読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

雪崩の危険性があるので、今日は止めたら。馬鹿言うな、これが訓練だ。栃木県スキー場雪崩。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

雪崩で高校生が死亡した。
この事件は、講習会関係者の事故回避性が可能かどうかだったが、問題となる。
高校生相手の指導が目的の講習会であるから、生じた結果には、指導した教員、体育連盟、県教育委員会に、全責任がある。
業務上過失致死罪である。
地元では、雪崩危険個所として知られていた場所である。雪崩注意報も出ていた。

体育系の教員は、ほら吹きが多い。自分に酔う。無理を承知で突進することを、生徒に強いる傾向がある。
雪崩が起きるかもしれない。雪の深い、風もある、「厳しい」状況なら、かえって「訓練だ、これこそが雪山の現実だ、やり抜くんだ」とばかりに、自分でも喜び、他人にも同調させて、張り切ってしまうのが、教員の根性である。

興味深いことは、事前の話し合いで、危険性を察知し、取りやめた方がよかろうと発言した教員がいたらしいことである。
少しは冷静な教員もいたことになるが、大勢の意見には逆らえない。かまわん、やろうやろう、のノリである。

何度も言うが、この事故は、高校教員、学校、県体育連盟、県教育委員会による、高校生に対する業務上過失致死事件である。8人の死亡への犯罪構成要件に該当するかどうかを調べなければならない。
金銭的賠償で、静かに幕を引こうなんてことは止めた方がいい。

子供の、野外訓練には、常に危険が伴う。その危険を認識し、回避するのが、指導者の役目である。それでも回避できないときは、運である。
回避できるにもかかわらず、指導者の未熟、焦り、横暴、誤判断等によって、子供の死亡や怪我が生じたのであるならば、犯罪である。

しかし、この事件もいずれうやむやになるだろう。世間も忘れていくことだろう。