読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

学生サービスが悪すぎる都内の「有名」私立大。教職員には最高、学生には最低の待遇。

大学の授業

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本の各大学は、少子化に伴う学生数の減少と、大学そのものの価値とが問われるようになり、今後ますます経営が厳しくなる。
数少ない消費者であり、購買層である新入学生の獲得のために、競争しなければならない。

地方大学の多くは、いち早く経営を見直して、消費者サービスに努めている。
その一方で、首都圏の大学は、あまりに知名度に頼って安逸を貪り、学生の便宜をはからず、能無し教員どもを高給で雇って、お手盛りの快楽に酔っている。

天誅を下してやりたいところだが、その力がないので、せめて、ぼそぼそとつぶやくのである。


東京にはうんざりするほど多くの大学があるが、官立の東京大、芸大、工業大学を除くと、他の私立学校は、環境がよろしくない。
東京芸大の音楽の授業は、学生は半ば雑談に終始し、眠たげな様子だったが、それでものんびりした雰囲気があって、涼とした。しかしこれらは、例外に属する。


私立大学はサービスが悪すぎる。
例をあげると、おそらく日本で一番古い歴史を持つ○○大学である。知名度をいいことに、教職員には最高の待遇をする一方で、学生には最低とすら言える待遇を強いている。
学生食堂、図書館、学生の勉強コーナー、何一つ満足できるものはない。特にひどいのが、図書館で、あれはもう大学のそれではない、中学校並みの規模及び管理体制である。
ここまで学生へのサービスを忘れ、だらだらと学校経営を続けている大学は珍しいのではなかろうか。日本の権威と深い関係にあった学校であることを、利点としたのだろうが、それだけで、やっていけるほど、大学商売は能天気なものではなかろう。

新宿のマンモス学校は、以前書いたので、三田の学校の方を言う。
創立以来の商売堅気なので、学生へのサービスが、利に聡過ぎる。金持ち相手の方針なので、あれでは学生の活力が失われるのではないか。卒業生のネットワークも、いつかは力が尽きる。
もっと、学生のための「授業」に力を入れることはもちろん、どうすれば、「勉強していただく」か、「おかしくならないように」(校風になじまず、中途で新宿に代わる者が少なからずいる)するか、努力を要する。商売に強いのならば、今ここにいるお客様のために、本気で汗を出すがいい。


さて、言いたかったのは、こんなことではない。
「地方から東京に子弟を出させるのは、得策かどうか」についてだが、また書く。

アクティブ・ラーニングは、文科省と大学やマスコミの猿知恵。売ったもの勝ち、書店もニンマリ。

アクティブラーニング

 

 

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

新入学、新年度、新学期を目前にして、案の定というべきだろうか。
書店では、アクティブラーニングごっこで、大忙しである。
ついでに、騎士団長何とかで、これまた、売ったもの勝ちの、大宣伝である。

どうにもこうにも、書店の先行きは暗い。
暗くて構わない。本などが、どんどん売れるわけがない。どんどん売れるほど、良書や読むべき本なんて、あるわけがない。
書籍は、古書があれば十分で、後は雑誌の類であろう。
それを生意気に、次から次へと、数か月(または数日、あるいは数時間?)もたてば、ごみにしか過ぎなくなるものを、新刊本として出しまくる。
一体全体、これほどの無駄無理があるだろうか。

かつて、ゴミ本は、真に読むべき名著を、読者の目から覆い隠すためにある、と書いたが、今また思うのである。

さて、アクティブラーニングは、文科省と教育系大学と売文稼業者どもとが、結託してでっち上げた、下らない思い付きである。
しかし、哀しいのは、まんまと騙されてしまう教員や教員予備軍や「教育」熱心な親たちである。
アクティブ(悪底部)ラーニングは、いったいなんだとばかりに、駄本に飛びつく。ばかばかしさに見てはおられないというよりは、浅ましくも痛々しいのである。

内容浅薄で、まったくの言葉替え遊びであり、学校での毎日の授業とは何の関係もない。あれは、白墨をチョークと、机をデスクと呼ぶことと、同じまたはそれ以下の、言い方を変えて喜ぶ日本人特有の心理である。

アクティブラーニングの中身を見れば、なんのことはない。普通のことである。普通のことをことさらに強調するから、普通でなくなる。普通のことが、「何か優れたこと」をやっているかのようにごまかされる。いっそう現場を悪くする。
では、これまでの授業はどう呼べばいいのだろう。

ゆとり教育、総合的な学習の時間、生きる力、等々、安っぽい造語をでっちあげては、文科省と、その取り巻きのマスコミ連中は大宣伝をしてきたが、今回の「アクティブラーニング」は、うんざりするとともに、恐れ入った。
猿知恵にはキリがないものと見える。

公立の名門高校が一番お得である。落ち目の私立高校は、大損となるかも。

名門高校

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

公立の名門高校が、中学生にとって、お得な進学先と言えようが、希望の公立高校に入ろうにも、受験させてもらえなければ、話が進まない。

各中学校は、中学生の普段の成績も加味したうえで、子供本人の希望よりも、進路指導担当の意向で、ほとんどの進学先を決定する。
行く高校がなくなってしまうと、中学生浪人である。これは、断固避けたい。どこかの高校に押し込みたい。
進路担当はそう考える。

公立高校は、きっちり、ランク分けされている。親子がどんなに言い張っても、普段の成績から判断して、希望校が難しい場合、ランクを下げていく。よほどのことがない限り、どこかに合格させてしまうのが、進路担当の腕である。

そんなわけで、地域と年度によっても違うが、公立高校に10人受ければ8人は通るように仕組んでいる。
落ちた2人は残念ではあるが、しかし、当該高校を受けるだけの実力があったのだから、ランクが下位の私立高校に入学しても、そこで上位を保つことが多い。ランクが上の私学には、そもそも最初から受けていない。

以上の事情は、公立高校の強さを証明している。新入生の粒がそれなりに揃うので、公立とは言え、義務教育期の小中学校とは違って、授業が進めやすい。校則違反者や、授業に文句をつけたり、宿題の山に四の五の言うやつは、どうぞ退学なさってかまいませんよ、と学校側も強く出る。
私立高校が中途退学を嫌がるのに比べて、公立は割とあっさりと認める。まあ、人生色々あるさ、で片づけることができる。


こう書くと、公立高校のマイナス面であるようだが、違う。むしろ、利点である。
学校は、教員が、子供に対して、ある一定の行動を押し付けるところでもある。許容範囲はあるけれども、逸脱はできない。現に、子供は逸脱しない。不気味なくらいである。

だから、公立高校は、通う子供にとっても、就業する教員にとっても、平穏で、楽なのである。
もちろん、学年団は内部の教員どおしで、学校間は世間の評判で、激しく優劣を競う。これが各教員への圧迫となって、苦しんだり辞めたり自殺したりする教員も、稀にはいる。しかし、概ね、公立高校の教員は安定している。

私立高校は、一つ一つが独立の「会社」だから、景気の良い優良企業のような私立高校は、公立高教員よりも、圧倒的に安逸を貪ることができる。
問題は、落ち目の私学で、先のないことを、理事会も教職員も、何より生徒自身が感づいている。こうなると、もう、最悪である。
どのように、悪くなっていくのか。 

続く。