ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

パンツを、はいていただけませんでしょうか。教員は素晴らしくローコストで、ハイリターン。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

公営の温水プールで、こんなことを見た。

日曜日の午後、プールの更衣室に、小学校高学年の男の子とその父親とが入ってきた。空いたロッカーは、少なかった。
子供は、気が急いている。着替えるのが早い。父親は、壁ひとつ隔てた反対側のロッカーを見つけたらしい。そして、驚くなかれ、こう言った。
「あとから言って悪いけど、こっちのロッカーに入れないかい」。
息子は、ふん、とうなずいて、シャツとズボンとを持って、移っていった。

これを、気がきいて優しく、よい父親というのだろうか。子供を大切に育てていることになるのだろうか。

「こちらのロッカーに入れなさい」の一言で十分である。
遠慮がちの猫なで声で、わが子にへり下るのなら、いっそのこと、お着替えをお持ちしましょうか、お足をお入れください、などと言え。海水パンツを抱えて、子供の前に跪けばよかろうに。


不気味に物分かりのよい、怪しげな親が増えている。
自家用車で、王子様よろしくプールにご案内し、軽くリフレッシュしていただき、帰りには、レストラン(ホテルのダイニングルームなら、なおよい)でご夕食。
50インチの液晶テレビに、新型iPadにiフォン、パソコン、ゲーム機、モトバイク、金で買えるものなら何でも買って差し上げる。
今風親父は、子供のためならば、金に糸目をつけません。勉強してくださってるのだもの、何でも買って差し上げる。

こうなりゃ、とことんやらせていただきます。雨でも降れば、お風邪を召されたら大変だ、お車で学校までお送りし、帰りは下校時間の十分前には校門前までお迎えだぁ。
家にご到着されたなら、軽食(春摘みダージリンに添加物なしのクッキー)とデザート(お好きなメロンか、マスカット)をとりあえず召し上がっていただき、そのまま塾までひと走り。塾が終わるまで、パパは煙草でもやって、車で待たせていただきます。

お疲れ様。

とはいえ、家族力動は外から、うかがい知れないものである。
甘やかしのように見えても、その実、うまくいっている場合もあり、いわゆる躾の行き届いた子供であっても、案外に、でたらめなことになったりもするので、これもまた、個人の事情である。