ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

甘える大学図書館。文庫本をスタバで読むのがカッコいい。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

大学図書館のロビーに、年に数回、棚が設置せられ、「ご自由にお持ちかえりください」の札とともに、本が数十冊並ぶ。
本好きの学生なら、喜んで持ち帰ってよさそうなものだが、一向に減らない。やがて一週間もすると、棚は撤去された。

棚卸というのかどうかは知らないが、他の大学図書館でも、これに似たことをやっている。担当者に聞いてみると、本を持ち帰る学生がほとんどいないそうである。
駄本ばかりではない。良い本もある。版が古いだけで、高価な本もある。
なぜ持ち帰らないのだろう。


ブックオフとかの大手の古本屋チェーンにはいつも人がいっぱいである。繁盛しているように思える。売る人も多いが買う人も多い。
そこの仕入れ担当が言うには、箱本は価値がない、売れないのだそうである。むしろ安っぽい文庫や新書の方がいい。
現代人は、本が場所を占めることを嫌がる。部屋が狭い。大型の本は、読むのに机が要る。そんなもの置く場所がない。寝転がって読む、または電車で読む、歩きながら読む。
恰好をつけて、コーヒー屋で飲む。ドトールよりもスタバがおしゃれ、なんだそうである。あの狭いテーブルで読むには、なるほど文庫サイズがいい。週刊誌の薄さがいい。第一、あんなところで、箱本を読むなんて、ダサい。

スマホで読むなら、漫画か、ブログか、ヤフーの類の短いニュース記事である。ラインである、フェイスブックである、ツイッターである。
小さな画面では、大量のテキストなんて読み続けることができないだろう。
かといって、薄いノートパソコンやパッド型のモバイルPCなら、大部の本を読むことができるだろうか。できないだろう。

しかし、読むことよりも書くことから考えると、デジタルの方が、よほどいい。
各個人が、自分の意見を簡単に公にする手段は、かつてなかった。ネットならば、日本語の制約があるにしても、瞬時に世界を結ぶことができる。

海外赴任は、当人にとって誇りでもあり金銭的有利さもあったが、開発途上国に行くには、残された家族に不安があった。
今ではこれは、格段に減少している。ネットで瞬時である。手軽に画面と音声とで対面できる。顔色だって、体調だって、即座にわかる。なんというお気楽さだろう。
距離は離れていても、状態把握は、隣の部屋にいるのと変わりはない。

本は、紙で読んでいる頃は、無駄が多かった。内容も分からずに、駄本を買い集めたこともある。ネットのおかげで、然るべき筋の評価も、数ページではあるが原文までも、あらかじめ読むことができる。
購入の失敗が減った。ネット様様である。
ネットの効用は、紙の本よりも電子媒体を利用する傾きになるだろう。目の良い学生なら、なおさらである。

しかし、紙本には、紙本の良さがある。デジタルではなく、書籍という物体として残る方が、確実な気がするからだ。
図書館で実際に手に取って、ページを繰るにはそれなりの理由があるし、いかにも読んだ気がするのも、紙本である。
とはいっても、モノ書籍は、置き場所や金がかかる。いったいどうすればいいか。
つまり、勉強を、しなければいいのである。こういうふうに、学生が考えることも自然である。大部の本に挑んで、落ち着いて学習できる環境がないのである。

図書館では、なるほど、多くの学生が熱心に勉強している。ところが彼らは、ここでしか、勉強しない。物理的にできない。
にもかかわらず、今でも、大学は、物的人的な図書館運営サービスがお粗末であるにもかかわらず、学生や保護者に甘えているようなところがある。たとえば、目白の某大学なんて、たるみ切っている。所用で行くたびに、G大学図書館の施設並びに関係者の不親切不手際いい加減な対応には、怒りすら感じる。
あれでは学生が離れるだろう。新宿のW大図書館は、その点、よほどましである。

大学は図書館に尽きる。教員がアレなのだから、せめて、図書館サービスなりと、充実させて、一畳一間の貧乏学生にも、学校の図書館にさえ行けば、冷暖房完備でいつでも何時間でも、落ち着いて勉強ができる環境を提供せよ。
現に、都内でも、地方でも、そんな大学がいくつもある。学生に、できるだけの便宜をすることが、高い授業料をふんだくっている「営利団体」の、せめてもの償いではないのか。