ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

女子学生に手を出して、自殺させても知らんぷり。ごく潰し大学教員の「見立て」。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

小中学校の教員は、子供の発信する兆候を見逃すまいとする自覚がある。高校や大学の教員は、子供の変化に鈍感である。
変化を見抜いて対処することは、教員の仕事の肝要である。

医者でいえば、見立てである。見立てが優れていなければ、一人前とはいえない。
「見立て」とは、診断・予後・治療について専門家が判断した意見の総体のことをいう。患者のサインをうかうかと見逃す医者は、素人である。

子供は、日夜、サインを出しているが、家庭ではその保護者である親が受け止める。親であるならば、受け止めて対処するはずである。

学校では、教員が受け止めなければならない。
子供の出すサインを受け止めて、適切に応答する教員がいるからこその、学校教育であり、教育成果も上がるだろう。
教員が、サインに無頓着であったり、鈍感であったり、見逃したり、受け止め損なったりしたら、子供は失速または停滞、場合によっては墜落する。
これが子供の落ち込み、情緒不安定、病気や不登校、場合によっては自殺につながる。

子供のサインを、いち早くキャッチし、その裏の本音を見抜いて指導する。
正しい見立てができるかどうかが、教員の価値を決める。もっとも、それが仕事なはずであるから、できて当然である。できなければならない。

大学教員はその逆で、見立てるどころか、万事いい加減に対応して、学生を不幸にすることが多い。
子供を突き放すだけならまだしも、女子学生に手を出して、妊娠させ、ついには自殺に追いやっても、知らんぷりである。
20歳過ぎれば、大人だ。互いに一人前の研究者だ、などと大嘘をついて、子供への責任を一切免れた気でいる。
だから、私は、かかる大学教員を「教員の恥知らず」「最下等教員」と考えている。
これは世間一般の、大学教員への評価と、違うだろうが、違って幸いである。

そういえば、大学授業料を無償化するとか騒いでいる。とんでもないことである。タダより高いものはない。
教育がタダであっていいわけがない。有償が当然であるが、何分にも現在の大学授業料は高すぎる。内容に見合った料金にするべきで、だったら、小中高大と、どんどん安くしなければならない。
現在、義務教育どころか、高校までもが限りなくタダに近づいているので、大学までタダにしたら、これはもう、無能な大学教員の思うつぼである。

大学授業料を本当にタダにするでもなし、そのふりをして、他からもっと搾取しようとする、政府のやり方は卑怯以外のなにものでもない。しかし、そんな政府やマスコミに対しても、怒ろうともしないのは、日本人の美質であろうか。たぶんそうだろう。

話があちこちしたが、子供の毎日の状態から、見立てを得ることは、高校や大学でも可能でもあり、必要なのだが、子供の年齢が高いことから、教員は言い逃れをするのである。
発達段階、責任能力、社会経験の蓄積とかなんとか、色々と理屈をつけて、問題を無視する。
高校生だろうが、大学生だろうが、新入社員だろうが、古参だろうが、人は人に対して、見立てを必要とする。まして、教育現場ではなおさらで、見立てを放棄するようでは、そもそも教育ではない。教員ですらない。穀潰しである。