ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

就活は楽勝でも、苦労する企業。安定の教職員。収入と人間関係で「人生」が変わる。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

そこそこ名の知れた大学を出れば、まあまあの就職先が見つかるなんてことは、昔はどうだか知らないが、今はない。

エクセルやワードの検定1級は当然で、持っていないと話にならない。パソコンでゲームばかりやっていたのか、と面接で詰問される。
英語は、検定1級、TOEFLのPBT600点以上、CBT250点以上、TOEICで900点以上が必要である。海外旅行で片言がしゃべれました、では話にならない。

以上がクリアできて、どうやら就職できたとしようか。
もっと厳しい現実が待っている。
給料に見合った成果を挙げることができなければ、それは会社に損をさせている。すぐに「出て行ってくれ」となる。

損をさせても、今までは、それでよかった。
10人社員がいれば、そのうちのひとりが仕事をしただけで、十分潤った。残る9人のうち、7人は、いてもいなくても関係ない人たちで、2人は、むしろ仕事の邪魔をする人である、できればいない方がいい。

思えば、のどかなものだった。
以上は、嫌味ではない。

一部の小学校や、高校及び中学校の半分くらい、大学のほとんどでは、同じような状況だ、と聞いたからだ。
詳しく言うと、いかにも差し障りがあるから言わない。察してくれ。
世間と違って、学校だけが、いつまで、「のどかな状態」が続くのかは、知らない。表向きの「平等主義」が、すべてのレベルを引き下げてしまう。児童生徒学生教員の、足を引っ張っているのである。


さて、どこもかしこも仕事がない。何でもよければあるにはあるが、ブラックの類である。
俗にいう安定した職業で、巨大不沈空母のような大企業はともかく、手近なところでは公務員か教員である。
しかし、教育公務員になるには、大激戦の覚悟がいる。運良く、教員に採用されても、それからが大変で、苦労が続く。
若い連中が、教員志願だというと、遊び半分なら止めておけ、と返すしかない。
特に、女性は、教員になったあと、泣くようになる。あんまり泣かれると、児童生徒が迷惑だ。だから止めておけ。
教員だけには、なるものではない。

というようなことを書くと、何だって、と目くじらたてる人がいるだろう。まあ、この程度のアドバイスでやめるようなら、最初からやめておいた方が、日本のためになる。

しかしながら、何が何でも教員になりたいからと言って、その人物が教員として妥当かどうかは分からない。
一番困るのは、勘違いしている連中で、自分の実力不足を棚に上げて、どうでもこうでも教員になる、といってきかない。
困ったな。お前の教養で受かるのか。ペーパー試験は、コネがきかないというのが、一応の建前だ。お前に受かるわけがない。

万が一、何かの間違いで、ペーパーは受かったとしようか。次の面接試験はどうする。あれはコネの世界である。コネがないために、大泣きしたやつを何人も知っている。それでもいいのか。
ここまで言うと、たいがい黙る。 

それでもやる気ならやれ。どうせ、どちらに転んでも就職難だ。
苦労することには、変わりはないだろう。


以上を書いて、かなりの年月が経った。今では、事情が全然違う。

まず、地方の教員採用の状況だが、考えられないほど合格させている。
小学校は楽勝。中学も美術音楽など、採用が少ない科目以外は、そこそこの学力があれば受かる。

誰でも採用されるわけでもちろんないけれど、大手の企業や役所等の公務員試験に比べると、簡単なので、狙い目である。
民間会社にエントリーシートを何百枚も送りつけるより、教員免許を取ってさっさと教員になる方が得策だろう。
教員の待遇や収入の安定度、知的興奮と面白さ、生き甲斐等、教職の良いところは山ほどあって書ききれないが、それはまたの話にする。


民間企業といえば、先日居酒屋で某企業人事担当をしている男から、こんな話を聞いた。すでに話したのかもしれない。

-ーーーーーーーーー

自分に自信がない学生を(自己肯定感の弱い人間=障壁に弱く、挫折しやすいタイプ、と企業は認識する)、企業は嫌う。

学生は、自信に見合った実力がないのが当然で、だからこそ、大言壮語するくらいでないと、目立たない。引っ込み思案な性格は、相手企業との折衝で不利になるので、お断り。

実力以上に自信にあふれ、相手を説得できる自己肯定感と主張力があるかどうかを見る。本人が、自分の能力に自信を持っていても、本人の内面だけでなく、それが表に出ていることが必要だ。
主張に見合った実力を求めていない。そんなもの、あるわけがないことは、とっくに知っている。だから、一にも、二にも、限度をわきまえた上での、押しの強い学生が勝つ。

自己の得手があれば、自分は他と違うんだぞ、というオーラが必要で、その点を必ず問うので、自信たっぷりに答える用意が必要だ。そこが弱いとまったくだめ。

内容を予想して質問しているので、返答が、質問者の期待に応えていないと即、不可。


以下、くだくだしいので、要点だけ示す。 

熱意がある振りをすることが熱意があることになる。

真正面から見つめて真正面から答えること。

こいつは使いやすそうだ、という風に思わせたほうがいい。

おもねりは嫌なものだが、受験者はおもねるので、それに慣れると、それほど嫌味に感じなくなる。

面接での口論は不要だ。不満を言う野郎だ、ということになる。反論して撃破するなどもっての外。そんな変わった人間を求めていない。 

容姿については、社風によるので気にするな。
むしろ気にしていることが外に出るようだと、性格上問題ありと認定される。

担当者は、落とすことに罪悪感なし。落とすのが仕事である。
結局はどこかに収まるので、むしろあなたの場合、他社のほうが向いてますよ、という親切心と思う。

学生によって、人事担当の琴線に触れる場合あり(詳しくはいえない)。この場合、採る率が高い。相手の心をつかむことができる人材、ということになる。
ただし、面接の場で担当者からほめられたら、まず駄目だと思え。本当に気に入られたら、その場では言わない。採用通知で示す。

