ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

不登校の原因は、いじめを放置する教員にある。子供の甘えにある。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

不登校という現象は、かつてあったし、今もあるし、これからもあるだろう。
不登校の子供がいた場合(学生の場合は、これは怠学と判断される。すでに18歳過ぎである。自分で責任をとるがいい)、以前までは妙に学校が恐縮して、さも申し訳なさそうな態度をとった。

事実として、中学校では、学校側にも責任があることが多かった。教員の指導によって、多くの不登校は防げたはずである。
教員は、学級内でのいじめを、見て見ぬふりをした。
授業妨害された腹いせに、子供を憎んで、ついでに、学級全体の子供までも憎むようになった。生徒の問題行動に対処するほどの教育技術を、十分に持ってはいなかった。
一方、小学校の場合は、教員や大人が優しすぎる、子供の世話を焼きすぎることが多かった。

不登校の原因は、いじめ以外には、子供にとって家庭の方が学校よりも安楽であることだ。嫌いな勉強をしなくてすむ。漫画やネットに没頭できる。
不登校は長らく子供の不勉強の免罪符だったが、近年、若干不利になってきた。不登校の子供の甘えを、世間が許してくれれば、子供は天国である。世間が甘えを許さなくなると、不登校の子には、厳しい環境となる。

甘えを許すことができるのは、許す側の大人なり同級生なりに、やはり甘い環境が必要である。
「自分に厳しく他人に優しく」は、理想としてはご立派だが、現実離れをしている。
自分の環境が楽であるから、自分の甘さが世間から許されているから、不登校の子供に甘くできる。
世間の景気が悪くなると、気持ちの余裕がなくなってくる。
万事、「自己責任」が当たり前になる。
自分の腹が減っていては、他人の腹まで気が回らない。自分の腹が満ちてはじめて、他人の腹に気を回すことができる。

もはや学校に行きたくないのなら、それもよし。その結果、どうなるかは自分の身をもって体験するといい。
学校ばかりが世間ではない。
不登校のどこが悪い。行きたくないから行かないんだ」と叫んでみたらいい。そして後で後悔するなら、するがいい。
それを他人のせいにする。行きたくても行けないんだ、とくる。
嘘である。怠け心で、行きたくないだけである。もっともらしい理屈をつけて、被害者ぶっても、無駄である。
本音は、教員もお見通しである。いや、子供の周りのだれもが知っていて、大目に見ているのである。大目に見すぎると、子供自身が本気で被害者だと信じかねない。注意が必要である。

不登校児は不登校の道を選択した。それもまた人生である。学校職員や学級の子供が、不登校児の家の前まで行って、「お願い」して学校へ来ていただくような時代は、もう二度と来ないだろう。

さて、上記は、学校や教員が十分な受け入れ態勢があり、かつ学級や学年運営がうまくいっている場合である。教員に相当の指導力があることが前提である。
それがないのならば、ぺこぺこして反省しつつ教員自ら、指導力をつける他はない。

力のない教員は多いが、そのために不登校になることは、まずない。逆に教員が不登校になるだろう。
むしろ、教員の指導力不足で学級の子供全体をコントロールすることができない。学級が無法状態となり、子供のいじめが蔓延し、いじめられた当人が不登校になることがある。これが、一番問題である。

不登校も、ある種の療養である。必要な時もあるだろう。しかし、後々後悔することになるかもしれない。
もっとも、後悔と反省とは人の常である。我事において後悔せず、なんて、誰でもが武蔵であるわけがない。

あの時、こうすればよかった、ああすればよかった、と反省をし、後悔することは多い。
食堂で下手に注文して、料理が出た後、がっかりするくらいは、なんでもないが、人生を選択する場面での判断ならば、穏やかではない。

私たち日本国民は、一応、民主主義社会に暮らしている。

勉強だけが人生でない、という。それはそうだが、勉強以外のことで、差ができてしまう社会は、不幸である。身分の差があり、生まれや育ち、時の政府や独裁者に忠誠を尽くすかどうで人生が変わる。
それに比べれば、個人の勉強で、人生が多少とも変わる現在の日本社会は、平等で公平と言えるだろう。

私たち大人は、子供時代に戻れない。戻ることができたなら、やはり勉強しないだろうか。それとも、今度は心を入れ替えて勉強するだろうか。
たぶん、勉強するだろう。


大人は、10代の頃の勉強の価値を痛いほど知っている。原因と結果との因果律の一端を、体験として知っている。子供がうかがい知ることのできない世界である。
だから、親は、なけなしの金をはたいても、我が子には、しっかり勉強させようとする。涙なくしては語れない。

だが、親の期待ほどには、到底、子は勉強しない。仕方がないことである。
勉強しない子は、勉強をしないことを選択したのである。その結果を、一生背負うて生きる。勉強する子もそうである。どちらが良いか悪いか、他人が判断することではない。それは当人にすら判断できないこともある。運という大きな歯車があるだけなのだろう。
合掌。