ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

内容のない講演会ばかりである。教員だか芸人だか、職業不明の宣伝人に、賃銭払ってご満悦である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

学校の授業では、子供の発表が頻繁にある。
自分で調べたことを、他の子供の前で発表する。国語や社会科が多い。題目はいくらでもある。
プリントを自作したり、模造紙に大きく図を描いて示したりする。発表のために、調べたり、資料を作ったりする時間が、一番楽しそうである。

発表は、上手な子供とそうでないのとがある。
何かを相手に理解させるわけだから、策略がある。
最初に、題名、大体の内容、発表理由を言う。
主題、要約、研究理由である。これらは、相手のためでもあるが、発表者自身が混乱しないためでもある。自分で何をやっているのかわからない発表もあるから。


講演会などで、講師の名前とともに演題が大きく書かれているのは理由がある。
題目がいつも目に見える形でないと、聴衆はすぐに混乱する。
日本では、何かとあれば、大学教員や評論家と称する暇人が、金をとって講演する。芸人なみの連中ですらそうであるから、教室での子供の発表は、題名を板書またはカードに書いて貼っておく。


大人にせよ、子供にせよ、講演会には工夫がいる。

あごをひいて、聞き手の目をみながら話す。一ヶ所を見つめすぎてもいけない。あらぬ疑いをかけられる。たびたびうつむくと、落ち着かないし、頼りなく感じる。大きめの声で、ゆっくりと話す。

ゆっくり過ぎると間延びするが、早口よりは、ましである。相手は、発表者よりは題目について知らないことが建前だから、噛んで含めるくらいがよい。

図や、実物や、表や、グラフなどの資料を示すと分かりやすくなる。資料の説明は、横に立ってすること。真前では、肝腎の聴衆には見えない。指示棒または光ポインタを使うとよいだろう。
二つのことを同時にすると、せわしい感じになる。話しながら資料を出したりするのは論外である。だまって取出し、何が始まるんだろうかと、ひきつけておいて、やにわに、この表によりますと、などと話し始めるとよい。

ときには、相手に質問して、興味や関心を呼び起こす。聞いただけでは、質問の内容がわからないことがあるので、大きめのカードに書いて、質問内容を相手に見えるようにしてもよい。
発表の最後に、全体のまとめを話す。途中で、小さなまとめを内容の変わり目ごとにする手もあるが、最後のまとめで、必ずだめ押しをする。
それというのも、聴衆は分かっているようで、分かっていないことが多い。話し手の期待する十分の一でも理解してくれたら御の字である。

聴衆は、途中を飛ばして結果だけを欲する傾向がある。まとめをすれば、自分も相手も自分自身に対して納得するのである。分かったような気になるのである。
そうかそうか、こんな話だったんだよな。よくわからなかったけれど、要するに、そういうことだったんだ。

ほとんどの講演会は、こんなものか、それ以下である。


私は、大学の教員に過ぎないものが、芸人気取りで、テレビや講演会や動画等で、力んで愚説を吐くことを、苦々しく思っている。
あれは公娼の顔見世巡業であり、著書と称する語り下ろし本のキャンペーンであり、三流芸人並みの稚拙な芝居のようなものである。
それを、身銭を払って見に行くなんてどうかしている。

誰でもが、時の話題ごときを、簡単にわかったような気分になりたい。口達者な芸人話者に壇上から口説かれて、ご満悦で会場を後にするのである。即席「知識人」、「意識高い系」の出来上がりである。
おめでとう。