ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

死ぬまで医者は医者。雇われ校長も、失敗策。 堂々巡りで、子供を迷わせる教育現場。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


近頃の校長は変わっている。
校内で、教職員が「校長」と呼ぶと、怒り出す。「○○校長先生」と呼ばないと機嫌が悪い。教頭も以下同文で、同僚教員が「○○教頭」と呼ぶと、ぷいと横を向く。
「○○教頭先生」と言ってやらないと、気分を害するようなのである。
これはまた不思議なことではあるまいか。

以前はそうではなかった。
地域から信頼され、教員が教師としての威厳があった(あるような雰囲気があった )頃は、校内では「校長さん」、または「××校長」「○○教頭」で通用した。それで目くじら立てることではなかった。
どういうわけか、今では、校長や教頭は、妙に繊細で神経質なのである。

原因は要するに、自信喪失である。
誰からも尊敬も信頼もされてない(ごくまれな例外あり)。顔見せパンダが校長で、パンダのご機嫌取りが教頭である。せめて、同じ校内の教職員には、「校長先生」だの「教頭先生」だのと呼ばせて、「アイデンテテイ」を確認したいのだろう。
げに浅ましいが、それが人間である。目くじらを立てるには及ばない。

教員は、今でも子供や親からは、表向きは、「何何先生」と呼ばれている。それは当然である。なんと言っても学問を直接に教えてくださる師匠である。この人たち以外に「先生」がいるであろうか。いるわけがない。
だから、学級担任が「何々先生」と子や親や同僚教員から呼ばれるのは当然である。

しかし、校長や教頭はここには含まれない。直接子供を教えない者は、「先生」ではない。この区別は、しなければならない。
対外的に学校の「代表」のようなものであっても、直接の子供の先生ではない。学校事務手続き上の管理者に過ぎない。
実質的に教員を指導できる経験や学識のある「校長」など、滅多にいるものではない。無理な相談である。

親も、校長のことを、教員の悪口や陰口を受け止めさせる相手としてくらいにしか考えてはいない。
このあたりを間違わないようにしないと、また不幸な「○○校長先生」を作り出すので、老婆心ながら言っておく。

ところで、学校という団体・事業所が、対外的に一元的であることも必要だから、校長は雇われている。だから、細々と民間からの校長採用も行なわれるようになった(無論、そのほとんどは失敗した)。
外部からの雇われ校長は、勘違い人種が多いので、失敗する。といって、校長が必ず教員上がりである必要はない。
むしろ教員経験者でない方がよい場合もある。しかし、いかにも、人材不足である。


教員は採用されてから、退職のその日まで教員であるべきだ。医者は死ぬまで医者だろう。教員も死ぬまで教員である。
教員は、一人の現場教員として、その職責を全うすることによって、実力の向上や技量の円熟があるのではないか。それが不満だったり、耐えることができないのなら、辞めればいいのである。

管理者として校長職の範囲をはっきりさせていくならば、学校現場の様々な問題も、少しは、すっきりするのではないか。

ーーー

ということなのだが、少し脱線する。
太古の昔から、子供が学ぶべきこと、教員が教えるべきことは、決まっている。読み書き算盤である。
素直に習得させればいいものを、愚かな流行を無理やり作って、勝手に迷う。
大人が迷うのは、自業自得だから許されても、肝心の子供を迷わせて、どうする気だろう。

元凶は文科省や追随する大学の教育学部関係者。出版社は新規な材料を餌に書籍の売り上げを、教員もどきは原稿代金や講演料を稼ごうと必死になる。

つくづく日本の教育は、おかしい。

国民に根ざした宗教観がないから、こんな有様になる。
ご近所のよしみで付き合いはよくても、外部からのショックに弱い。あたふたと大騒ぎして、簡単に屈服されてしまう。精神の支柱がぐらつく。というより、最初から、支柱がない。

教育は国家の文化伝統を守ればいいのである。日本の古典を読み、算術をし、わかりやすい写生文が書ければいいのである。これを5年続けたら、だれでもそれなりのモノになる。
その後に、「個性」や「可能性」とやらが、もしもあるのなら、出てくるだろう。