ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

百ます計算、日本国憲法の暗唱、NHKテレビ戦略、笑う教育産業、国語教科書は駄文。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

ずいぶん以前に、百マス計算だとかで、テレビが騒いだことがあった。すぐに、新聞雑誌、挙げ句にはこの機に乗じて一儲をねらった出版社まで巻き込んで、もともと昔からあった反復習熟学習を、ことさらに新しい教育方法のように喧伝した。
テレビで紹介された某教員の方法は、すでに日本全国の学校で、長年営々と続けていたことであって、めずらしいことではない。
指導の一工夫として当然すぎて、今さら取り上げるほどのことでもない。
にもかかわらず、テレビ番組では注目すべきものとして報道され、NHK特有の妙な宣伝効果もあって、いかにも新しい教育技術のように広まってしまった。


ゆとり教育の失敗が明らかになりつつある頃だったので、放映の宣伝効果が増幅した。番組制作者は、今回も、視聴者をうまく騙したのである。地方の教育委員会の「お歴々」も、さして深い考えもなく、テレビに夢中だから、手放しで歓迎した。
教育事務所職員も、テレビにかじりついてばかりいないで、少しは本を読め。自分の頭で考えたらどうか。


百マス計算で名を売った陰山某は、子どもに文章を暗唱させるのに、こともあろうに日本国憲法前文を選んでいる。まともな日本語でないものを、子どもに暗唱させるなんてどうかしている。
憲法なら間違いなかろうと考えたのだろうが、その文章感覚を疑う。

話が飛ぶが、暗唱は古典に限るのである。
「枕方丈徒然平家が筆頭で、次は百人一首である。現代文では、鴎外を以て範として、他に、一葉敦直哉までだろう」とは、四十年以上前から、古典の暗唱学習を徹底し、学力を向上させた教員の言である。公立小学校の学級で、この程度の実践は十分に可能である。
何を読ませるかについて、名文とそうでないものとの判断ができない輩には、教育に暗唱が必要云々と言う資格はない。


そういえば、音読や暗唱に関して、「声に出して読みたい」とかの、短文を寄せ集めた本が売れたこともあった。安っぽいガイドブック風情の簡易本が、今さら注目されるのは、日本人として、いかにも恥ずかしいことである。
原文に当たればいいのである。読書の中身、教材の中身まで、誰かに教えてもらわなければならないのか。だったら、とことん、そうしてもらえ。

私はこれをハウツー本世代「ぴあ世代」と呼ぶことにしている。
自分で考えようとせずに、何でもお手軽に、他人様から教えてもらいたい。これは、ニュースキャスターの口真似が大好きな性質と同根である。
上記の「百マス」にしろ「声に出して」云々にしろ、みんな他人の発想の口真似である。オリジナリテも構想力もない。

小中高の教壇も経験もない、大学教員ごときが、暇にまかせて書きとばしたものを、現場教員がわざわざ買って読むほどのことはない。笑って、放っておけ。

そう言えば、某テレビ局の子供テレビニュース云々に関係していた職員が、なんでも屋となって解説している本も、よく売れたことがあった。
自分で学ぼうとせず、お手軽に解説してほしいのである。まさに、テレビ思考である。

あれもこれも、出版社の罠である。古人は、出版は虚業、いかさまである、と喝破した。儲けるためなら、なんでもする。アイデアが勝負である。
ファッション雑誌アンアンの真似からはじまって、すぐにアンアンを凌いだノンノの例もある。恥も外聞もない。

話が長くなったが、教育関係の出版社では、長年、小学館明治図書が競っていたと聞く。学研も参入した。文芸春秋その他の社も、負けてはいない。
明治図書は法則化運動とかで、いちどきに稼いだが、今は下火らしい。小学館は、マンガや雑誌で稼いでいる。ついでに愛国商売にも加担した。
出版社とマスコミとは、常に話題を捜す。捜すに事欠いて、無理矢理作る。

教育はもっと地味で忍耐強いものである。せめて現場の教員だけでも、流行に安易に乗らずに、地道に授業をしてほしいものである。

しかし、肝心の国語教科書があれでは困る、と知人が言う。

義務教育で使用する国語教科書の文章がひどい。ひどすぎる。
気品、リズム、内容ともに駄文としか判断できないものが、平気で載っている。
試みに音読してご覧なさい。聞くに耐えない。

十年前より二十年前、二十年前よりも三十年前。教科書は古いものほど、ちゃんとした文章が載っている。

文章がいい加減で、意味不明の言葉の羅列となって、文章の気品が等閑にされ出したのは、いつの頃からだろう。
世間で作家と呼ばれる連中のだれもかれもが、岩波調の翻訳崩しになってからだろうか。
大江健三郎のように、サルトルの下手な翻訳もどきの悪文でも、作家として認めらた頃からだろうか。
日本語は破壊されたのである。

教科書が、学校現場で採択されるには、教員になじみの作品を載せるに限る。このように教科書会社は考えた。今の教科書の質の悪さは、そのまま国語科教員の質の悪さに通じている。

笑えるではないか。
コンビニで、そこら中並べてある漫画雑誌の付録のような、文章感覚の鈍い、未熟な、評価の定まらない、品のない、リズムのない、およそ思想の片鱗だにすらない、時間に追われてかろうじて吐き出したような文章状のゲルのような文章。それを、教科書の中に、子どもが学ぶべき文章として載せているのである。
日本文化は、軽蔑され、貶められたのである。

教科書採択制度にも問題がある。教科書の選択を、教育事務所や現場の教員任せにしたのがそもそも大失敗である。
歴史と伝統を無視した戦後教育で育った人々に、国語の伝統を受け継いだ文章作品が選べるわけがない。そもそも文章感覚が育っていない、持っていない、必要とも思ってない、人々である。

教科書会社は、今風の軽い文章ばかりを載せたがった。そして、そのような教科書は、目論見どおり、次々と採択された。
露伴一葉漱石鴎外直哉敦近くは由紀夫。これらが教科書に掲載可能な文章の最低限のラインである。
以前は、少なくとも鴎外直哉は小学校で習った覚えがある。
平家徒然も教科書に載っていたし、当然のように暗記した覚えがある。

今の国語教科書にあふれているリズムもなければ、内容もない、粕漬けのような文章を読ませても、子どもが読書好きになるわけがない。時間の無駄どころか、むしろ害ばかりである。
たまに読んでいるのは、近頃流行の底の浅い翻訳小説か、タレントの語り下ろしといった紛い物だ。
日本語の名文は、どこへ行った。

広告を非表示にする