ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

教員は使い捨てでいいのか。医者に似て、教員も円熟する仕事である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教員は、円熟する仕事なのだろうか。
円熟できることもあれば、使い捨てになることもある。

円熟しやすいのは、大学院や大学などの高等教育機関に勤める教員である。
円熟しにくいのは、小学校などの初等教育機関に勤める教員である。
なぜ円熟しにくいかといえば、専門性が希薄で、何でも屋だからである。
扱う対象が幅広く、その割には準備時間が十分に与えられない。
勤務条件が過酷で、子供、親、地域、行政その他の監視と攻撃を受けやすく、防御方法を持っていない。
時間外労働は常のことで、落ち着いて何かに取り組む時間がない。仕事内容が曖昧かつ変化が急である。対処の仕方がわからない。非常に不利な環境に置かれている。
以上は、現場の小学校教員の愚痴と片づけることもできる。

大学や大学院の教員は、小学校教員の対極にある。専門性が強いとされている。専門的な職能は特権となる。
どういうわけか、担当時数が著しく少ない。授業らしきものをするための準備も不要または少量であり、勤務環境に恵まれている。教育対象の人数が少なく、「授業」についての外部からの批判や検証が皆無である。あったとしても、おべんちゃらである。

中学や高校の教員は、どうなのだろうか。
その教員の能力によって異なる。生徒指導のできない中学教員、教科の学力のない高校教員は苦しいだろう。

小学校教員は、たとえ、専門的能力がいくばくかあったとしても、その勤務環境によって、遅かれ早かれ、ただのばたばたと慌てふためく教員となるのが通例である。
それに比べて、中学校や高校の教員は、大学や大学院の教員並の「円熟」のための環境が、一応ある。だから、円熟できるかどうかは、本人の能力や生き方の選択による。

さて、小学校教員は、どうやって円熟すればいいだろうか。
現場では無理なようである。
だから、多くの小学校教員は、その目標が管理職くらいしかない。
教員としての円熟が無理であるなら、学校管理職という「転身」によって、自分を満足させたいのかもしれない。子供へ直接、授業をするよりも、職員室で日がな一日、事務員のまねごとをしたい。または、中小企業の中堅管理職気分を味わいたい。一日でも早く、教頭校長になりたくて仕方がないのである。
哀れで不幸なことといえるだろう。

誰にとって不幸かといえば、すべての小学校教員にとって不幸なのである。その職業に内在する価値が、管理職になることにしか、存在しないからである。

現場の教員として円熟できる方法を探っている人もいるだろう。それはそれで、立派な見識だが、実際には厳しい。
というのも、世間はどのような組織であれ、管理する立場を勝ちと見る傾向にある。
社会は、優秀で円熟味を増す教員を(少なくとも小学校現場では)、必要としていない。

初等教育の教員の環境を、教員としての円熟を大切にし、それが可能な条件を備えるようにすることが必要である。
しかし、何度も言うようだが、現実には、無理である。


しかしながら、学ぶという点で、職場が、小学校であろうと大学であろうと、教員は、有利である。その点について話そう。

教員が、身銭を切って、何かを学ぶのは、とてもいいことだ。
頼まれもしないのに、自分の意思で学ぼうとするのは、何ものかを得るための最良の方法である。

教員は、実際のところ、教えることが、それほど上手ではない。
教える時間数が多すぎる。
授業は一日4時間もすれば十分である。
それくらいが集中できる時間である。あるいは、教員の能力の限界である。
4時間限度説は、児童生徒学生諸君に向かって、言っているのではない。教員に向かって、言っている。学ぶ方は一日10時間でも耐えることができるだろう。

金を出して学ぶ場所は、各種の講習、免許取得、キャリアアップ云々で、各種多様にあるが、講師の教授時間を見てみると、おどろくほど少ない。せいぜい一日2時間である。
大学受験の予備校講師は、どうだろう。多くても、3時間か、ごくまれに4時間である。
毎日、一人の講師が、8時間近くの授業を持つところなどないだろう。

