ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

Mの先生。人間関係で悩む教員、安っぽい家庭教師。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

どの社会でも、人間関係は難しい。
子供相手の仕事である学校教員も、同僚や委員会筋その他の人間模様の中にある。

学校は、行事等で、多人数が一度に同じことをする。
実際には、「たいしたこと」はないのだが、それを「たいしたこと」と考える人間がいると、大したことになってしまう。
これを「無駄」と言う。

だが、根が真面目な(あるいは真面目だとアピールすることの好きな)人間が多い職場だけに、無駄を無駄と考えることができない。
とことん、やらせていただく、というポーズをとる。
親も子も、教員のそのポーズに慣れてしまって、教員は召使と同列だと考えるようになる。
たまに、「普通」の対応をとるような「普通」の教員が現れると、ぎょっとする。
逆上して、「この野郎、教員のくせして、頭が高いぞ。我々は、児童生徒様、その保護者様だということが、わからんのか」と叫んだりする。
笑止な。

怪訝なのは、ここまで教員は嘲(あざけ)られても、にもかかわらず、馬鹿真面目を押し通すことである。
これは、「立派」ではない、「融通が利かない」のである。


学校では、教員が、ぺこぺこと、はいつくばっている。
学問を教えているのである。教えさせていただいているのではない。受けるべき給金は当然である。優秀な教員にとって、あまりに少ない額である。

仕事の実態は、サービス業だとしても、教員が謙虚すぎると逆効果になる。何より、児童生徒が戸惑うだろう。
先日見た授業でも、教員は、児童生徒に対して、馬鹿丁寧な言葉で話しすぎる。あれでは、子どもが傲慢になる。
「ごめんね」「ありがとう」、あるいは、してくれた、言ってくれた、うなづいてくれた。

子供に勉強していただいている、という気持ちを、教員は持っている。子供が、つけあがる。勉強してやっているんだ、と勘違いしてしまう。

学習塾はもちろんのこと、ピアノに水泳に習字にバレエの習い事、自家用車で父親や母親に送り迎えさせているのだから、勉強なんか、子供にしてみれば、「してやっている」となる。

しかしながら、学校の授業中、教員は子供にお願いする立場なのかどうか。

見苦しいほど、へりくだるのは、教員自身が、授業力や知識教養に、自信がないからだろう。だとしたら、努力して学び続けて、乗り越えるしかない。

教員は、気が細かく、頭が固く、面白みのない人間が多い。
この連中に囲まれていると、息が詰まる、またはうんざりする、と某氏が述懐していた。


教員よ、びくつかずに開き直れ。
親やその子供を変えるのは、教員しかない。もちろん彼らの能力や生き方を、変えてやる必要なんかない、大きなお世話だろう。
第一、それを変える力が、教員にあるとも思えない。
ここで言う「変える」とは、児童生徒の学校内での行動についてのみ、変えることが可能だと言っている。
学校外のことは親の領分だろう。
ご立派な「保護者様」であるならば、自分の「お子様」には、さぞかし、きちんと躾をしていることだろうから。

校内では、教員は、度胸と学力とをもって、自信にあふれて授業を進めてほしい。それ以外は、雑事であり、無駄と心得て、笑い飛ばすくらいの余裕がほしい。

さて、

教育はもともと、私的なものでした。
家庭に代わって、国が、専業の教員を雇って、何十人かの子供を集めて、一定の場所で一定の時間、教えるようになったことが、学校の始まりです。
つまり、教員は家庭教師の格安バージョンです。

学校の先生は、親や子供が、自分で選んだのではありません。あてがい扶持です。
親は、百人が百人好き勝手なことを言えます。要求や攻撃、中傷誹謗、憤懣憤激、自由自在です。まあ、これも仕方がありません。いわれて当然のことも多々あります。お互い様です。

しかし、そうであるなら、あんまり公教育へたくさん要求するのもいかがでしょうか。百円の雑貨に、高級ブランド品と同じような品質を求めるようなものです。
確かに、それは両方とも赤いサンダルです。でも、一つは百円、もう一つは7万円です。一緒くたにはできません。

画一化と効率化を狙って作られたものと、各家庭の私的なものとを、大きな違いがあるのに、前者に過大な期待をかけるのは、無謀というより、わがままであり、よくばりなことです。

学校教育では、できること、あるいはやるべきことをはっきりさせ、それをしっかりと行えばいい。というより、それしか出来ないはずで、無用に大きなことに手を出すと、自分で自分の首を絞めることになるでしょう。

余計なこと、無駄なこと、できそうもないことなどは、最初から手を出してほしくないですね。他人の子供を勝手にいじるな、と言いたい。
どうせ、とことん、いじれるわけもありません。なんと言って
も、子供を育てるのは、親ですから。教員ごときに、それだけの知見と経験とはありません。

公立学校ごときが、「生きる力」だって? 
何様のつもりでしょうか。礼拝でもするのでしょうか。イラクやシリアや北朝鮮にキャンプを張って、野外学習活動や総合学習に、取り組む気でしょうか。

文科省は、「開かれた学校」だの、「安心安全自信」だの、よくもまあ、あとからあとから、無意味で空虚なキャッチコピーを考え付くものです。

学校は読み書きそろばんをしていればよろしい。それ以外は大きなお世話です。第一、それ以外に何かができるような実力と環境とを持っているのでしょうか。
ないくせに、いきがってみせる。

読み書き算盤すらも、決して満足の行くところまで教え込むことはできません。子供の状態と教員の実力とを考え合わせれば、すぐわかることです。
にもかかわらず、文科省と学校は、まだ余計なことを、子供たちに、あれこれやらせようとします。
つくづく困った人たちです。