ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

英会話は無駄である。英語を選択制にして、日本語を徹底せよ

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

日本人の英語力が低いというが、統計など持ち出さなくたって、我が身を振り返れば、すぐわかる。
嫌々とはいえ、十年以上も学校で英語を学んできたはずなのに、会話はおろか、手紙はおろか、簡単な英語雑誌ひとつ、スラスラ読むことができない。
それもそのはずで、中途半端な水で薄めたような英語授業らしきものを、小出しに習ってきただけなので、すぐに忘れる。

学習には集中が必要である。短期間にひとつのことに没頭して、それで初めて、ものになるなら、ものになるだろう。

例えば社交ダンス。

あれなども、受講者を講座につなぎとめるために、主催者側が、わざと習得を困難にしているとしか思えない。
週一回わずか一時間のレッスン中に、ワルツ・ルンバ・タンゴ・サルサ・チャチャチャなどを数分間ずつ押し込める。

習うほうは何がなんだかわからない。かろうじてその中のいくつかのステップを、ほんの少し理解したような気になっても、次の週にはまったく忘れている。
またもや最初から出直しである。こうして、受講者は何期分も月謝を払う羽目になるのだが、それでも、ダンスの腕が上がった人を知らない。

英語教育も同じことで、薄めた内容をだらだら続けているために、全然、身につかないのだ。
「英会話の時間」だなんて、幼児のような片言を、授業で中学生に言わせている。子供たちも、馬鹿馬鹿しくってやる気も出ない。「ですいず ぶっく、ひいいず もんき」なんて、教員を指差して廊下で笑っている。

日本人の英会話礼賛も、いい加減にしたらどうだろう。
義務教育では、文法、読解、作文を、集中して鍛えればいい。そうすれば、子供も少しはやる気が出る。少しはそれらしい「英語力」がつくだろう。
彼らは、愚かな「猿」ではない。

そういえば、かつてウタダヒカルとかいう歌い手が人気があった。
日本語の語感を無視した意味不明な歌詞とメロディとで、話題になった。
当時から、正しい日本語のアクセントではない、歌詞がよく聞き取れない、などの批判があった。
先ほど、久しぶりに古いCDを引っ張り出して聞いてみたが、思ったほど悪くない。音として聞くには、結構である。
今の歌芸人は、日本語の歌詞や発音が、ますますひどいことになっているので、ウタダの方が、むしろ聞きやすいと感じるぐらいである。
英語のように耳に依存する言葉と、日本語のように目に依存する言葉との違いを、本人が十分意識していなかったこともあるのだろう。ウタダは、自分の歌詞や発音を、悪いとは思っていなかったのかもしれない(マライヤ・キャリーの物真似)。


話を元に戻すと、テレビやラジオに出てくる話し手の発音と日本語の使い方とが、あまりに汚い。
英語どころではない、日本語の使い方を学ばなければならない。
発音が悪いところに持ってきて、話の内容が曖昧模糊としており、また一文一文が意味をなしていない。そのくせ、妙に以心伝心を期待するような阿(おもね)りがある。

テレビラジオは、国語の敵である。
即刻、子供と教員とは、テレビ・ラジオを視聴するのを止めた方がよい。テレビなんぞを見るより、日本語の名文を朗読させ、古文に親しませた方が良いに決まっている。

テレビにラジオに新聞その他は、柄にもなくインテリぶっても、どうせ本音は、安物のエンターテイメントである。
娯楽が悪いとは言わない。娯楽、大いに結構である。
だが、マスコミ(特に新聞)は、自分を娯楽だとは思っていない。
よりによって「真実」の「求道者」だとか、「民意の先導者」だとか、勝手に勘違いしている。この勘違いが怖い。

テレビも、自分では「報道機関」だと、本気に考えている節がある。舞い上がって、挙げ句の果てには「使命感」などと言い出す。
お笑いと他人の悪口とゴシップで屋台骨を支えているくせに、国民を教化できる気でいる。

どこまで、傲慢で野蛮で卑劣なのだろう。
ゆめゆめ、油断してはならない連中である。

そういえば、先日、知人の子が学校から、「NIE」なんとかのチラシを持って帰ったそうだ。新聞を読もう、との宣伝紙である。こんな拡販材料を、新聞社の宣伝人から受けとって、子どもに配る学校も学校である。
新聞は、ネットの普及で、先行きが暗い。購買層を今から確保しておこうという魂胆だろう。
「新聞を通しての教育」だって? 冗談じゃあない。何様のつもりだ。

願わくば、教員達が、また新たな「のぼせ上がる対象」を、新聞を通しての学習、とやらに求めないことを願う。

英語学習については、まだあるが、いずれ。