数学、国語の授業を何クラスか参観した。

あいかわらず、中学教員の多くは授業が下手である。
授業の技術は、小学校の教員が一番優れていて、高校教員は素人である。大学教員は論外。
大学教員のそれは、授業というよりは、独りよがりのつぶやきにすぎないことが大半で、まことに、おめでたい「職業のようなもの」である。

某中学の授業では、教員は黒板に教科書と同様の図を書きなぐり、ときどき、生徒の方に振り返っては、教科書のページを棒読みする。
生徒を前に出させて、黒板に書かせたり生徒自身が考えた解法を説明させたりすることをしない。どういうわけだろうか。
うまく指導すれば、生徒の発表も可能であるはずなのに。

女性教員によくあるタイプだが、大声を張り上げる。何とか生徒達を授業に入り込ませたい気持ちはわかるが、声を大きくすればするほど、知性はどこかに飛んでいく。むしろ、声は小さいほうがいいのである。

授業構成は、教員が一方的に話しているだけのものがほとんどであった。それも「簡潔にして要領がよく、興味をひいておもしろい」のならば、まだ救いようがあるのだが、だらだらと冗漫で、暗く自信のない様子である。

お決まりのプリントを配り、生徒達は、漫然と書き込んだりして、手持ちぶたさである。しかも、例によって自己評価(よくできた・できた・もう少し。自分のことを自分で○をする)とかの欄がある。こんな偽善があるだろうか。しかも、自己評価をする行為そのものが、授業の目的になってしまっている。

何より問題なのは、この「授業」のようなものが、授業として成立している、と、教員も子どもも信じ込んでいることだ。

中学生は、小学生の次の段階で、年齢的にも近いのだから、小学校教員の授業レベルの、せめて半分程度くらいは、中学校教員も効果のある授業をするべきだろう。

とはいえ、私は、一部(あるいはほとんど)の小学校教員が、授業に凝りすぎてしまうことを、苦々しく感じている。
何でも屋であることを要求されている小学校教員は、ただでさえ、殺人的に忙しい。

毎時間の授業を、繊細に精緻に、「完成度」を求める準備作業ばかりに、日々のエネルギーのほとんどを使っては、なんのことやら、である。授業の効果は、準備した割には少なく、自己満足に過ぎない。あれでは、毎日へとへとになってしまうだろう。

小学校教員は、授業方法にいたずらに凝ることなく、淡々と授業を進めるようにすればいいのではないか。知的迫力のある授業は、授業の明確な目的と、知識と自信とを教員が持ってさえいれば、できるはずである。

それはともかく、中学校に話を戻そう。
中学の授業レベルは年々落ちてきている。もちろん、学習の基準となる「学習指導要領」が、ご存じのように、あきれかえるほど、レベルダウンしているので、一方的に中学教員のせいばかりとはいえない。
だからといって、授業の工夫もしない、教員が知的レベルを高める努力もしないようでは、ますます泥沼にはまって行く。
今、全国の多くの公立中学校で行われている授業では、並の中学生なら、その単調さと、知的な格闘のない平板な時間つぶしに、きっと嫌になることだろう。

教材も教える方法も、数年前と比較しても、程度が下がっている。だから、子供がついてこない。知的興奮がないからである。

子供の授業態度が年々悪くなり、指導そのものが難しくなってきていることは認めよう。しかしそれは、授業がお粗末であってよいことにはならない。授業を、教員の意識で変えていけば、倦怠の塊のような中学生でも、いくらかは蘇生するはずだ。

 

 

国語嫌いを増やす国語教科書。お粗末な学校図書館。大半の本は、ゴミである。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

国語の教材には、日本の古典、漢文の他に「現代文」がある。明確な定義はないが、明治以後の文章のことであろう。
教材の現代文は、よい文章ばかりとは限らない。つまらない文章がある。これでも日本語かというような、ひどい文章もある。

