ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

新校舎建設ラッシュ。NHKマスコミの宣伝を鵜呑みにして、時流に迎合する。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供の数は減りつつあるのに、あちらでもこちらでも学校をどんどんつくっている。
学校の数が増えているばかりか、今現在の学校規模を拡大している。
競って、校舎の新築増築、新学部学科の増設である。傍から見ていて、気味が悪い。
どうせ、ろくな教育も研究もできないくせに、痛々しい。肝心の教員が力不足であるし、生徒学生も玉不足である。
どうやって経営していくつもりだろう。例によって、国民の税金をふんだくって、填補してもらう気なのだろう。
コンビニエンスストアの如く、即席店舗ができあがり、集客競争の挙句、潰れてしまったり、生き残ったりで、落ち着くところに落ち着くのだろうか。

学校は減った方がいい。大学に至っては、無駄の極致である。
にも関わらず、野放図に増やしているのは、なんらかの利害があるに違いない。利の源泉は、国民の税金と、庶民のなけなしの貯蓄である。利を得るのは、人口の数パーセント以下の何者かである。

教育は「ビッグビジネス」で、商売人からすれば、これほどおいしい標的はない。
家庭からすれば、
子供の教育はリスクの塊で、最悪の投資先である。しかし、出産育児は人の定めのようなものだから、是非もない。

問題は教育である。
義務教育期間は、法に従うしかない。
しかし、中学卒業後の進路については、国民一人ひとり、などと大げさに言うまでもないことだが、家庭が、つまりは、子供の保護者が、よーく、熟慮しなければならない。

もはや、一斉に並んで歩いて行くような、同質教育時代は終わったのである。みんないっしょ、みんな同じでは、効率が悪すぎる。何より、人間的ではない。奴隷の集団である。または、痴呆の集団である。あるいは巨大遊園地で、運命を甘受するかのように粛々とアトラクションを並んで待つ有象無象の民である。
学校には、価値の残滓すら、ないのかもしれない。

以上は、巨大なクレーンが新校舎を積み上げるのを見て、知人が言ったのである。

あれもこれも、教育政策を、空気だけで決める愚かな文科省や、利を見る大学教関係者マスコミNHKらの有象無象の欲である。
と、こう書くと、何だか、突拍子もないことのようだが、考えても見るがいい。
先の大戦の発端になったのは、結局のところ、新聞の宣伝と、私たち国民の雰囲気、空気である。
日本国民の特徴は、大方の流れに、すぐに迎合する。大局を見ない。のぼせる。そして潰れる。

卑近な例で言えば、オバマが大統領になったとき、関東の某大学を中心に、オバマに夢中になって、新しい時代だとかなんとかで、就任演説を、授業の題目とした。多くの英語教員も同様に熱中し、オバマのテープやテキストが「馬鹿売れ」した。
マイケルサンデルとやらの「講義」の類も、NHKが大宣伝をして、大当たりした。
一時の流行に、目の色を変えるのは、愚かしさを通り越して、浅ましい。

それほど現在に不安ならば、福澤諭吉を読んだらどうか。近代から現代、そして未来へのいくばくかの展望は、福澤全集にちゃんと書いていある。
教育は、自国の文化伝統を教えればいいのである。本を読み、冷静な判断力を養えばいいのである。どうせ明日は、やってくる。