ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

NHK等マスコミ関係者の教養のなさ、問題意識の薄さ、自己欺瞞、軽率、痴呆の理由は、まさか、学校教育にあるのか?

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

常々疑問に思うことがある。
日本のマスコミ関係者の、度を越した無教養、意気地なし、無節操、無定見、ひとりよがりの傲慢は、いったい、どこから生まれるのだろうか。

私たちは、ネットや他の媒体を通じて、世界のマスコミを目にすることができる。
公開情報には真実が少ない、虚偽がある、操作されている、という意識を持つのは当然ではあるが、すべての公開情報が嘘ではない。
そんなことは不可能である。逆に、公開情報は、事実であることが多い、と仮定するほうが、「事実」にかなっているのではないか。

さて、そんな公開情報は、いわゆるマスコミ人を通じて、マスコミ媒体に出る。
だから、私たちは、世界中の、それがたとえ一部であるにしても、お約束の虚偽や誘導が含まれているにしても、マスコミ人の仕事ぶりと「成果」とを、目にすることができる。
彼らの応答、単語選択、顔、声調子、構成、実績のようなものですら、各家庭で、各種情報機器、書籍雑誌の類から判断できる。
ある種の利益のようなものを得ることができる。

しかし、しかしである。
諸外国に比して、日本のマスコミ人の、判断力や情報収集力や知性の不足、そのあまりの能天気、遊び半分、お調子者、不勉強、不誠実、いい加減、阿呆さ、痴呆顔、意味のないプライドと傲慢、高給を得て楽チン仕事で充満した雰囲気、それらを日々常に見ることができる。

これはいったい、どういうことなのだろう。

一例を示せば、外国人の特定分野の専門家に、日本人の「マスコミ人」が対応したとしようか。
ここに書くのも、くだくだしくて恥ずかしいから、書かないが、かかる輩どもの不勉強無教養ぶりに驚かない外国人はいないと思う。一応、外交辞令で、受け答えのようなものはする。取材らしきものを終えて、双方、にっこり笑って別れる。
収録成功のように日本のマスコミ人は思う。それはそうだろう。自らの痴態醜態に、自分では気づかないものだ。

しかし、しかしである。当該外国人の脳に、日本マスコミ人への侮蔑は永遠に刻まれるだろう。
日本のすべてのマスコミ関係者は、薄笑いするだけのサルである。不勉強で、不見識、ジャーナリズムの何であるかのその千分の一歩にも達していない馬鹿さぶりに、呆れるどころか、もはや怒りすら覚えるのである。

だから、日本人は、永遠に、外国ジャーナリズムから馬鹿にされる。アメリカ人にすら馬鹿にされる。英国は言うに及ばず、イスラエル、フランス、ドイツ、ロシア、シナ人その他、種々の国家国民から、日本人は馬鹿にされ続けるのである。
日本のマスコミ人の駄目さ加減が、日本人全体の評価になってしまうのである。

さて、教育批評の中身はこれからである。
かくなるマスコミ人をつくりあげたのは、日本の学校教育ではなかろうか。
小中高大学の類のすべてに罪がある。中でも、もっとも重罪は、初等教育ではないか。たぶんそうだろう、そうに違いない。
理由は書かない、書きたくない。
各々自分で考えてくれ。