読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

私立名門高校に実益はあるのか。高い月謝を払う自分が大好き。制服も素敵よね。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

私立高校は、通学に時間がかかる。

多少遠くても、その学校に行きたくて受験して、首尾よく受かったのだから、子供は無理して通うのである。お疲れ様。

その点、公立高校は通いやすい。区域ごとに学校を建てるのが建前だから、各地に満遍なくある。
とはいえ、学校の程度(教員、子供、授業深度及び進度、入学難易度、施設他)は、様々なので、一つとして同じ公立校はない。
しかし、大体の傾向がある。
生徒のレベルに連動して授業内容が変わる。自ずと階層が生まれる。高い偏差値は自慢である。進学校のレッテルを欲しがる。有名校と呼ばれたいのである。
偏差値の高い公立学校に行こうとすれば、偶然近くにそれがなければ、私学と同じように、長い通学時間を覚悟しなければならない。

ならば、私立高校も同じことで、通学の不便さも仕方がないではないか、と言われそうだが、全然違う。

私立は金がかかる。
教員の質が良くない。
最初は並か並以上の教員も、すぐに並以下となり、やがて著しく腐っていく。
競争も転勤もなく、生徒も粒ぞろいなので、授業で苦しむことがない。十年一日、下手な授業で事足りる。
同僚も、異動がない。一緒に楽をするお仲間たちである。
切磋琢磨がないならば、それはプロではない。趣味道楽以下である。
そもそも私立学校教員は素人が多い。教員免許は持ってはいるだろうが、都道府県等の採用試験に合格した者ではない。いわば縁故で入った連中である。

それでいい、それが面白い、と、かえって感心する奇特な人もいるかもしれない。大方、同校の卒業生だろう。ついでに言えば、教員も卒業生で固めたりする。恥を外部に漏らさないためなのか。

まったくもって、喜んで、通わせている親や生徒にとっては、知らぬが仏である。

公立学校教員の、気合の入った、ぎりぎりまで追い詰められた、熱心にならざるを得ない、厳しい環境での毎日と比べるならば、私立学校の教員はどう見ても、「教員」として二流か三流以下である。

それにしても、知名度が高い私立学校の、不思議かつ面白いところは、通っている子供達よりもその親たちの方が喜んでいる様が見られることである。その学校の制服を着た我が子を見るだけで嬉しそうである。
わかりやすくするために、実例をあげてもいいが、なにかと差し障りがあるので、渋谷区や港区にある小中高大一貫の女子学校や男子のそれや共学のそれ、その他も、ひっくるめて言うこととする。


いかにも有名どころの私学は特徴がある。
まず、月謝が高い。
よくもまあ、払うものだと感心するが、なに、親は、高額の月謝を払うことのできる自分に酔っているのである。
次に、学校が古い。

古ければよいわけでもないが、学校の授業の良し悪しよりも、長く続いた学校であることの方が、ブランド力があるらしい。
制服が格好いい。

中にはへんてこなものもあるが、それすら、「可愛い」と言い出すのだから、ファンはありがたいものである。

我が子を私学に行かせるのは、親のエゴである。
私立学校は、すべからく親のエゴにつけこむことで経営が成り立っている。金銭と引き換えに臭いプライドを手渡して、親から金を巻き上げる。

福沢が、学校を作ったのは、必ずしも利を得るためではない。立国のためには立志の人材が必要だ。官立に頼っていては間に合わない、と、焦って塾を作ったのである。
これを建学の精神という。当時は、その理由が、まあ通用した。

しかし現在ではどうだろう。私学の存在意義は何か。
おいしいビジネスなのか。まだ需要があるのか。

あるのである。
親のエゴには、甘酸っぱいロマンのごときものがあるのである。
合掌。