ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

大学教員の給与を7割減給せよ。快適かつ無能な職業と、収入の不均衡。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

今時の二十代三十代は、雇用不安だそうである。
正社員になれない、不安定だ、好きな仕事がない、云々。
しかしながら、仕事は探せば周りに転がっている。選り好みは、身勝手な我がままだと、評する人もいる。
格好の良い仕事ばかりを夢見てるわけでもなかろうが、所詮、仕事である。楽しくて夢のようなもので、あるわけがない。テレビドラマの見過ぎだろう。
嬉しくて楽しい仕事があるとすれば、タレントやスポーツのプロ選手の類だろうが、彼らは堅気ではない。「それ者」である。大方の参考にならない。

今のところ、実力がなくても、とりあえず学部にさえ滑り込めば、一応、一生安泰らしいのは、医者だけである。だから、医学部に入りたい。そのためには学習塾その他で、早めに手を打っておきたい。親の焦りを、とがめることはできないだろう。子供のために、安全で確実かつ「お利口」な方法を、親は求めたのである。

人生は、先に何があるかがわからない。勉強しさえすれば、万事がうまくいくわけではない。しかし、当然のことを訳知りに言ってみても仕方がないだろう。

 

「医者は、もう、ぼろ儲けできないよ」などと、高飛車に言う。なってから言え。
医者の子どもは医者になる。不思議なことに、学力素質にかかわらず、学校での成績もまあまあで、上の部類に居座っている。
使命感からか、親の期待故なのか、よくわからない。しかし、家族中の重圧をかけるのも、子供にとっては、教育効果があるのだろうか。

勉強は熱心にした方が良いし、熱心に勉強した人とそうでない人とを比べるとき、後の人生に様々な差が出るのも当然だろう。だから、私たち大人は、自分と同じような情けない思いをしなくてもすむように、我が子に向かって、「勉強をせよ」と、口やかましく言うのである。
そして、我が子は、案の定、親に似て勉強をしない。うかうか歳をとって、やはりその子供に、「勉強せよ、私のようになりたくなかったら」、と愚痴るのである。
それもまた運である。善し、としよう。


さて、濡れ手で粟の、テレビ芸人の類はともかくとして、世間でふつーに考えると、快適な職業の筆頭は、大学教員である。

誰からも束縛されず、露骨な勤務評定もなく、一日中暇で(ときどき授業らしきものをするフリ)、何をやってもお咎めはない(刑事犯罪は別)、おまけに世間体もよい。こんなおいしい職業は、他にはない。

大学教員が、「素敵な仕事」であることは、日本に限らない。何処の国でも、若者の憧れの職業といえるだろう。
ことに西欧諸国ではその傾向が強く、大学教授と名がつけば、実績や能力に関係なく、一目も二目も置かれる。

米国では、少ない大学教員職を求めて、若い連中が、何年も努力し、その甲斐あって、大学に職を得たときは、もう嬉しくてたまらない。共稼ぎの女房に長い間苦労をかけたことを忘れて、女子学生に手を出す(ことも極めて多い)。

美味しすぎる大学教員であるが、給与の面では、米国の場合、一部の有力教員以外は、日本人が想像するよりも、よほど少ない。

日本の大学教員の給与は高すぎる。あれしきの時間的束縛や仕事内容で、今の給与は法外である。現在の半分でも高すぎる。
コスト対効果が全然、見合ってない。能力以上に給与が支払われている。無駄、というより暴利である。
即刻、最低賃金にせよ。それでもなおかつ、学問(及び気楽な生活)の魅力にひかれて、大学教員になりたいのならば、なるがいい。
そして、発見なり、発明なり、「有益」な書物を書くなりして、
金を人並みに儲けるがいいだろう。