ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

平和教育とは何ぞや。中国人と瓜二つ、アメリカは遠い。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

平和教育というモノが、学校現場で、一時、パンデミック、大量伝染病のように流行った。
平和教育は、「非武装中立」「憲法9条を守れ」「アメリカ軍出て行け」というお題目を唱える。目的は日本の共産化であり、コミンテルンの作戦に従ったのである。
教育関係者は、単細胞で無教養な人が多かった。ナイーブで素朴でお人好しが多かった。東大教員には、特に多かった。
日本の子供を、言葉だけの夢遊病者にして、現実を調査し分析し検討し対処させないようにして、日本のさらなる弱体化を図った。平和教育は、日本人の知性を奪う方策である。

地政学からは、日本は、やがて中華人民共和国に併呑される。これは仕方がない。長い目で見ると、名実ともに、日本が中国の一部になってしまうことは、いくら鈍感な国会議員どもにも、先刻承知、常識ですらある。
中国人になるよりも、アメリカの州として残る方がいいのだが、日本国土は中国から近く、アメリカから遠いし、肌の色も中国人と見分けがつかない。

アメリカは中国と仲良しである。日本はアメリカの財布である限り、アメリカの部下であるが、財布の中身がなくなったら、中国へプレゼントされる。
それを恐れて、日本政府はアメリカべったりの姿勢を崩さない。日本政府とは、日本人の政財界の人々のことで、アメリカの犬である限り、生命財産の保証はあるが、北京政府はアメリカほど甘くはない。中国が乗り込んできたとき、最初に根絶やしにされるのは彼らである。
中国人にとって、漢族こそがエリートで、ヤマトンチューは東夷である。駆逐されるべき対象である。チベットを見よ。
こんなことは、NHK朝日毎日等々日本のマスコミ人には常識であるが、報道をしない。都合の悪いことには、そもそも触れない、起こらない、あり得ないことになっているのが、彼らの建前である。

日本の教育が、物事を根本から考えさせようとせずに、上っ面の豆知識の蓄積を大事にしたがるのは、こういう理由からである。そのためにあるのが、東大を頂点として受験ごっこに明け暮れさせる、現代の入試制度、教育体制である。
もちろん、受験ごっこにも意味がある。大ありである。受験訓練は、よき労働者を作る。アメリカ中国ロシア他の外国人のための、よく働く奴隷を育てる。

以上を極端だと思うなら、思うがいい。

日本が、幾分は奴隷であっても、ともかくも、日本であり続けることを希望するなら、核武装が必要であることも、日本以外では常識である。北朝鮮が力んで突っ張っていることができるのも、核ミサイルがあるからで、幼児でもピストルのトリガーは引ける。殺傷力は大人が撃ったのと変わらない。
核を持ってこその国家であり、均衡である。勢力均衡こそが「平和」の鍵であること、昔も今も変わらない。

以上に納得できなければ、歴史を読んだらどうか。
せっかちな人には、とりあえず、次の二冊である。
トゥキディデス『戦史』
ケネス・ウォルツ『国際政治の理論』