ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

授業を妨害する子供と自信のない教員。楽しい授業、って素敵だよね。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

学級内で、授業を妨害する生徒がいる。
授業を妨害する生徒は、ほんの一部の生徒である。しかし、その悪質な数パーセントの生徒が、学級の雰囲気を決めてしまうことが多い。

どんな学級であろうとも、効率的な教育活動が行われていないとしたら、責任は教員にある。
しかし、教員に責任があるからといって、学級の問題が解決するわけではない。

分かりやすい解決策は、問題行動をとる生徒に対して、他の生徒の親が、注意や叱責を行なうことである。
当該生徒は、他の多くの生徒の学習権を踏みにじり、安全であるべき学校生活を侵害している。
しかし、犯罪的な行動をとっても、その生徒や親に対して、公教育の教員や行政は、無力である。公立学校は、住民サービスの一環であるとされているから、住民の反感を買うような発言や行動は慎むべきことである。関係者は極めて神経過敏にならざるをえない。

特定生徒への個人的指導は、一歩間違うと、面倒を抱えることになる。できるだけそっとしておく、という状況になりがちだ。
こんな事情を、子供も親も先刻ご承知であるから、ますます増長し、学級内でやりたい放題である。教員が注意をしようものなら唾を吐きかけ、馬鹿にする。胸ぐらつかんで引きずり回す。これが中学生、または小学生の現実だ。    

実際のところ、何か言えるのは、同じ学級の同級生の親しかいない。その親が、直接に、当該生徒と親に対して、圧力を加えなければ状況は変化しない。 いわば憎まれ役を買って出る気持ちがないと、うまくいかない。
地域の教育力とは、何も、語学ボランティアや趣味を生かしたお手伝いばかりではない。子どもの健全な成長のために、他人の子どもの悪を見て見ぬふりをせずに、行動に移すことも必要だろう。

とはいえ、教員は職責がある。給金分の仕事をしなければならないはずだ。
学習態度が滅茶苦茶な児童生徒に対して、教員は、どうすればいいのだろうか。

唐突だが、知性的な授業をすることである。
知性的な授業ならば、子供もそれなりに伸びる。
中学校では、学級担任の影響が学級の生徒全体に及びにくい。A教員の授業ではまともでも、B教員の時はそうではない、ということがよくある。生徒が相手を選んで態度を変えるのである。
だが、教員が誰であっても、授業が知性を高めるものならば、落ち着いた学級は可能なのだ。なぜそうなるのか、と問われても困る。どんな子供にも生来の知的欲求がある、と答えるしかない。
多くの中学校の授業は荒れている。小学校や高校でも、同様の傾向にある。
原因の一端は、教員の力不足にある。授業が知性的ではないのだ。

なぜだろうか。
難関の採用試験をパスして、ようやく現場に就職できた、いわば「力ある」人たちではなかったろうか。

問題は、次の点にある。

一、教科に対する全般的見通しがない。
二、学問への意欲的な迫力がない。
三、つまりは教育哲学がない。
四、日本文化への自信と誇りがない、というより興味がない。そのため、先祖への畏敬の念がなく、命の継続感が薄い。次の日本人の大人になるべき子供に対して、大人として自信を持って処することができない。

特に四番は大切だ。社会主義びいきの左翼的団体の活動教員などは、もっての他である。同和教育も利権が消失した今、流行らないから盾にできない。

私立の、かろうじて規律らしきものが残っている学校は、月謝や退学の脅しもあるが、キリスト教という宗教的バックボーンがじわりと効いているのである。

結局は、私たちは日本人である。日本人が、日本の伝統文化の持続と拡大への意欲と気概がなければ、教育活動に迫力が出るわけがない。