ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

高校の授業料が無料なら、大学も授業料無償化が筋である。大学は大規模遊園地だって。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

高校の授業料が無料またはそれに類似したものになって、久しい。
教育には、金がかかる。
教育の機会均等の名目で、「すべて国民は、ひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければ」ならない、と定めている。だったら、義務教育ではないけれども、高校もただにすればいいだろう、という安直な発想である。
外国人に日本国民の血税をくれてやるくらいなら、日本の子供のために金を使った方が良いのはもちろんであるが、なぜ、高校までなのだろう。
どうせタダにするのなら、大学もそうしろ。
しかし、そこはそれ、なかなか難しいことがある。


今でも大学は、およそ教育とは思えない遊園地のままのくせに、相変わらず暴利を貪っている。
大学経営者や大学教職員は高給を得て、学費のために、親や学生が苦しんでいることなど、どこ吹く風である。

私立高校はしかし、公立なみに、ほとんどただ同然の月謝となってきた。やがてはすべての高校は、タダとなる。
これが大学に波及しないのは、親は、大学には金を献上してもよいと考えているからである。怪しい情熱だが、まだ、大学ブランドを何となく「素敵」に感じているからだろう。哀れである。

学校教育は、すべからく一律に無償であることは、当然である。が、その権利は、義務教育期間までで、それが過ぎれば、厳しい試験に合格した者だけに高等教育を受けさせることが、本来の姿である。でなければ、一億総愚民の再生産である。スマホ中毒と相乗効果して、条件反射奴隷の拡散が続いて、敵の思うつぼである。

一律無償化とはいえ、まったくのタダも具合が悪いのならば、成績如何でどんどん落第退学させれば、筋が通る。

義務教育を終えれば、各種専門学校なり、徒弟制度なり、現場で働くなりして、さっさと手に職を得るのがよかろう。
外国から怪しげな移民と称する工作分子を入れるより、よほどお国のためである。

思えば、近代日本は歪に生きてきた。それをここに詳述する根気がない。詳しくはご自分で、調べてくれ。

教育をタダにできるのは、それは国民の税金を投入するからである。ならば、国民のためになる人材を育てなければ、なんにもならない。今のままでは、無能な教員の餌代にしか、ならないではないか。

広告を非表示にする