ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

小学校教員が本当の先生。大学教員は穀潰し。東京大学は残念すぎる学校。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

わたしは大学教員を毛嫌いしているようだが、大学教員すべてが無能だと言っているわけでは、もちろんない。
ごくごくまれにだが、大学にも有能な教員がいるだろうし、大学のすべてが不要だとは思わない。
大学は必要な組織では、ある。

教員は小学校教員が一番仕事をしている。次に中学校、そして高等学校の教員が仕事をしている。そうせざるを得ないから、給料分またはそれ以上の仕事をしているのである。
しかし、大学教員は、仕事をしなくても十分に食っていける状況にある。それを「いかがなものか」「けしからん」と言っているのである。

人は誰でも、安易につく。それを責めてはいけない。あなたも私もそうである。議員どもを見るといい。その他の職業を見るといい。

小学校教員が一番働き者なのは、そうせざるを得ないからであると言ったが、相手は、はなたれ小僧である。親の目も厳しい。世間も小学校教員を、特別扱いにしない。一生懸命にならざるを得ない。働かざるを得ない。

中学校教員は、不良の出来損ないみたいな時期の子供を扱う。これまた、ご苦労さんで、教員への親の目は、多少甘くはなるものの、その分だけ、子供が難しい。特に女性教員には大変な仕事である。

高校教員は小中学校に比べると、楽勝ではあるが、それでもまだ教員らしい仕事の、いくつかはしなければならない。まあ、先生といえるだろう。

大学教員は、書くのも憚られるくらい「でたらめな仕事ぶり」が横行している。あれは仕事ではない。「先生」では、もちろんない。暇人であり、売名であり、思い付きであり、仲間内の談合であり、寄合であり、独りよがりであり、つぶやきであり、傲慢であり、害虫のような連中である。

しかし、中には、まっとうな連中もいる。教えることも、「研究」もやり通す大学教員もいる。それが本当の大学教員であるが、その数は、情けない程に少ないのだ。まっとうな教員のいる大学は、本当に少ない。ほとんどは、即刻潰した方がよい大学ばかりである。

これ以上言っても無駄だから、言わないが、わたしが小学校の教員を先生として大切に思い、大学の教員を唾棄するほどに嫌うのは、このような理由からである。


さて、大学では東京大学が「人気」がある。

東京大学は、残念な大学である。
今どき、東大を「最高学府」などと考えている人はいないだろうが、昔は、大学が少なかったから、田舎から東大を目指す人が多かった。
たくさんの学生を抱えていれば、中には、まれに優秀な人材も出ることがある。

過日、某大手新聞社の男と話していて、社風を厳しく論難したら、いいえ、社にもいろいろな人がいるから、などと口答をする。

組織が大きければ、様々な考えの人がいるのは当然である。しかし、紙面に出る記事は、デスクの判断で決まる。デスクの思考が、偏向している事実には変わりがない。

大学も同じことで、東大にも、まともな人がいるよ、では通用しない。
金を一番ぶんどっておきながら、反日で、偏向教育を進める教員が多い。
東大は税金を食いすぎである。予算に見合った業績はないくせに、国家の独立や興隆を嫌がって、国益を損なうことには、とりわけ熱心だ。おまけに時流に乗って、他国にすり寄る傾向がある。
まったくもって、トンでもない連中である。

東京大学を、解体処分することを提言する。暇人の巣窟であることの他、以下の解体理由も加えよう。
「老朽化による競争力低下の予想と保有資産の活用再検討の必要性を理由に営業終了」(旧 赤坂プリンスホテル

ついでに言うなら、NHKと称する独占企業も怪しすぎる。あれは、ご都合主義の反日組織である、あるいは諸外国の指示通り動く扇動組織である。時の政権にゴマすりをする保身集団である。そのくせ日本国民を侮蔑する。
理由は、すでにご承知だろうから書かない。

大学教員に話を戻すと、人は楽につくことを求めるから、やっぱり、大学の教員は魅力的だと言う子供が多い。

教員は、自分たちの給料は、職責の割には安い、と言う。
しかし、高すぎると考える人もいる。
アメリカでは、教員は基本的に薄給である。
大学教員もそうで、博士があふれている。全米の大学に仕事を求めて、動きまわって、ようやくゲットする。

