ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

子供は、教員の奴隷である。入学以来、周りを見て育つ小学生。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

子供たちは、小学校に入学すると、さっそく担任から、ああしなさいこうしなさいと、命令される。
それは、仕方のないことである。
子供たちは、個性の塊と言うよりは、我がまま勝手な暴君の集まりである。担任は一人で、手強い彼らを相手にしなければならない。
仕事がしやすいように、あの手この手を考える。命令口調になるのも、当然である。

しかし、子供は子供である。学校は一種の監獄で、大人である教員は、強い看守である。
子供たちは、すぐに看守の言うがままになる。びくびくおどどと、教員のご機嫌をうかがうようになる。

しかし、これも言い過ぎだろう。
子供も親も、昔のように教員を支持していない、恐い存在でもない。逆に教員が、児童生徒とその保護者とを恐れるようになった。看守の力は弱まったのである。

弱まったにせよ、学校は、社会から認められた大きな組織である。そこから逃れる術は、子供にはない。不登校か病気か、またはもっと重篤な状態になるしかない。
それが嫌なら、学校に合わせて、なんとか小中学校だけでも乗り切ろうとする。
これがそもそも、不幸の始まりで、世界でも奇怪な「日本人の美徳」を醸成した。

おもてなしである。気配りである。空気を読む力である。合わせる術である。対立を避ける心理である。議論と称する談合である。権威らしきものに弱いのである。流布する意見を無条件で信じる習性である。新聞テレビが大好きで、疑わないのである。出る者を抑え、遅れるものを馬鹿にするのである。みんな一緒が大好きで、同じ鍋に入れるのである。こぼれた者を踏みつけるのである。

その他いくつでも出るのだが、つまりは、相手を疑わない。というより、疑うことを恐れている。意見の相違が怖いのである。だから、あらかじめ信じてしまうのである。

これは小学校に入学以来の教育の成果である。如何思うにや。

小学校に入学して以来、子供たちは、学級の決めごとに合わせるように、突出も停滞もしてはいけないのだと、執拗に訓練される。つまり、集団への同調を強いられる。
これはもう、すさまじいばかりで、子供の性格を無視して、担任教員が仕事を進めやすいように、担任の思うような色に染めようとする。

このことが嫌で、我が子の教育に一家言ある親は、運動会や団体行動をせざるを得ないときは、欠席させたりした。はなはだしきは転校した。

それももう昔の話である。

今でも、周りに合わせることを大切とする「同調圧力」があるにはあるが、子供もわがままができるようになった。

こう言うと、良いことのようだがそうではない。今度は、自由放任が行き過ぎて、教室が無法状態になってきた。
個人の自由を通り越して、出鱈目な放縦と専横とが教室を支配するようになった。

本の学校の「みんな同じ主義」は、行動や考え方を一律に押し付るという短所と、教室内の静謐を保つという長所とがあったのである。

自分の考えで、行動するようになると、あっという間に、無法化し、目的が散逸してしまうのはなぜか。
これは、大人に、特に子供の親に原因がある。

それにつけても、思い出すのが、ある小学校の教員Aの話である。

運動会の練習を、高学年の複数の学級で合同でやった。練習が終わって、Aは、そばにいる子どもXに、道具の片づけを頼んだ(本来は「言いつける」が正しい)。
Xは不満顔ながらも、ボールを数個、だるそうに体育倉庫に持って行き、戻ってきた。そして、Aに向かって、「なんでおれや。自分で片付ければいいだろ」と捨て台詞を吐いたというのだ。

驚くべきことに、子どもXは、本気で言っているらしいのである。
運動会の練習の準備も、ボールや手旗も、教員が準備万端整えて、教員が後片付けまでも、するべきだと考えているらしい。
つまりは、
「自分たち児童生徒は、ご主人様だ」と考える習性がついているのである。

そしてこの学校ではそれを助長するかのような指導の教員が多いらしいのである。Aは、転勤してきて驚いたのである。
もちろん、Xは、Aの学級の児童ではない。

これは躾の問題である。家庭の躾、学級の躾の問題でもある。

学校は、このような無礼な児童に対して、十分な躾ができなくなった。教員が、児童の権利とやらを、もてはやしたからである。子どもを甘やかし、甘言を垂れ流す教員が多くなった。
教員は、ひたすら、王様女王様である子供たちに向かって、額づくようになった。まるで、サドマゾの関係である。
そしてそれを、双方とも楽しんでいるらしいのである。奇怪である。

奴隷が、教員だろうと、子供だろうと、やっぱり哀しいものである。