ーーーーーー

というような話である。
勝手なこと言いやがって、と思うだろうが、面接担当も馬鹿ではない。長年、関わっていたら、それなりの見る目があるのだろう。

学生も、ある時は本音で、またある時は芝居でもして、売り込むしかないのである。

芝居はどんな商売にもある。学校での芝居の典型は、研究従業と称するもので、役者は、子供と教員とである。

少し脱線する。
それなりの芝居(授業)を見物できる教室と言えば、分かりやすいところでは、以前の東京教育大学付属小学校、現在の筑波大学付小だろう。
ここは年に数回公開授業のようなことをする。教員なら一度は見てご覧。

「なーんだあの程度か」と思ったり、「さすがに」と思ったり、色々あるだろうが、あんなものである。

こましゃくれた子供が、教員の本音をよく知って、教員が喜びそうな返答をする。うまいものである。台本があるのかと訝しいくらいだ。

授業を観客に見られることに、なれているからだろう。連続芝居の興行みたいなものである。悪口ではない。むしろ誉めている。授業は一種のショーでもあるからだ。

大学付属小の教員が、一般の公立小学校教員と違うのは、附属小学校では、学級担任制ではなく、教科担任制である。教員にとって、これほど楽珍なことはない。あれこれ考えなくても、準備しなくても済む。
子どもは、それなりだし、親も、我が子を付属小へようやく入学させることができて、嬉しいばかりである。教員にとっては、楽勝である。

以前は、大学付属学校の教員は、各都道府県の教員採用試験に落ちた連中の溜まり場という面があった。指導教官が贔屓の学生を、就職浪人にさせたくなくて、とりあえず付属に就職させたのである。学生が可愛いというよりも、自分のゼミから、教員採用試験に落ちる連中ばかりでは、指導教官としての自分の面子がつぶれる。

近ごろはどうなんだろうか。付属小中高等学校教員の採用方法を尋ねてみたいものである。


さて、話は戻って、就職である。

ひと頃に比べると学生はよく勉強するようになった。
不景気で、就職難だからだろうか。

就職のための準備は、学部2年の後半くらいから、始めなければならない。そうでないと、就職浪人になる可能性が高くなる。

大学を出ても、特に有利とも思えないが、個人に特殊な能力がないなら、大学卒の方が仕事にありつける、と思いたいのが人情である。
そう都合よくいくものかどうか。

大学で何を学んだのだろうか。あの教員連中からである。ろくなことは何も教わってないだろう。

大学教員は内心で、「大学は研究するところだ。手取り足取り教えるところではない」なんて、数十年前に流行った逃げ口上がまだ通じる気でいる。

しかし、大学も所詮、学校である。幼稚園と同じように各種「学校」の一つでしかない。通ってくる子どもが歳をとっているだけである。

教えるべき教員が、教え方が下手、または、教えるべき内容を自分でもよく把握していない、そもそも教育活動そのものから逃げている場合が多い。
ろくな論文も書くことができないくせに、「研究者」が聞いて呆れる。
学生に、高い授業料に見合ったサービスをしなければ、いずれ化けの皮が剥がれる。

高校全入時代に続いて、大学全入時代が来る。というより、すでに来ているかもしれない。通り越したかもしれない。恐るべきことである。
全国の各大学は、毎年の高校卒業生を無試験入学させても、まだ定員に満たないのではないか。

高校生は、進学先に贅沢を言わなければ、行き場に困らない「楽珍な」高校生活を楽しんでいる。
高校生のみながみな、熱心に勉強するわけがない。学校での勉強に、向き不向きもある。今が楽ならいい、と考えるならば、どうせ金で買う「大学卒」である。それなりで、勝手にすればいい。

困るのは、義務教育である小中学校で「それなり」がどうしてもわからない。わかってくれない。わかりたくない。
学級全員が優秀である、優秀であるはずだ、と考える。考えなければいけないような雰囲気になっている。期待して、錯覚して、信じ込もうとする。
本人がではない、いくらなんでも自分のことは分かるだろう。その親が、教員が、勘違いする。勘違いしたがる。

学校教育での、平等主義というか、みんな同じ、という発想はもうそろそろやめたほうがいい。みんな違うのである。
言うまでもないことだが、容姿容貌、知的・身体的能力、その他どれをとっても千差万別で同じではない。同じなのは、いずれ、1票の選挙権を持つだろうことぐらいである。もっとも、行政にとっては、そこが一番肝心なところである。

楽チン生活を送って、それなりの大学、それなりの就職でよいと考えているのが、多くの子どもたちであるし、実際に、それ以上のことは滅多にできっこない。
人は己の分際を知ることが大切なのである。
古人は、汝自身を知れ、と言った。

それにしても、平成29年6月現在、現役の大学生にとって、ひところに比べると、就職が楽になったし、ますます楽になりつつある。
もちろん、勤め先は様々である。学生本人が夢に見るような職場はないし、不勉強で才能もない連中が、勝手な夢を見るのは噴飯ものである。
しかし、全体的に、学内の雰囲気はよくなった。就職実績も右肩上がりで、担当者もほくほくである。
しかし、何事も、勤め先によりけりである。今に、泣くようなことになるかもしれない。