ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

At Your Own Risk。校門を閉じておけ。家庭には家庭の、学校には学校の事情がある。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

At Your Own Risk
自分の責任で、自分の判断で、どうぞご勝手に。
ためになる言葉である。
日本の教育に欠けているのはこの精神なのだ。

「自己責任」という言葉が流行ったことがある。
日本以外ではAt Your Own Risk が常識のようだが、おせっかいな日本の公教育は、なんにでも首を突っ込みたがる。ぞっとするほど、子供を甘やかす。ついでにその保護者までも甘やかす。

日本の小学校教員は世界一良質だが、その中身は、児童の面倒見の良さでなのであって、子供の能力を十分に伸ばすことによってではない。

これは、日本の良さでもあり、弱さでもある。

パリにある初等学校で、門の外で生徒が交通事故にあった。窓から見ていた教員は誰一人席を立たなかったという。
門の中に入るまでは他人である。学校とは無関係である。
その境目は明確である。責任の範囲がはっきりしている。
学校の責任は、校内のみで、始業時から下校時間までである。それ以外は子供自身の責任で生活せよ。

日本もそうなるべきなのか。

その通り。そうなるべきである。そうでなければならないのである。
でなければ、何時までも、余計かつ無駄なことに学校教員が関わり、その揚げ句、肝心の教育活動は今以上に愚かなものになるだろう。



どんなに難しい事態になっても、必ずいくつかの処方箋は見つかる。その処方箋を間違わなければ乗り切ることができる。
とはいえ、理屈では分かっていても、実際には、なかなか難しい。
子供の学校生活は、保護者の精神の安定が影響する。

家庭の問題は、子供を通じて教室に持ち込まれることがある。気持ちにも生活にも落ち着かない家庭の子供は、行動に悪い影響が出る。大人も同じである。
学校のことは学校に、家庭でのことは家庭に、責任がある。その分別を持っていないと、各々の立場があやふやになる。

子供の家庭の問題に、首を突っ込みたがる教員が増えた時期があった。テレビの通俗番組の影響である。
学校に、婦人会よろしく、出たがる親も増えた。暇な主婦が増えたのである。

これは喜ぶべきか、悲しむべきか。
教員の守備範囲は、学校内に限る。教員が、子供の家庭生活を云々する義務もなければ、権利もない。

いわゆる熱血派の教員は、自己陶酔の癖がある。
子供の家庭生活に教員が関わって、涙あり笑いありのドラマを展開するのは、俗悪テレビ番組だけでいい。現実には望ましくないことだ。

家庭には、家庭の事情がある。教員が、独りよがりの正義派ぶって、自己満足にひたり、子供の生活に立ち入るのは、失礼でもあり、僭越である。

開かれた学校という一見調子のよい流行語に、危惧を感じる。冷蔵庫のドアであるまいに。

地域の住民が、少年野球やバレーボールの指導をしたり、学校のグランドでソフトボールやサッカーに興じたりすることは、それはそれでよい。しかし、それ以上の何ものでもないことは知っておいたほうがいいだろう。

学校の門は、子供の下校までは、固く閉じている方がよいのである。