ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

出張の無駄。大学付属学校の人気と、つまらない研究会。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本には、大学が必要以上にありすぎる。各大学は、一つ一つ、商店であって、税金から膨大な金を配分されて、楽勝の日々である。こんな商売は、見たことがない。
それにしても、商店には人気不人気があるはずなのに、そのオマケである、大学付属の高校、中、小学校は、どこの商店でも、人気がある。
それというのも、私立大学の付属校は、A大学の付属ならば、原則として、A大学に入ることができる。早めの入学保証である。
国立大の付属校は、露骨に大学入学保証ができない代わりに、知名度がある。学費が安い。教員の実力が怪しくても、学級は勉強熱心な子供がほとんどだから、親は安心して、我が子を通学させた。

さて、国立大学付属校では、年に数回、研究会と称する「集い」を行う。小学部は、よくする。
都道府県には、それなりの予算があるから、研修出張という名目で、せっせと、教員が出かけていくが、あれは、いかがなものであろうか。

止めろとは、言わない。業種は違っても、研修出張は、企業・官公庁のほとんどでやっている。予算の消化、気分転換、裏の目的も大きいから、出張をなくすと、各方面に影響が出てしまう。

府議員等が、外交や視察という名目で、外国へ物見遊山に行くのも、一種の出張であるし、実務者レベルの交渉と称して、中堅職員があらかじめ遊びに行くのも、同じことである。蠅のようにくっついていく、マスコミの記者連中も仕事名目だが、遊びである。
とにかく、通常の仕事現場を離れて、どこかに出かけていけば、それは出張である。
何事も、無駄が必要ということだろう。

出張するのと、出張せずに現場にいたときと、どちらが快適かといえば、よほどのことでない限り、出張の方が楽である。出張が辛いというのは、よほど、普段の職場が楽すぎるのではないか。

付属校の研究会は、付属学校が存在することの世間へのアピールであるから、やりたがるのは、わからないでもない。
しかし、効果のほどは、はなはだ怪しい。あれは、付属校と都道府県教委との、互いの了解のもとの談合のようなものではないか。
公開授業に慣れている役者みたいな子供を使って、授業らしきものをして、あとで和気藹々おしゃべりし合う。これを「協議会」と称する。

これは、もうそろそろ止めないか。時間と金の無駄である。
うっちゃっておいて、付属学校そのものを、滅びるにまかせたほうがよくないか。


さて、ある教員が言うことには。

某研究会に出た。
研究発表とは、なんとつまらないものであろうか。
何のために、何を、どのようにしたら、どうなった、これだけのことを、かいつまんで言えばよいものを、言わない。研究というほどの研究でないからだろう、発表者も聴衆もそれを承知で、熱心である。

唐突だが、アメリカの警察映画が面白い。
事件が起こるたびに、警察内部に、「報告書」ということばが頻出する。警官が、実にこまめに、詳細な報告書を書いている。第三者に何事かを説明するために、文章を書くことが、よく訓練されている。それが、負担でもないらしいのである。
先日も、FBI職員の活劇ものを見た。女主人公は、毎晩、自分の部屋で、その日の出来事、問題点、推理等をコンピューターに打ち込む。徐々に事件の全貌が現れる、といったほどの筋であるが、上司が主人公に「報告書を出せ」と催促する場面が、何度か出てくる。

言葉の重みが、日本語と英語とでは、若干違う。
日本語は、単語に多くの荷物を背負わせる。英語では、単語の積み荷は、林檎なら、林檎で充満し内包した意味が少ない。ひとつの篭に蜜柑や葡萄や西瓜を詰め込まない。
日本語の単語は広がりやすく、英文は狭まりやすい。原因は、漢字かな混じり文だからである。

敗戦後、志賀直哉は、日本語をやめて、すべてフランス語にしたらよかろう、と書いた。あれなども負け戦のショックや、耄碌したからではない。長年、文章で苦労してきたその挙げ句の発言であったのだろう。
日本語を他の言語に変えなんて、論外だが、日本語の抱える難しい問題は、今も解決していない。

漢字の持つ意味の幅が広いことは、単語を選ぶ苦労を少なくする。曖昧でも許される。
まんざら悪いことでもないだろうが、事柄を表現するのに、「ことば」への甘えが出てくる。しかも、日本は世界でもめずらしい単一民族国家である。日本中、どこに行っても日本語が通じる。簡単に通じるから、言葉を厳密に扱わなくなる。
どうせ、同じ日本人だ、わかってくれよ、というわけである。言葉によって、そして言葉によってのみ、考えや気持ちを伝え合わなければならない他国と、大きな違いである。

英語は、現在の世界共通語である。単語の内包する意味が、浅く単純である。
漢字の持つ、意味の多様さと奥行の深さは、今後も、決して日本語を世界共通語にしないだろう。
それは、日本人にとって、喜ばしいことなのか、悲しむべきことなのか。


国大付属校の研究発表会で、虚しい言葉の羅列を聞きながら、思ったのである。