ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

道徳という名の、おちゃらけ。道徳は「日本国史」以外にはない。 お粗末な教員の製造。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

過日、某小学校の道徳の授業を参観した。ジョバンニだかトルネードだかしらないが、外国の低劣な短編を読ませて、粗筋を言い合うような、嫌な授業だった。
道徳なら、道徳らしい「教材」を使うがいいだろう。

教材は、日本の歴史である。
国史には、人の道の教訓が満ち満ちている。
これこそが、道徳という名の「授業」で使用するべき教材である。それ以外にはない。

道徳は常識だ、というよりもむしろ、これは教養なのである。読書で培われるべき教養である。


実際の道徳の「教科書」はお粗末を通り越して、お笑いである。
小学校や中学校の「道徳」の教科書に目を通せば、教科書作成者たちに、道徳の「教養」の、一片だにないことが、わかるだろう。
あれは、道徳では、断じてない。
自信のない大人たちの、雑文の寄せ集めである。または、「近隣諸国」に、おどおどと遠慮した「ごますり文の集積」である。
これを、「おちゃらけ」という。


ついでに言えば、大人は、子供が毎日せっせと勉強して当然だ、と考えるが、子供の方は、遊んで当たり前だと思っている。
子供の分際で生意気だ、身の程知らずだと、子供に向かって注意する大人がいなくなったためである。
せいぜいそれに近いことを子供に向かって言えるのは、学習塾の有名講師くらいのものである。

公立学校の教員は、ずいぶん変わった。びくびく、おどおどするようになった。
それもそのはずで、子供や親や地域の住人から、四六時中「評価」される。その結果によっては、減給や配置換え、馘首もあり得ると、脅された。
学校内でも油断できない。自己評価、他者評価、第一次評定、第二次評定と、評価されっぱなしである。
これでは元気も出ないだろう。

教員は、もっと大切に扱うべき代物である。表向きだけでも良い、それなりの対応をしないと、ろくなことにならない。
教員への、粗末な対応は、結局、子供のためにならず、日本のためにならない。諸外国が、にんまりするだけである。

日本の人材の衰退は、外国の利益になる。限りある資源の取り合いは不可避である。
日本がこれからも安全で豊かな国であり続けるためには、意外なことかもしれないが、世間が教員を「大切にする」ことが、大切なのである。

あれもこれも、道徳教育の不在が原因であると思うが、如何か。