ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

PTAは不要である。無駄なパーティは、カフェでやれ。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

不詳の息子や娘でなくても、子供は叱って育てるのが当たり前なのに、近頃の親はそれをしない。しないばかりか、子どもに阿る(おもねる)、すり寄る、甘やかす、ごまをする。子どもから足蹴にされても、恥ずかしげな苦笑いで、すませる。

教員も、だらしないことは親に似ている。
教育事務所職員(俗にいう教育委員会の勤務者。指導主事等)も、経験不足の青二才が多いから、学校現場の足を引っ張ること往々ある。

教員が万が一、正論を吐き、授業を進めても、理解しない親がいる。分からない親が、教育事務所へ文句を言い、学校長へ文句を言うと、教員はぺしゃんこである。
実際には、ぺしゃんこになる教員は多くない。そうならないように、あらかじめ予防線を張る。親や委員会向きに無難なことをする。知的で険しい道よりも、怠惰で安全な道を選ぶようになる。

これでは、道理の分かる教員も、やる気が失せる。勝手にしろ、と言いかねない。
とうとう、不肖の息子や娘は、誰にも叱られることがなくなって、生理的にのみ成長していく。

自分の子供を叱って育てることができないのなら、それは親ではない。
厳しく授業を進めることができないのなら、それは教員ではない。
「子供」である。


子供といえば、保護者も学校を遊戯場にする。
それがPTAという「ごっこ遊び」である。

ずいぶん変な保護者が多いと聞いた。
朝から、学校に出入りして、PTA会議室とやらで、パソコンをいじったり、なにやら印刷したりして喜んでいる。幼児まで連れてきて、近くのスーパーで買ったサンドイッチを食べ、ジュースを飲んで楽しげである。
子供は退屈で、廊下を走ったり、大声を出したりする。泣き出す赤ン坊までいる。若い母親たちは大笑いで、世間話(韓国ドラマ)に花が咲く。
隣の教室では授業の真っ最中だというのに。

PTAは社交でありパーティである。
教員が、こんなことにつきあわされては、たまったものではない。
だが、子供の親は、みな有権者である。議員にとっては、投票の一瞬だけとはいえ、大切なお客様である。
議員は母親に弱い。したがって、教育委員会も、保護者に弱い。故に、校長はもっと弱く、教員はもっともっと弱虫である。

実際に子どもを教えているのは教員である。一番強くなければならない教員が、実は一番弱いのである。これで誇りを持って、よい教育ができるのだろうか。

断言してもいいが、学校はPTAとの会合なんぞ望んでいない。
今時、流行の学校協力者会議なる雑談会も、地域のガス抜きであり、年寄り達のお楽しみ会の役目を担っている。
いったい、何を「協力」するというのだろう。協力者に名を連ねている人の顔ぶれを見てご覧。なるほど、あれで「地域の実力者」なのだそうだ。一体全体どうな実力だろう。雁首並べて、いかにも嬉しげである。

何が協力だ。大きな世話である。学校は以前からあったし、今もあるし、たぶん、これからもあるだろう。妙な変化があってはならないのである。厳しく学問を教えればいい。イベントごっこはやめておけ。

広告を非表示にする