ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

上位私立高校の進路指導は「とりあえず、東大へ行かせておけ」で終わり。熱心な授業と指導の公立高校が、絶対お得である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


高校の進路指導は、生徒の一生を左右する。
これは、言い過ぎだ。高校3年生ともなれば、自分の進路は、子供自身が、ある程度見えている、見えなければならない。進路担当にあれこれ言われても迷惑だ、と言いたいだろう。
その通りである。


しかしながら、進路「指導」を間違うと、子供に、大いに迷惑をかける、または、余計な回り道を余儀なくさせてしまうことがある。子供自身に任せたままにしたり、いい加減なアドバイスをしたりすると、結局は、子供が無駄な時間を費やすことになるかもしれない。


進路指導が、中途半端で、手抜きなのは、私立の進学校である。偏差値の高い進学校は、進路指導なんか、あってなきがごとしである。
在校生徒、進学を控えた3年生、みながみな、とにかく「良く出来る」子供ばかりである。
だから進路担当は、可能性が高ければ、東大京大へ放り込めば、それでいい。他に、押すのは、東北大、阪大、名古屋と神戸の国大である。そのあたりでいいだろう、と職員室で笑っていればいい。

詳細は避けるが、ある子供は、東大の法学部を卒業したまではいいが、何を思ったか、東北大の医学部へ入りなおした。医者が向いているというのである。もう一人の子は、京大から岡山大医学部、どういうわけか、医学部へ方向転換する子が多い。

できる子たちだから、医学部へ入ることはできた。それにしても、初めの学校は卒業しても、中途退学にしても、無駄であった。

他人が言うのではない。子供自身がそう言うのである。

さて、何が言いたいか。
これらはすべて高校進路指導のミスである。
何度でも言うが、私立の進学校、特に、偏差値の高い私立高校は、授業がでたらめであるばかりか、進路指導は、あってなきがごとしである。
担当教員は、進学先や学部など、うわの空で、どうせできるのだから、とりあえず、東大法へ行かせましょう。で、終わりである。
何が何だかわからない。

一方、公立高校の進路指導は、これはもう、徹底している。このことはすでに書いた。
良く出来る子供にも、ほどほどの子にも、ともかく、本人の意思、適性、経済状況、その他、熟慮して指導する。
学級担任も進路指導担当も、子供とともに悩み苦しんで、我が事以上に、全身全霊をかけてバックアップする。

と、こうまでいうと、美談すぎるが、ともかくも、公立高校と私立高校との進路指導は、月と鼈、大吟醸と泥水くらいの違いがある。

だから、高校については、絶対的に、公立高校が、親と子供にとって、お得であり、正解である。これは、経験上、確信をもって言える。

以上の例は、すべて女子である。男子は、進学先や学部に失敗しても、今更、方向転換して年月をかけられない事情があるのだろう。本音では、こんなはずじゃなかったと、舌打ちしている子供も多くいると存する。

何度でもいう。都立県立を問わず、公立の一流校が一番お得である。
私立「有名進学」高等学校(ほとんどは中高一貫であることが売りである)は、やがて滅びるだろうし、そうあってほしいと、近頃本気で思うようになった。

 

広告を非表示にする