しかし、小学校教員は、ほとんど毎日、8時間授業が続く。
授業が6時間なら、8時間は変だと問うのは、現場を知らない素人である。休憩時間、給食時間、掃除時間、すべて真剣に気を使わなくてはならない「授業」である。



ところで、普段ばたばたしている教員が、常にはできない研修や研究の時間が、児童生徒の登校しない「夏期休業中」であるはずなのだが、そうはいかない。
夏季休業中に、不要な会議や校内の研修を増やして、ともかく学校に来させて一日中、ばたばたさせようとする。

なーに世間の目が怖いからである。
教育事務所の職員も、適当な時期に校長職で役所を出たい。または、役所の中で、ちょびっと「出世」したい。
だから、親や議員から、ごたごた言われたくない。

校長は校長で、「うちの教員は夏休みにも、ほれこのとおり、登校して勤務してますよ」、と自慢げに言いたい。

彼らを非難しているのではない。誰でも自分が可愛い。それは仕方がないことである。

しかしである。子供がいてこその、学校である。
子供がいないときぐらい、教員を休ませてやれ。相手は一流の教員である(例外はもちろんある)。
その一流の教員に向かって、子どものいない夏に学校へ来させて、校庭の草むしりをさせて、どうする気だろう。
あるいは愚にもつかない会議と称する時間つぶしをさせて、満足なのだろうか。

夏休みは、教員を学校に来させなくていい。
心ある教員は、家で寝っ転がっていればいい、と言うのではない。

そうはしておれない、と自ら焦るのが教員である。休ませようとしても、授業や子供の指導のために、草の根分けて探して、何かをするだろう。昔から、今日の今日まで、それが教師の根性である。
少しばかり景気が悪くなったからと言って、行政ごときが、手のひら返したようなことをするな。

世間が怖い。マスコミが怖い。
笑止である。
日本の教員とその制度は、所詮その程度と、世界中から馬鹿にされるぞ。

教員たるもの、30日くらいは海外の大学にでも通って、鋭気と知性のごときものを、養ってこい。そして9月から、迫力のある授業で児童生徒を圧倒してみろ。
それこそが教員の「夏休み」ではないのか。


夏休みについては、まだある。ついでに言う。

教員の夏休みは、正確には、「ない」。
学校が、夏期休業中なのであって、教員には、正規の勤務時間であることには、変わりはない。
だから、教員には、夏休みはないのである。

だが、研究または研修の時期ではある。
その期間は、本来は大学や各種研究機関あるいはフィールドでするのが建前というか本筋なのだが、簡単には認めなくなった。
すべて勤務先で行え、ということになった。仕方がないので、教員はせっせと児童生徒のいない学校へやってくる。

一流の執刀医がいたとしようか。彼が難しい手術を終えて、海外の保養地で休暇をとることを、世間は許すだろうか。
許すだろう。

教員が夏休みに、各種機関で研修をしたら、世間は許すだろうか。
許すだろう。

それが、風邪向きが変わった。

教員を馬鹿にしているのである。
親は、自分が選んで金を払って行かせている学習塾の講師は、有難く感じる。しかし、我が子の通う学校の教員は、自分が選んだわけではない。

なお、悪いことに、世間の人間は、教員へ嫉妬する。
なぜなら、みなさん、「学校ごっこ」が大好きで、できれば自分も先生と呼ばれたい。子供に命令したい。そんな方々のパーティがPTAである。

教員は特殊な仕事である。毎日、気難しい「生もの」を扱って、気の休まるときがない。
子どもの将来への影響を考えれば、親は教員を正視する事はできないだろう。ひたすら、ひれ伏すしかない(または、殴り倒すしかない)。
だから、教員を世間の他の職業人と同列に扱ってはいけないのである。

すべての職業は、世間が、どのように見るか、どのように扱うかで、価値が決まる。
例えば、単細胞で優柔不断で私利私欲の塊のような男でも、総理大臣職にあれば、やはり一国の総理大臣として認めざるを得ない。
利己主義の冷酷な拝金主義者であっても、大統領の立場にあれば、国民にとっては偶像であり、「尊敬」すべき大統領なのである。