その文章を細切れに、微に入り細に入り、読み解いていくのだから、ご苦労なことである。中学三年間、高校三年間、そんな授業を受け続けていると、ほとんどの子供は、国語が嫌いになる。

中学、高校、大学の国語の入試問題を調べたことがある。
中高大学と、問題文がどんどんひどくなる。何を言いたいのか分からない文章の連続である。
簡にして要を得た文章は、そもそもが問題に使えないのだろう。希代の悪文を選んである。
悪文を読み解くのだから、誰にも難しいに決まっている。難しければ、入試問題として最適である。悪文読解の訓練に、中学高校の国語は費やされている。

文章は、分かりやすく、一読して、さっと意味が分かるものがよいのである。読書百偏意自ずから通じると言うが、百偏読まなければ通じないような文章は、現代文ではない。暗号である。現代文は、そもそも百回の通読に耐えない。

現代文の問題作りは難しい。定期試験の度に、中学や高校の国語教員は、数学教員を羨む。
数学はいかにも、問題がすぐできる。採点も短時間で可能である。次には、物理、化学、生物などの理系教科が、その次には、歴史、経済などの社会系教科が楽である。ちょっとの工夫ですぐできる。

国語科は、そうはいかない。
問題作りに、七転八倒である。夜中の二時三時までやっても、まだ不安である。おまけに採点が面倒だ。夜なべの連続である。

国語科は日本語を扱う。中でも現代文は、現在の口語を扱っている。
言葉は思考の道具でもあるから、疎かにはできない。
指導の難しさで教員が苦しむのは勝手だが、肝腎の子供を無益に苦しませてはならない。

現代文は、毎日、聞いたり話したり、読んだり書いたりしている。学校の授業で、実際生活と馴染みがもっとも深い教科である。それが、難解で、遣り甲斐もなく、面白みもなく、嫌になってしまってよいのだろうか。
一読してさっと分かる、簡潔で明快で、品位のある文章を取り上げることだ。リズムのある文章を、楽しく学ばせてほしい。
国語嫌いが増える原因が、教材文にあることは明らかである。

教材分は独立してあるわけではない。多くは、既存の堕本からの切り抜きである。さもなくば、編著者と称する雇われ人の短い文章を載せる。唾棄すべきほどのものである。語るに落ちるが、これが教科書の実態である。
しかし、ごくまれに一流の文章が載っている。鴎外敦直哉の類で、そこだけが絶壁のごとく輝いて、読む人は、これは国語の教科書だったのかと、はっと気づくのである。


本は身銭を切って買え、などと言うが、実際、身銭を切るほどの本は、そうそうあるものではない。
コーヒー1杯分ほどで新書が買える。しかし、安いはずの新書も、その大半はゴミである。
買え買えと言う者は、たいがい、自分の本を買ってもらいたいがためで、互いが誉め合って、売り上げを伸ばそうとするのは、下品かつ浅ましい。

過日、本を整理をしていて、つくづくゴミ本が多いと、思い知った。
ゴミでないのは、これは私の師匠みたいな方々の書物で、師匠は何人も要らない。
その他は、缶ビールである。一回飲めば、カンは捨てるしかない。溶かせば再利用できるだろう。

学校図書館は、税金で本を買うから、駄本の山である。
二ヶ月くらいで寿命の切れそうなパソコン関係の本を、ハードカバーにして、学校に買わせる。ほとんど詐欺である。
担当教員も知識がないものだから(しかも、学校は、地域の本屋と特別な結びつきのあることが多い)、書店員任せとなる場合もある。

個人が、身銭を切って厳しく本を選んで買っても、ほとんどゴミになる。
他人に任せて、「学校図書館」の蔵書を購入するのは、子どもに腐った肉を食べさせることと同様だと、嘆息する人がいた。

教科書も学校図書館も駄本で埋まった。これで日本人の思考を鍛えることができるだろうか。