ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

子供にお願いする教員。ご丁寧言葉で、みんながハッピー。泣く子と一票には勝てないもの。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

どう考えても、近頃の公立学校の教員の、児童生徒への言葉遣いは異常である。

授業を参観してみると、聞くに堪えない。

子供に教科書を読ませる。たった三行でも読み終えたら、すかさず教員が、「読んでくれてありがとう」。
子供が挙手したら「ありがとう。がんばって手を挙げてくれたね」。 
相手は馬鹿か?

中学生が、授業中、突っ伏して、ふて寝してたら、教員はそばに駆け寄って、「何々君、ね、がんばろう」だって。
何を御丁寧に頼んでいるのだ。そんなガキは、椅子を蹴飛ばしてやれ。

生徒が、あくびをしたら、「あと少しで休憩時間よ、がんばろうよ」だって。

児童生徒は、いったい何様なんだ。

まるで、授業にお付き合いくださって、ありがとうございます、の世界である。

これでは、子供がつけあがる。ついでに、子供の背後にいる親も、つけあがる。
分際を知れ、分際を。

世間も悪い。テレビも悪い。「何々してくれた、何々してあげる」とペットの犬や、庭の雑草にまで、こんな言い方をする(NHKの趣味の園芸、とやらに多い)。雑草をぬいてあげる。犬に食事を作ってあげる。

子供が、宿題をしてくれた。おはようと言ってくれた。
雑草が今年は少ないままでいてくれた。
犬が朝食を食べてくれた。

テレビやラジオでの、子供への言葉遣いが、場違いの丁寧過ぎで、気持ちが悪い。

教育は、ある程度の権威が必要だ。
師も弟子も、教員も児童生徒も、同じ様な扱いでは、駄目である。子供の健全な成長を阻害することになるだろう。

それにしても、傲慢でわがままで不安定で、実りのない自負心ばかりが、蔓延している。


ついでに。
地域によって、学校によって、少しは変化するとはいえ、なにかとあれば、子供がしばしば泣く。
よく泣く子は、甘えん坊で、ずるい子どもが多い。
泣けば、要求が通ると思っている。
二三歳の子供ではあるまいし、小学校高学年ともなると、人前で簡単に泣くんじゃない。
泣けば、すべてがうまくいくのか。

然り。うまくいくのである。要求は通るし、その場の雰囲気を一挙に自分中心に持って行けるのである。

ずるい子どもが、この手を使わないわけがない。

あなたが教員だか、親だかは知らないが、「すぐに泣く子にご用心」とだけは言っておきたい。


もう少し。
教員も、泣く子に弱い。目の前で泣かれると、教師の精神的暴力とか噂を立てられて、訴訟にでもなったら、一巻の終わりである。

児童生徒が泣きだすと、必死でなだめる。傍から見ても、気味が悪い。猫なで声で、御機嫌とって、あれではまるで歌舞伎町の性風俗業勧誘の兄さんである。

どうせ、泣くくらいの子である、思う様泣かせてやるがいい。


しかし、教員には、子供のわがままに、過敏に反応しなければならない事情がある。
親は、我が子の状態に満足できないとき、その全責任が、学校や担任教員にあると、考えたがる。
家庭で気持ちが不安定で、精神的に緊張を強いられる仕事に就いている母親に多い。子供は、女子であることが多い。
これは不思議な傾向といえるだろう。
更年期障害の故か、同性母子関係の綾なのか。どんな原因があるのだろうか。

子供は、担任教員が本気で子どもの学力を上げようとしている場合、直感的に、この教員は今までの教員とは違うな、と気付くことが多い。
たとえ、最初は違和感があったようでも、だんだん慕う気持ちへと変化する。このあたりは、教員次第でもあるが、紆余曲折があったとしても、結果的によい関係となる。すなわち、和解、理解するのである。

しかし、その子供の親が、担任に対して否定的感情を持つとき、難しいことになる。子供は、親の判断に従わざるを得ない立場であるからだ。
これが、小学校高学年の難しいところで、個人の自由意思が確立されつつある時期であるにもかかわらず、母子一体感が抜けきらないので、最終的には母親の判断に強く影響される。
この点、中学生では、親の支配力が子供に及ばなくなるので、学校の教員も親も、子供に対しては、同程度の影響力を与える。言い換えれば、手に負えないのである。
親も教員も、子どもへの距離がほぼ等しくなる。小学校教員に比べると、中学教員は、親に対して気苦労が少ない、またはほとんどない。

親が、我が子に、不満や不安または否定的感情を持つことがある。その原因は、担任教員にあると考える方が自分を救える。
このような場合、親は、面と向かって担任に苦情(らしきもの)を述べない。たまに言っても、遠まわしに言う。これに気づいて、できるだけ穏便な対処をするのが大人の教員であるが、毎日の仕事が、洟垂れ小僧相手であるだけに、対大人に対しても、つい本音を言ってしまう。

これは気をつけるべきで点である。教員が意見を正直に吐くと後で手痛いしっぺ返しが来る。
親は小学校教員は、最終的に、自分たち親の言いなりになると信じて疑わないからだ(実際、そのとおりでもある)。

多く見られるのは匿名の電話や投書メールで、学校を管轄している教育事務所へ送る。事務職員(委員会指導主事と呼ばれる)は、それを見て、学校長へ連絡する、学校長から教員へと、内容が伝わる。ずいぶん遠まわしだが、これが意外に効果がある。

以上は、変な話だが、「互いの甘え」なのである。
親の教員への勘違いな要求は、親自身の不安の投影であることに、気づいているのか、気づかないふりをしているのか。
公立小学校での、親と子と教員との関係は、ヒラメの教育事務所を含めて、複雑で微妙な関係なのである。


さて、
子供にいろいろあるように、教員にもいろいろある。
その子に合った教員はどこかにいる。
何にでも手取り足取りの、親代わりのような教員もいる。親は甘えて、そんな教員が「いい先生」だと、勘違いする。
教員は学級の子供の親ではない。なるべきでもないし、なれるはずもない。

しかし、日和見文科省諸君と地方の行政子分らは、無定見である。票さえ集まればいいのだから、有権者である親を甘やかす。教員に親の真似事をさせて、選挙民のご機嫌を損なわないようにさせる。

ついでに言うなら、小学生の場合、家庭で最低限の躾ができていない子供は、ごくまれに良い教員に当たっても、十分に伸びないことがある。
ばかりか、その子の親は教員を批判することもある。自分の子供への躾が不十分なことは棚に上げて、教員に伸びない原因を見つけようとする。

だめな子はだめである。これは厳しいようだが、現実である。
なぜ、だめかと言えば、親がだめだからである。

親子がきちんとした生活習慣を保っていなければ、教員は、子供の乱れた行動に、対応できない。対応するべきでもない。
時間の無駄でもあるし、他の子供への迷惑でもある。

教員は、学校という戦場での守備範囲を守る。それこそが良い教員である。
家庭に口出ししたり、頭を突っ込むのは、お粗末テレビドラマの中の教員役だけで、十分である。