ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

先生には尊敬すべき者もいる。マスコミは本当の馬鹿である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

旅客来たりて嘆いて曰く。

子供が、親の期待通りまたは予定通りに育たなかった、あるいは、思うように伸びなかった。
だからといって、その原因または責任を、学校や教員に押し付けて良いものかどうか。
そんなこと、並の神経の持ち主なら、すぐにわかりそうなものなのに、それがわからない。

親だからである。
親と子とは一心同体のようなものである。親はわが子が見えないのである。したがって、自分の子供を、正面から見ることができない。

子供は、落ち着きがなく、いい加減で、宿題もやらず、集中力がなく、態度が悪く、何をやらしても中途半端で、友達にも迷惑をかけ、意地悪で、性悪で、ずるくて、怠惰である。

そんな子供が多い。嘘だと思うのなら、とりあえずは、自分の子供を見るがいい。だが、親はそれを認めない、認めたくない。
他人のせいにする。学校の、教員の、ご近所の、社会の、国家の、ついには、夏の暑さや冬の寒さのためだ、とでも言いかねない。

しかしである。
貴殿の息子や娘は、貴殿の実の子供である。一応、貴殿がここまで育て上げた。
その子が、学校に通って、ぐんぐん伸びると思うのか?
もちろん、伸びる、それはそうだ。教室でどんどん教われば、少しは伸びないわけがない。
でも、それでは不十分だと言うのか。
見上げた図々しさである。

親や子の図々しさが、これほどあからさまになったのも、教員に必要な権威がないからである。
地方の、まあまあ進学率の高い高校が、中身以上の評価されるのも、困ったものだが、一般に小中学校の教員の「権威」は低すぎる。というか、ほとんどない。

小中学校の教員は、権威をもっているどころか、地域の大人や、子供や親から、「監視され、判定され、評価され」る対象である。それを文科省以下、賑々しく喧伝している。

馬鹿にするにもほどがある。

教育は、人間の一生を決めることが多い。
人生の一大事とまではいわないが、大事のひとつであるには違いない。
学校教育の中心は、教員である。
教師であり、先生である。
恐れ多くて、教員の自宅の方角に足を向けて眠れないのではないだろうか。
教員の中には、馬鹿もいることだろう。しかし、政治屋やマスコミ人ほどには、馬鹿は多くない。
仮にも「教員」である。たとえ馬鹿だとしても、普通の馬鹿ではない。意味のある馬鹿である。
だから、どんな教員に対しても、子供や親は、敬意と感謝とを、向けなければならないのである。

そんな馬鹿な、と言いたいだろう。
言うがいい。

しかし敬意と感謝とを持たないで、学校や教員へ応接しても、その結果はあまり良いことにならないだろう。

教員は弱い。「虫けら」ほどにも、弱い存在である。蜘蛛のようにはいつくばって、保護者や子供にまで、土下座をする。
教員をへこませて、親子で鼻高々であある。不平不満の溜飲を下げたことだろう。

だが、それが教育だろうか。

感謝の念と敬意とをもって、教員へ接することが、結局は子供の得になる。
それはとりもなおさず、あなたの子供を幸せにする近道である。そして、あなたも幸せになるだろう。おそらく。


関連して、もう少し。

学校は、批判に弱い。だから、うっかりものが言えない。言わない。だんまりを決めこむ。
そのくせ、子供には、自分の意見を言えだの、情報を発信せよだの、ディベートの真似事だのを、させている。

特に弱虫なのが、各学校長である。無難に毎日を送ることしか考えていない。少しでも批判されると青ざめる。
行政(具体的にはいわゆる「教育委員会」と呼ぶ教育事務所職員)も、上司や議員には、びくびくのくせに、各学校長には急に居丈高になる。
その余波で、校長は、教職員に対して、「居丈高」の真似事をする。

あれもこれも、若い頃から批判にさらされていないからで、批判されると、抗弁できない。
理由があっても抗弁する気がないから、ほとんどそれは、無抵抗と同じになる。
だから、ともかく批判されないような工夫、策略ばかりが上手になる。
人間はそういうもので、誰しも自分がかわいいから、そうする気持ちはわかるが、どうせ教員である。観念するがいい。


教育現場は、生の人間相手である。未熟な「ガキ」が相手である。利己主義な「親」が相手である。
そんな仕事で、どこからも批判されないように、行動していたら、ろくなことにならない。
だから実際、日本の学校教育はろくなことになっていない。
残念至極である。


追記 お知らせ
ぱるるの社会批評(仮題)」を、近日、開始します。ご覧下さい