ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

私立中学も公立中学もダメ、どこでもいい。それなら、ただの公立学校がいいよね。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

かつて公立中学の噂は、よくなかった。
公立中学校の生徒は、反抗的だ。素直でない。学力がつかない。高校入試で苦労する。教員は教科指導よりも生活指導に追われている。悪い仲間に引きずられやすい。
ただでさえ、難しい時期なのに、親も子も不安はつのるばかりだった。

しかし近頃は、公立中は、その評判を持ち直しているらしい。
世間が不景気になり、無理して有名私立に行かせなくても、というより、そうまでして、二流または二流以下の私立に行かせるよりは、公立で十分と考える親が増えた。公立中学校の生徒も、無茶苦茶に暴れなくなった。時代だろう。

公立は、ただなのに、私立は金がかかる。金がかかった割には、得がない。むしろ、教員が低レベルで、学力をつけることが、できていないではないか。
月謝払って、高い制服を買ってやって、遠くまで通わせて、それでこの体たらくである。私立のアドバンテージって何だろう。

ただし、一流中の一流は、というより、そのように世間で勘違いされている私立中は別である。教員なんか問題にしていない。親子ともども、名前のみで、当私立中のファンなのである。
つくづく、ファンとは有り難いものである。ボール蹴りや、棒で小さな球を引っ叩く、例同様(プロサッカー、プロ野球の類)。

 

小学校高学年の、私立中学志願の家庭も、穏やかではない。
まず受かるかどうかがはっきりしない。誰もが受験した時期は、むしろ合格者が稀である。小学生時代、金銭的にも体力的にも、何年間も無理を重ねてきた。塾にずいぶん投資をしたはずである。
受験料だけでも十万円近い出費である。子供のプレッシャーも並ではない。
どこか日本の教育はおかしいのではないか、と考えたくもなる。


私立志向の親子が少なくなってきたのは、西暦2000年から、兆しがあった。
小学校は地元の公立に行かせる。私立の中高一貫の進学校に入学できる実力があっても、公立中学校(国立大付属中も含む)に、通わせる親が増えてきた。
公立が多くの問題があることを知ってはいても、無理して学費の高い私立へやったって、その実利がない、と判断したようだ。
第一に、今のご時世、親が安定した職についていなければ、子供の学費を払い続けることに不安がある。
第二に、私学に行かせたからといって、希望の大学に入れるとは限らない。
第三に、首尾よく、当該大学に滑り込んだとしても、就職がない。つまりは、元の木阿弥である。
だったら、最初から無理したくない。させたくない。できない。
普通の公立に言って普通に卒業すればよしとする。それで、後々、就職があれば幸せ、なければ、どこなりと探すだけである。
たとえ、三流四流と呼ばれる大学でも、きちんと生活ができて、本人なりの自負と幸せとがあれば、十分どころか立派な職業人である。そう観念するのが、大人である。

勉強や進学も就職も、子供本人が本気にならなければ、競争に勝てない。もちろん、初めに競争から降りる手もある
学校も同じことで、本人次第である。
私立もだめ、公立もだめ。そう考えるなら、結局は、どこでもいいのである。