一部の例外もあるが、給与は本当に安い。共稼ぎでようやく食っていける。それでも、大学教員になりたくて仕方がない。
その理由は、やはり、おいしい仕事だからだ。おいしすぎてほっぺたが落ちるくらいだからである。 給与の少ないことなんか、問題にならないくらいに利点が多々ある。

実質労働時間の少なさ、社会的ステータス、趣味に生きることができるなど、これ以上のお気楽商売はない。

日本の大学教員は、米国大学教員よりも、もっともっと恵まれている。恵まれすぎている。
もちろん、大学に職を得るまで、なんやかあったであろうことは、推察される。苦労はそれなりにあったかもしれない。
だからといって、その分、その後の人生が安逸を貪るバラ色天国である。目出度い。

以上では、何のことかわからないと言われそうなので、もう少し書く。
日本の学生も、近頃は大学院希望が増えてきた。理科系など、軒並み増員である。
アカデミックポスト、略してアカポスは、院生たちの憧れの職業である。互いに牽制しつつ、切磋琢磨して、あの大学この大学と業績表を送りつけて、職探しに余念がない。

ゲットしてしまえば、もうこっちのものである。大学側からは、雇った教員の首を切ることができない。学問の独立だそうである。眠たい教授会や各種会議もどきの時間つぶしを、適当にのりきって、幼稚な学生を遊び半分で相手にしていれば、定年どころか、75歳くらいまで楽勝である。

文系でも、法学部はつぶしがきく。
しかし、いまどき、苦労して法科大学院を出て司法試験に受かったところで、先行きは暗い。検察や判事になればともかく、弁護士では、いそ弁から始めて、儲けがあるのかどうだか、怪しい。
こんな折、やっぱりアカポスは魅力である。
少し勉強のできるらしい、そこの君。悪いことは言わない。アカポスを目指したまえ。


さて、ここまで書いてきて、少しは生産的なことも言わなくてはならない。

小学校教員こそが、先生らしい先生である。給料分の、またはそれ以上の仕事をしている、せざるを得ない仕事である。だから、世間から先生と呼ばれても恥じないでいいのである。
小学校高学年の学習習慣が、その子どもの一生を決定することが多い。

だから、学校で、毎日、子ども達を、直接、指導する立場にある学級担任は、計り知れないほど重要な存在だ。
まさに、本当の「教師」であり、「先生」である。

私たちの周りでは、先生という言葉が大安売りになっているが、本来の「先生」という呼称は、おそらく「教師」と「医者」との二つにしか当てはまらないのではないかと思う。

学級担任の中でも、特に小学校最後の学年である6年生の担任は、決定的な影響力を持つ。
だから担任教員達に言いたい。勝手な夢想は止めて、最低限学ぶべきことを、しっかりと教えてくれ。学習習慣を叩き込むがいい。

難しく考えることはない。利いた風な美辞麗句を使う必要もない。そんなことは、能無しの指導主事だの、大学各学部の、偽で暇な「教員」に任せておくがいい。
空理空論は、政治家と役人と大学教員の専売特許である。

具体的には、
高学年では、
「教育漢字が書ける」こと。
「計算問題をきちんとノートに計算できる」こと。
「はきはきと音読できる」こと。
この三つだけでも完全に指導していたら、よほどのことがない限り、高校三年までの授業に十分対応できるだけの学力がついたことになる。

だから、以上をきちっと子どもに教え込むことのできる教員が、今、一番必要とされる教員である。
そして、信頼と尊敬とを受けるに値する教員なのである。 

以上を、しっかりと実践している「先生」ならば、以下のこともすでになさっているかもしれないが、あえて、書いておく。

主として国語科と社会科とに関して
1.日本の歴史を、暗いイメージで、周辺の国々に遠慮したような(チャイナやコリアにごまをするような、弱みを握られているような、つけ込まれるような、米国に頼り切るような)教え方をするのではなく、日本の文化や伝統を大切にした、母国に自信の持てる、明るく、誇りある、未来に向かって力強い内容と方法とで、授業を進めていただきたい。

2.日本のことばや文章を大切にしていただきたい。
そのためには、日本の古来からの歌や文章を大いに紹介していただきたい。
子ども達に、和歌や俳句や古文などの名歌名文に親しませ、書き写したり、朗読したり、暗唱したりする時間を確保していただきたい(国語や道徳や、「総合的学習の時間」とやらをお使いになればいい)。