ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

叱らない教員、いい加減な「心の教育」と、転落事故の関係。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

人間は環境の動物であるという。確かに、子供は環境の動物である。

雨が降れば、教室でじっとしているべきなのに、そうではない。
ばたばたと落ち着かずに校舎で走り回って遊んで、そのあげく、子供同士がぶつかって頭から血を出して、泣き叫ぶ。
それを大人(教員)は、しかりつけるかと思えば、そうしない。びくびくおどおどとして、子供のご機嫌をとりまくる。親には、申し訳ありません、と平身低頭する。
笑止である。

雨の日は、室内で静かにしなければならぬのは、躾のひとつであって、各家庭がすでに、我が子に教え込んでいなければならないことである。
それがそうではない。

自分の子どもに対して、最低限のルールすら教えることができないでいる。

子どもの生活上のことごとを、学校に押し付ける。これを「基本的生活習慣」というのだそうである。ご丁寧にも、それを「学校目標」とやらに掲げている学校がある。

ご苦労様。

親は、子供の不注意やわがままが原因で事故が起こると、学校に難癖つける。

近年、校舎から子供が時々転落するが、高いところからは、物は落ちるものだということくらい、いくら子供でも、わかりそうなものである。
足を踏み外す可能性のあるところに、いたずらや不注意で、飛び出して、怪我をするのなら、するしかない。
それでも、まだ、学校のせいだと言うのか。
3階建てだから、2階建てだから悪いと言うのか。窓があるのが、けしからんと言うのか。
ついには、引力にさえ、難癖をつけかねない勢いである。


近頃、「心の教育」だとかで、とってつけたように、命の大切さだの、仲良くだの、と喧しい。
大方、関係者の保身故だろう。何かアクションを起こしていないと、出世に響くという、姑息な判断から出たことである。相も変わらぬ役所流の発想である。

歩留まりという言葉がある。
多くの部品の中には、不完全なものや具合のよろしくないもの、かすかな傷やほんの微量な狂いが出るのは仕方がない。

人間にはないのか。残念ながらある。あることぐらい誰でも知っている。
だから、多くの中には、少しのきっかけで、何らかの犯罪的な行動に走る子供がいても、おかしくない。

それをなんだろう。マスコミと称する連中が、いたずらに危機感をあおる。商売だからと言え、愚劣である。

毎日、ほとんどの教室で殺人が起こっているのか。何百人も毎日死んでいるのか。

たまには事件は起きるだろう。子供の世界も大人の社会と同じである。むしろ、学校での事故や事件が少なすぎるのが、不思議なくらいである。

子供や学校に関わる事件が起こると、急にあわてふためいて、「心の教育」の類を声高に叫ぶ。

国の基本をないがしろにしているくせに、道徳の根幹である宗教的情操や国史を踏みつけにしているくせに、よくもまあ言えるものだ。

ゲストティーチャーと称する高齢者や障害者を招いて、話をさせて、それで「心の教育」、一丁上がりである。
心とは、それほど、安っぽいものなのか。

日本の教育に芯がないことは、誰でもが気付いていることだろう。
寄って立つ教育哲学がない。
あるのは、教育ビジネスによる実益の「ような」ものだけである。

学校で教えている「道徳」は、常識の幼稚な例示に過ぎない。「人間だもの」の宣伝コピーである。

よりどころとなる宗教がない。ごときものはあるが、あれは祭りであり、年中行事であり、風習の一つである。
従って、道徳がない。昔ながらの近隣関係だけが、少しある。

さて、こんな日本だが、それでもこうして一見、安穏に生き続けることができるのは、島国だからだ。住民のほとんどが、日本人だからである。
状況が変われば、いったいどうなってしまうのやら、わからない。
混乱して、一挙に崩壊するのか、または、ゆっくりと滅んでいくのか。
前者は体制の転換で、外国政府の支配下におかれることである。後者は、日本国民が他の人種と混合し、日本人種がなくなることである。
私は後者だと思う。

その遠因は、小学校教育にある。
とまではいくらなんでも言いたくはない。教育に限らず、敗戦後の日本が、全体としてゆっくりと、日本解体へ向かっていることは、あなたもご存じだろう。

資源のない小さな島国は、鎖国するか、あるいは独自の外交路線を貫いて生きるしかない。

しかしながら、鎖国は不可能である。
再度、武力でこじ開けられるだろう。
外交路線も、到底、無理である。
日本は英国のごとき、頭脳も冷酷さも持ち合わせがない。ついでに言えば、外交において最も有効な核戦力すら持っていない。

ないない尽くしだが、日本人の勤勉さと人の善さとで、現在までは、他国に利用されながら、そしてそのことのよってのみ、生き続けることができた。
運が良かったのだ。

運はいずれ尽きるときが来る。さあ、どうする。


躾に話を戻すと、叱ることに比べると、誉めることはうんと楽である。
大人同士の人間関係をみればいい。誰でも褒められれば悪い気はしない。怒り出す心配もない。
近頃の教員は、叱らない。その逆に、児童生徒を誉めてばかりいる。それも尋常に誉めるのではない。めったやたらに誉める。
最上級に誉めまくる。誉めるべき内容でもないのに、すぐに誉める。誉め言葉の大安売りである。
聞いていて、気分が悪くなる。「胸くそが悪い」という、嫌な言葉があるが、まさにそう表現するしかない。

おかげで、未熟な子供に過ぎないくせに、ほんの少しのことでも、誉めてもらわないと機嫌が悪い。図々しく、ふてぶてしく、過大なナルシシズムというか、できもしないのに、何にでもでしゃばって、しかも誉めてもらって当然、と勘違いする。


そういえば、運動会である。9月にするのかと思えば、5月6月にする学校もある。

運動会は、教員が子どもらに、集団での動きを教える
指導の際の言葉遣いが異常である。
今風なのだろうか。気色が悪くなるほどに、甘い。

ことあるごとに、最上級の言葉で褒め上げる。決して叱らない。
おだてて甘やかす。あれでは子どもが増長する。

教員がずるいのである。叱ることの緊張感が嫌で、叱らない。叱ると、親から反発が起こる恐れがある。それが何よりも嫌なのである。褒めてさえいれば、親子ともどもご満悦である。

せいぜい、「前にならえ」ができたぐらいで、
「よくできたね、すばらしいね、上手ですね、もう少し我慢してがんばってね、すごい、さすが高学年」

馬鹿馬鹿しくって聞いてはいられない。

では、こんどは「休め」ができたときにはなんといって褒めるのだろう。
あんなもの、できて当然である。

すぐに「ありがとう」「ごめんね」を連発するのもどうだろう。大の大人が、しかも指導する立場にある「教員」が、未熟で粗末な現代っ子(あなたもふだんご覧のとおり)に対して、使うべき言葉であるのかどうか?

子供は愚かで未熟なものだが、ものには程があるだろう。
子どもを愚かにしたのは、他でもない。我々大人が、節操なく誉めたからである。誉めるなら、誉めるに足る時にのみ、誉めてやるがいい。

教員は自信がない。だから卑怯にも、「誉めて育てる」、なんて綺麗言葉にかじりつく。
なーに、本気で叱ることは、大変なパワーが必要だ。口先で誉めることは、楽だからである。