ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

多忙な教員が支える教育現場。やっぱり、お気楽な商売ですか。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教員には、能力不足の者はあっても、悪党は少ない。
能力に関わらず、「管理職になりたいです」と、すぐに顔に出る。
だったら、やらせてみようと、教頭、校長に任命すると、さあ、これがまったくどうにもこうにもならない。
しかし、人事発令は教育委員会だから、懸命に、かばう。いわゆる「任命責任」である。
それでも、学校が崩壊しないのは、教育事務所と人事発令者と学校管理職がグルだからで、とばっちりは教員と子供と保護者にかぶってもらう。

そんな例は山ほどある。しかし、表に出てこない。
教育現場には、困った側面がある。他業種のように、売り上げだの、契約成立だの、費用対効果の検証結果等が、明白に出ない。出さない。握り潰す。
管理職の能力不足のために、どれだけ、実害が出ているか計り知れないのに、十年一日、屑が校長になる(ことが多い、いや、こともある。云々)。

以上は教員経験者や都道府県教育事務所関係者なら、ぴんと来るだろうが、一般には、わかりにくいだろう。
まことに、教育界はいい世界である。


教員の問題点は、まず管理職であろう。
経験見識ともに、不足している。対処能力の欠如で、現実に問題が起こった時、パニックになり、どうしていいかわからない。すぐに、委員会の青二才にお伺いを立てる。
これまでなんとかやってきた。自分はできるのだと安心し、勘違いする。能力不足でも、校長職が務まったのは、能力を試される時が来なかった幸運による。
しかし幸運は続かない。
特に学校現場は、常に綱渡りのようなところがあるので、足を踏み外すと、たちまち転落する。
仕事環境の「良」は、ますます楽となり、「不良」は、ますます悪くなるのが、学校現場の特徴である。
住民に問題を抱える地域では、その子供にも問題が多くなる。当該地域の学校は、荒れた学校となる。
教員は、各人に余裕がなくなり、自分自身のことで手いっぱいで、他を顧みる余裕がなくなる。
そもそもが、教員は、特に義務教育のそれは暇がなくてはならないのである。「暇」と言うのが不快なら、「余裕」または、「教養」と言おうか。

教養は、余裕から生まれる。
特に、小学校教員には、難しいことでもある。
何年たっても、熟成しない。
50歳をはるかに過ぎたベテランでも、昨日や今日採用されたような二十歳そこそこの若造でも、まったく同等である。
毎年、学級担任は、新たな顔ぶれの児童や保護者や同僚達と、良好な関係を築かなければならない。転勤でもしたら、何から何まで一から出直しである。
信頼関係などというが、そう簡単に築けるものではない。

一番問題なことは、今の教育行政が、教員に対して成長を望んでいないことである。その場その場の使い捨てで構わないと考えている節がある。
年配教員は、できるだけ速(すみ)やかに辞めてもらったほうがいい。若い教員を安上がりに雇いたい。

一般に都庁県庁市役所等の仕事は、熟成しない。専門性が希薄である。つまり、だれにでもできる仕事である。特に行政職がそうである。
そんな連中が人事担当である。実際の人事配置でも、自分と同じようにやってしまう。能力を見ない。というより、能力についての認識がはじめから、ない。

本来、教員は、年齢とともに熟成して、その職業能力が向上するはずのものである。しかし、仕事内容が肉体労働が主ならば、当然のことながら、加齢とともに、衰えてくる。小学校教員は、専門性が極端に少ないから、肉体のがんばりでカバーするしかない。

教員は、優れた専門性を持つべきであることは当然である。中学校や高校では、教科担任制だから、かろうじて専門性らしきものがある。
小学校教員には、広範囲を担当させて、内容を浅くさせて、専門性をつけさせない。
雑用も限りなく多い。専門性が少なくなると、それに反比例して雑用係・なんでも屋となる。
まれに優秀な人材がいたとしても、これでは、小学校教員になり手がいなくなる。
どうすればいいのか。解決のための秘策がないではないが、言っても無駄だろうから、言わない。

無能な管理職、素人の行政職、多忙な教員、等々、教育現場は散々なありさまである。
にもかかわらず、教育には、なんとなくお気楽な面が残っている。それを是としたい。