ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

大学は、教員を食わせるための遊園地。入園料は親の涙か。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教科書には、ほとんど無難なことが書いていある。だからそのまま右から左に伝えても、まず間違いは起こらない。
義務教育期の小中学校の教員は、教科書通りに教えることが常識となっている。

高校では、事情が複雑で、簡単に言えない。
高校では授業構造が短期間で変化することがある。
文科省にも各学校にも、明確な経営戦略がない。各学校ごとに、場当たり的に種々雑多な教育が行われている。
下手な物品販売会社のようなもので、事業拡大のための商品開発や、生き残りをかけた宣伝戦略で、頭が一杯である。
それにしても、高等学校学習指導要領の縛りはある。
めちゃくちゃな大学の指導に比べると、よほど良心的である。

大学では教員の能力不足が深刻で、大学の建前上の目的である授業や研究が円滑に機能していない。
学生がそれに輪をかけて不勉強なので、教員としての必要最低限の力がなくても、大学教員として、「仕事」を続けることができるという不思議な場所でもある。
不勉強な学生と、能力の怪しい教員とのもたれ合いが、日本の大学の特徴である。


さて、小中学校では、教科書通りに教えることが建前である、これはある種の教員にとっては、救いとなり、ある種の教員にとっては苦痛となる。が、ともかくも、教科書は教科書である。無難な事柄が書いてあるに違いない。
ところが、社会科、国語科、歴史教科書、政治公民教科書等になると、明らかに、一部勢力の押しつけや、事柄への判断停止、特定の外国や政党への傾斜、歴史事項の恣意的選択、重要事項の逸脱等、目に余る事例が多い。そのまま教えることに、非常な違和感がある。

教科書を補って教えたり、記述のおかしなところを指摘し、内容について、子供と考え、結論を導いていく。
学習指導要領の枠内で、適切な判断材料を与えたり、討議によって判断力を鍛えていくのは、教員の仕事である。
このような授業を進めることが、すべての教員に可能だろうか。
不可能である。
教員が、知的にも体験的にも、教授力にも、人間的な魅力にも、すべて裏打ちされていないと、難しいだろう。
また、そんな要求は、教員に酷である。
「ただでさえ忙しい」教員に、いちいち注文をするな、ということだろうか。

そうでもない。これしきのことができないで何が教員だろうか。
誰にでもできるわけではない仕事だからこそ、教員は先生と呼ばれるのである。

「仕事内容が難しいから、教科書の棒読みでいい」ことと、「認識し非難し解決する能力を身につけさせる授業が困難であること」とは別問題である。

授業は難しい。したがって、その授業を構成する教員の仕事は難しい。
私は、教員が、もっもっと困難で苦しい仕事になればよいと考えている。

でなければ、ほとんどの大学や一部の高校のようになってしまうだろう。
大学教員たちは、少ない授業時数で暇を持て余し、安逸を貪っている。
学生たちは、将来に希望を持つことができずに、表向き「楽しい学生ごっこ」を演じつつ、不安で希望のない日々を送っている。あるいは、その場しのぎのスマホごっこでチャを濁す。
学生の毎日が真っ暗、とはいくら何でも言わないが、適当に楽しんでいることも認める。しかし、高い授業料なるものに、まったく見合っていない授業風景が多く見受けられるのだ。
これほどの、無駄はない。日本の大学の存在価値はあるのかと、つくづく思う。
大学教員を食わせるために開設している遊園地だから、それはそれでいいのかもしれない。しかし、入園料を払わされる親のことを考えると、涙を禁じえない。

これを極端と言うなら、大学に行って見てくるといい。百聞は一見に如かず、である。