ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

教員人事は情実の世界。仲間内で誉め合い、助け合い、他を蹴落とす。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain
かつて、〇〇記念パーティの類の会合で、高名な精神科医が、ここまでやってこれたのも多くの方の力添えで云々、とスピーチをした。
それはそうだろう、言える立場だから、吐く言葉だろうが、東大は東大を助ける。と同様に、常に互いに誉め合って、外部を排除し、仲間内でうまい汁を吸う。これは人の常である。非難はできない。

さて、教員人事は、特に公教育のそれは、情実で動く。私学教育は、情実という言葉を出すのも恥ずかしい。想像してくれ。

 

都道府県には、教員人事を専らにする部署がある。東京都は、教育庁人事部、各府県は教育局だの教職員課だの学校人事課だの、名称は適当だが、ともかくも、教職員の人事を扱う。
その担当者が実にテキトーで、教員上りがほとんどであるが、教育実践のベテランではなく、慣れない教員人事担当事務職を、ごまかしながらこなす、または是非やってみたい、という連中である。
多くは、教員に採用された後、現場の校長または組合の後押しで、教育委員会にもぐりこんだ者で、教育現場から教育行政部門へと、「出世」したのである。
さあ、もう鬼の首を取ったごとく、居丈高になる。表向き、へらへらと愛想がいいが、根性は、上から目線である。
そうなるのも無理はない。ベテラン教員の教頭校長職出願者の面談、選抜、指導、実質的な管理はもちろん、教員異動、学校出張視察、議会対策その他、やりたい放題の「大活躍」である。
この連中の特徴は、事務屋であって、教員ではない。かつて教員であったこともない。あれは就職のとき、たまたま教員だったのである。根は、中途半端でどっちつかずの素人社員である。


以前、某国立大の学長選挙結果の当日、落ちた教授先生が、院生の運転する車の後部座席で、畜生、あの野郎が裏切りやがった、と興奮して、運転席のシートを力まかせに何度も蹴る。高速道路でもあり、院生は生きた心地がしなかったそうである。
この大先生も、3回目で、めでたく学長に収まった由、おめでとう。

所詮、人事はこの程度のものであるが、しかし、仕事の安直さや収入の増大、世間体の向上、なにより自尊感情の高揚に勝るものはないのだろう。相も変わらず、風もないのに上昇志向いっぱいの教員をたくさん見るにつけ、人の性(さが)を思うのである。合掌するしかない。


ついでに、思い出したが、ずいぶん以前、某校長が、満足げに小声で述懐して言う。私の人生もまあまあかな。

言うのは勝手だが、この男は、糟糠の妻を放り出して若い女と再婚し、しかも離婚費用の1000万は親から出してもらっている。どこが、まあまあだろう。
こういう男は同類を可愛がる。
中年教員が、教育実習に来た女学生と関係した。離婚して、その実習生と結婚する。女学生は翌年教員採用となる。晴れて、教員夫婦である。こんな奴を可愛がる。教頭に校長に推薦する。面倒見がいいのである。あの情熱はどこから来るのだろう。多分、同類憐みの感情だろう。

話があちこちしたが、すべては情実で動くというお話である。

 

 

〇 面白い本で、すぐ読了できる。気分転換にいいだろう。

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)