読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

教員の実力がはっきりする三つのこと。ノート、声、向き。授業参観の見どころ。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

公立の小学校や中学校は、年に数回、授業風景を公開する。

昔で言う、父親参観日や日曜参観日と同じことである。

某中学校を例にする。

あまりお客(参観の保護者や地域の人)は来ていない。
受付をすませて、さて、どこのクラスで何の授業をしているのかの案内がない。参観者にとって不親切だ。時間表のプリントぐらい、準備しておくのが常識だ。
ふとみると、下駄箱の横に、B4大で、授業の一覧が貼り付けてある。
仕方がないので、それをいちいちメモして、まず、全クラスの雰囲気を知るために、足早に各教室を覗く。この時点で、学校の落ち着きというか、子供の学習への意欲・雰囲気が、ある程度まで分かる。

2時間目から、20分程度ずつ各教室に居座って、じっくりと観察する。

我が子の顔さえ見れば満足、というような人は別として、授業参観には、やはり見所のようなものがある。
授業では、まず教員(授業者)の技量を見る。力のある教員がいれば、その学校は一流に近づく。そのような教員は、多ければ多いほどよい。中学は学級担任制ではなく、教科担任制なので、各教科とも(国語数学英語に関しては特に)、実力のある教員がそろっていることが理想である。

教員の実力は、授業が、子どもの学力を現実的に高めるものになっているのかどうか、で判断できる。
これを無視して、子どもに優しいだの、話が分かるだの、生徒指導がどうのこうのだのは、まったくもって、教員の仕事を誤解しているとしか言いようがない。
授業あっての教員である。それができなくて、他のことが満足にできるわけがない。

詳しく教員の技量を見分けるには、参観者自身が、20年以上の教員経験があり、教科においても授業者以上の学力、見識、教授技術を持っていることが望ましい。だから、誰にでもできることではない。
しかし、そんなことを言ってもおれないので、とりあえず、見所のヒントを三点挙げる。

1 ノート
子どものノートを横からちらりと見る。
どの子どものノートも、ある一定の水準を超えていればよしとする。水準について、具体的なことは言えない。当該授業の内容による。とりあえずは普通の字できちんと書いていればよろしい。ただし、良いノートは、知性が感じられるものである。
ノートを見るには、 教室の後ろの壁に張り付いていてはダメだ。どんどん生徒の机の横にまで行って、覗かなくてならない。そんなあなたの姿を見て、授業者は嫌な顔は、しないはずだ(机間巡視は、教員の「いろは」である)。

2 声と間合い
授業者の声の大きさ、間合い、リズムを聞く。
怒鳴り上げたり、いらいらしていたり、不必要な大声や、早口はいただけない。
うろうろと動き回ったり、逆に石のように一つ所にいたりするのも、よくない。
教員個人の、独特の知的リズムによる、動きや声の間合いが必要だ。

3 子供へどう向かっているか
授業者の字が上手で、板書が多いと、参観者はすぐに感心してしまうようだが、これは大きな間違い。板書は少なければ少ないほどよい。板書なしでもよいくらいだ。
というのも、教員はすぐに板書に頼ってしまう。少なくとも板書していれば、間を持たせることができるし、黒板に書かれたものを、子どもがノートに写していれば、なんとなく時間がたつ。一見、授業をしているような気になってしまう。
板書がなくて、しかも生徒のノートがきちんととれているのが一番である。
それに、板書している間は、授業者は子どもの方を向けない。板書をしながら、背中で子どもの発言を聞くなど、もっての他である。発言している子どもの顔を見て、聞いて、対応するのが原則である。
板書は、ここぞと言うときにのみ、無言でするものだ。
説明をする必要があるのなら、書いた後、子どもが確実にノートに書いたかを確認した上で、真正面を見て(黒板を背にして)するものだ。