大学の教員に対して、世間は甘い。それというのも、世間は彼らを、何となく「認めている」からである。

大学教員よりも小中学校の教員の方が、何十倍も偉いと思うが、世間の大部分はそうは思わないし、思いたくない。

職種の価値を等閑にしたら、その内容も評価に見合った程度のものになる。
寄って集って、教員に対して失礼な態度に出れば、教員の価値を貶めることになり、結局は、子どもの教育にマイナスとなる。
それが分からないのだろうか。

わかりたくないのだろう。

医者と教員とは、世間では先生と呼ばれる職業の典型だろう。
しかし両者を比べると、収入の面からも社会的な認知度からも、バランスをあまりに失している。
医者は病人相手である。教員は、健康な子供が相手である(一部例外あり)。
どちらが社会的に建設的な仕事かと言えば、断然教員である。
ところが、世間は医者の方を、収入でも社会的評価でも、価値ある仕事として認めている。

なぜだろうか。

簡単である。
誰しも我が身が一番かわいい。

教員は子どもを伸ばすことができるが、瀕死の子供を助けることはできない。
医者も同じで、死にかかった子どもを助けることはほとんどできないが(それどころか、わざと死なせてしまうこともある)、まれに助けることがある。子供の親にしてみれば、こんな嬉しいことはない。

健康はありがたいものだが、健康なときはそのありがたさが実感できない。
少しでも不具合があると、健康万歳となる。歯が痛くなっただけでも、私たちは、自分は地獄の中だと考える。
とすると、その痛みを和らげたり、なくしたりできるなら、これはもう、神様仏様である。
だから医者は、ありがたいのである。

しかしこれらは、あくまで尋常ではない。異常である。異常なときに役に立つことが、それほど立派なことだろうか。

繰り返すと、教員は、健康な子供に対して、その子供の成長のために学問を教えている。
これは相当に価値のある仕事である。立派な営みである。本当の「先生」なのである。

あえて教員のために言ってやろうか。
給料をたんとやれ。暇もやれ。優秀な教員は(そうでもない教員も)、暇だからといって遊びはしない。彼らは悲しいほどに勤勉だ。
授業研究だの、なんとか指導だの、研修だので、目一杯の毎日を送っている(だから、立派だとは言わない。余裕のある方が良いに決まっている)。
教員は、他人が一々チェックしなくても、真面目なのである。役所の職員や政治屋とは、大違いだ。

子供や親には、そんなこと(教員の勤勉さ)は、いずれ分かる。
なぜなら、子供が実際に伸びる。担任教員を憎く思っている親も、我が子の成長を目の当たりにすると、認めざるを得ない。
形式的なアンケートなどしなくても、すぐに、結果が出るのである。

学校教員は、まさに「先生」である。敬すべき存在である。

小学校高学年の担任の大切さは、以前も話したが、何度でも言う。
小学校高学年、特に6年生5年生の時の担任は、子どもに、絶大な影響を及ぼす。
この時期に、強い学問的感化を子供に与える担任教員に会うことができるか、それとも、並か並以下の教員に担任されるかが、子供の将来を決める。

そんな馬鹿な、と思いたいだろう。その気持ちもわかる。普段、見下している小学校教員なんかに、我が子の将来がかかっている、なんて認めたくないだろう。

しかし、それが現実である。現実だと認めたくないのは、子供の人生は、結局、一回きりのやり直しのできないものだからだ。
すでに小学校時代が終わっているからだ。または、今さら担任の変更ができないからだ。

人生は残酷で、不公平なものである。
良い担任に当たらないからと言って、良い担任が存在しないという証明にはならない。

これは恐ろしいことである。
担任の当たり外れは、運でもある。
宝くじと同じである。

宝くじに当たったからといって、必ずしも幸福を約束しない。しかし、小学校高学年のとき、当たりの担任に受け持ってもらえるならば、それは幸福を意味する。
げに恐るべきことである。
ありがとう、先生。