ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

担任教員の当たり外れ、再び。中国共産党幹部は、最優秀らしい。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本人は、以前は中国が好きな人が多かったように思う。だんだん、「嫌い」が増えてきて、近頃は、どうなんだろうか。
ほんの十年ほど前までは、だれもが中国大好きで、中国語講座は花盛りだった。特に教員は中国や北京共産党政権に「愛」の感情を持つ人が多かった。
どういうわけなんだろう、不可思議である。


教員よりももっと、シナ大好き人間は、銀行及び商社マンの諸君である。
彼らのチャイナびいきは、商売相手だから、当然のようだが、その理由がおもしろい。中国人は優秀だ、と言うのだ。特に、中共幹部(中国共産党員の上層部)や企業主が最優秀だ、と言う。

いわゆる「靖国問題」にしても、北京のトップは理解しているが、地方の中堅レベルが、日本憎し、で日本の行動を批判している。北京は本音では日本と仲良くやりたいのだ、とも。

ではチャイナびいきの諸君に問う。
北京のトップがそう考えているのなら、それがすぐに末端に届くのが、共産党独裁政権の取り柄ではないのか。国土の広さや言語民族の多様を理由にしても無駄である。反対者は、例によって、殺すなり、隔離するなりすればいいことである。
居住移転の自由も認めないで、国勢調査も一度もすることもないで、思想信条、信教の自由も認めないで、なおかつ、地方の中堅勢力を、押さえることができないとおっしゃるか。
これまた奇怪な話である。

と、ここまで言うと、けんか腰になるから言わないが、どうにもこうにも、日本人のチャイナびいきは異常である。
話が「中国2千年の歴史」になると、とたんに目が潤んでくる。
何が2千年なものか。革命の度に、前政権を皆殺しにした。そんな殺戮の積み重ねが、チャイナと呼ばれる広大な地域の歴史である。信用しろ、というのが無理である。

さて、中華人民共和国では、今、猛烈な勢いで子ども達が勉強している。それに比べて日本ではどうなのかというのが、ここでの議論なのである。

シナは人口が多い、だから、それなりに優秀な頭脳の人間が多い。その連中が、慾にかられて、わき目も振らずに猛烈に勉強するとどうなるか。

日本は困ったことになる。日本の子供は勉強しない。生活に困らないから、勉強は慾からするのではない、趣味からである。あるいは、就職の準備のためである、つまり、親から言いつけられたからである。
学力競争で、日本人は中国人に負けるだろう。学力だけが、国の資産のような日本で、これは困る。

以上は、某氏の言である。私は、こういう話は、好まない。言っても無駄なことは言わぬが花で、秘するのである。秘して滅ぶのである。
私の話は、もっと卑近である。教員の仕事、特に担任と子供とである。

学級担任と、受け持たれる子供とは、まさに一期一会である。朝、挨拶して終わりじゃない。最低でも一年間、行動をともにするのである。ただ事ではない。
だから、担任教員とのつきあい方は大切だ。親も子も、担任教員も、その立場に応じての「つきあい方」がある。大学教員も同列に考えたかったが、やはり彼らは別物である 。そして別物であることを、大学教員自身が喜んでいる。だから、彼等は教員ではない。あれは趣味人であり、ある種の遊び人である。

保護者の立場からすれば、担任教員は、困った奴らである。自分で選べない。当たり外れがある。運を受け入れるしかない。

しかし、どんな担任であっても、うまく利用するやり方が、ないではない。
できるだけ効率よく担任の力を吸い取って、我が子の糧としたい。ただし、それだけのもの持っている教員に限る。
ほとんどの場合は、担任は我が子にとって悪いことの方が多い。何事も、過ぎれば、よいことしか思い出さないから、あるいはよい方に考えなければ人生がつらくなるから、肯定的に思い出すのである。
しかし、あなたが、かつて過ごしてきた学校生活、その担任のほとんどは、常に「外れ」である。そう思いたくないから、思はないようにしているだけのことである。
当たり教員と外れの差は、エベレスト頂上と、日本海溝の底ぐらいにある。
とすれば、小学校から始まって、中学高校と、担任のほとんどは、その子供にとって害悪の塊である。

こう書くと、驚くだろうか。何を馬鹿な、と怒るだろうか。それには及ばない。
胸に手を当てて、よーく、考えるといい。


以上は冗談である。
人生は偶然の積み重ねだから、あなたにとってこれまでの担任は「当たり」だったのだろう。きっとそうである。おめでとう。