ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

退学、留年、は歩留まりである。おだてて、甘やかせて、裏でニンマリ。

 

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

なんとか学校に入ったはいいが、学校が嫌になり、退学したり、退学させられたりする子供がいる。

子供が中途で来なくなると、本人よりも、むしろ学校の評判を落とすことになってしまう。
学校としては、最初から退学しそうな子どもを入学させたくない。特に、私立の中学や高校はそうである。

先のことは誰にもわからないから、前年度の欠席数をみて、予測する。欠席日数が多い子供は、どんなに入試の点数がよくても落とす。
そんなわけで、小学校や中学校は、休まない方がいい。うっかり休むと、進学に影響する。

しかし、前年の欠席で判断するなんて、めちゃくちゃである。
入学試験の成績が良ければ入れてやったらどうだ。
退学させたところで、学校を責めたりはしない。
予断で、入学させないことが一番悪い。

どんな学校でも、特に義務教育以外の学校では、ある程度の人数の中退や留年は、当然だ。歩留まりである。

多くの高校では、本来、入学すべきではない(高校の授業内容が理解できない、または、学習に興味も関心もなく、親が「高校ぐらい出てくれ」と言うので仕方なく入学した)生徒が、一定量含まれている。
そうでなくても、家庭や本人の事情で、留年や退学はあるのが普通で、みながみな、同じように進級、卒業する方が、かえって不気味である。

学校側も工夫が足りなかった点があるにしても、「中退や留年が多いのは学校の責任」などという発想は禁物である。
この発想には、どんな生徒でも、入学した限りは、学校が、うまくその生徒を卒業させてくれる、させねばならない、というような甘えがある。

教育の質が悪くて、退学留年が多いのなら、そんな学校はどうせ潰れる。

学校は、生徒の興味関心を引き出す、とはいえ、万能なわけではもちろんない。むしろ、恒常的に力不足である。

学習意欲は、基本的には児童生徒学生が、まず持たねばならない。そもそも種のないところに、どれほど水や光を与えても、芽が出るわけがない。
たとえ百歩譲って、学習への興味関心知的欲求がない生徒でも、教員の指示を守って、課題を出し、必要日数を出席していたら、まさか、学校は留年や退学はさせないはずだ。

学校は、児童生徒学生に、「どうか、学校にいらっしゃって、お勉強していただけないでしょうか」などと、お願いするところではない(一部の私学には、このような「お客様本位」の学校もある)。

留年や退学、大いに結構。それが嫌なら、ともかく、しっかり勉強せよ。
学業に不熱心な児童生徒学生諸君については、留年なり退学なり、遠慮なくやってくれ。


ついでに小中学校のことも。
小学校高学年から中学3年生までの子供たちに、いわゆる「悪い子」(と言って角が立つのなら『問題を持つ子』)が、多いという。
そんな「悪童」は、さっさと退学や放校、あるいは相応の訓練所で、根性をたたき直せばいいという意見がある。

しかし、現実は、敗戦後の占領軍の指導による骨なし教育、チャイナやロシアの意向をくむ社会主義教育、利をねらう各種団体の人権教育等の影響で、子供は神様、優しさ万歳、思いやり謝謝、おもてなしごっこ等々で、教育の背骨が曲がったままどころか、軟体動物のようになってしまった。

中学生は、たかが十三四の「お子様」である。それが、こともあろうに大人に向かって、口の利き方を知らない。対等の気持ちでいる。

利権の絡んだ「市民グループ」と称する団体が、子供の「人権宣言」とやらで、ひととき流行したが、今はどうなったのだろう。

誰もかれもが、子供を甘やかす。とことん、砂糖漬けにする。それは結局、自分の利益をねらってのことである。
子供をダシにして、おだてて、その裏では、ニンマリと札を数える輩である。

教育を粗末にすれば、やがて国は滅ぶだろう。日本の国力の衰退を願う連中が、国の内外にわんさといる。
どうやら、大人が、注意深くあたりを見回しながら、行動するしかないだろう。

先人の辛苦が記された史書は、得難い知恵を与えてくれる。そこに、大人としての、子供への対応の筋が見えてくるかもしれない。

なにごとの おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる  西行