ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

教員の「面当て自殺」、政治家やマスコミ人のペルソナのごとき。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

同期生が、大臣として入閣した。そんなことが何度か続いた。
「あんなやつが」と吐き捨てるように、知人は言うが、まあ、そんなに怒るな。

かつての高校の級友は、今の本人ではない。
人間は環境が作る。弱い精神にとって、これは事実であるし、ほとんどの人は、弱いのである。

誰にでも、歩いてきた道がある。だとしたら、嫌な奴だったその男にも、入閣に至るまでの、それなりの毎日があったのだろう。少しは認めてやれ。環境に染まった、または、泳いだのである。


教員もまた、環境に影響されやすい。
専門教科に逃げ込むことができない小学校教員は、まるで根無し草のように、その場その場で、頼りなく浮き沈みする。
いつまでも熟成せず、常に不安を抱えているように見える。

現役の議員は、落選という不安を抱えているが、たいしたことはない。次の選挙まで、たんと儲けるがいい。
バックがあって、二期三期と議席を続ければ、楽勝の体制に入る。
毎週金曜の夜に、東京から地元に戻って、有権者のご機嫌を取るくらいが、仕事らしい仕事である。
残る悩み(楽しみ)は、大臣になりたい、政権をとりたい。権力欲だけである。

教員は、毎日、未熟な子供と親と同僚とに囲まれて、超特急の授業と雑務に追い立てられて、冷や汗の毎日を過ごす。
これで人間が、いじけて悪くならなければ、精神の強い人である。
しかし、相応に強い人物は、そもそも教員なんかしていない。
教員がだんだん元気がなくなっているのも、無理もないことと思われる。

すべての職業人には、その職業特有のペルソナがある。
虚偽とごまかしのマスコミ関係人、落選すればただの人未満の政治家人、教員には教員の、各々のペルソナがある。

教員に限らず、ペルソナの表面は、どんどん崩れてきている。本音の時代なのだろう。
宗教に代表される心の規定装置は、人に充足感を与えるとともに、教理の枠内で行動を命令する。壺に籠っていれば安心安全が手に入ると信じ込ませる。
簡単に言えば、目先のことだけ見て生活するのが吉、ということである。

自殺した勤め人(教員を含む)をつらつら考えるに、端から見れば、さほどでない出来事が、本人にとっては、大きな心的ダメージだったことが推測できる。
組織体で、本人がよかれと考えてしたことが、結果的に失敗に終わって、(客観的に失敗でなくとも、本人が失敗であると自覚するとき)、その責任を被らされたことが、自殺の契機となっている場合が多い。
自分の判断で行動したときは、失敗しても、自殺することは、少ない。

現実に自殺に至るのは、他人への「面当て自殺」であることが多い。
面当てとは、まさに憎く思う人の前で、わざと意地悪いことをして困らせることである。あてつけである

「面当て自殺」の多くは、本人の意志に基づかないけれども、本人の立場上、やむを得ずある行動をして、その結果が不本意なときに、起こりやすいのである。


「自分で自分の行動に責任をとれ」なんて、幼児にも分かる道理である。食べ過ぎたら腹が痛む。自分の判断による失敗は、自殺をするほど悩まない。
人間は、もともと図々しい存在である。

ところが、他人の判断によって、自分の行動を規定されたときには、一時は我慢していても、ついには内なる自分が、爆発する。
その爆発を、自殺という形で出すことが、一番、周りの人々や世間にインパクトがある。それを本人は知っていて、自殺するのである。
校長が、学校内で自殺するなどはその典型で、児童生徒や教職員のことなんか、全然かまっていない。自殺する場所は他にあるはずであろうに。つまり、彼らが憎かったということである。

だが、学校教員が学校内で自殺することは、やはり許されてはならないことである。
なぜ、教育委員会事務所ではだめなのか。文科省内の便所では? 都庁や県庁市役所の玄関では? 自宅では? 裏山では? 繁華街の路上では?
だが、答えは出ている。

学校も、一企業、一施設である。切羽詰まると、何でもありである。
そのことを、誰でもが、すでに知っているのかもしれない。
時間が、様々な事柄を、結局は水のように流してしまうことを、成長途上の子供は自然に理解しているのである。