読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

公立の名門高校が一番お得である。落ち目の私立高校は、大損となるかも。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

公立の名門高校が、中学生にとって、お得な進学先と言えようが、希望の公立高校に入ろうにも、受験させてもらえなければ、話が進まない。

各中学校は、中学生の普段の成績も加味したうえで、子供本人の希望よりも、進路指導担当の意向で、ほとんどの進学先を決定する。
行く高校がなくなってしまうと、中学生浪人である。これは、断固避けたい。どこかの高校に押し込みたい。
進路担当はそう考える。

公立高校は、きっちり、ランク分けされている。親子がどんなに言い張っても、普段の成績から判断して、希望校が難しい場合、ランクを下げていく。よほどのことがない限り、どこかに合格させてしまうのが、進路担当の腕である。

そんなわけで、地域と年度によっても違うが、公立高校に10人受ければ8人は通るように仕組んでいる。
落ちた2人は残念ではあるが、しかし、当該高校を受けるだけの実力があったのだから、ランクが下位の私立高校に入学しても、そこで上位を保つことが多い。ランクが上の私学には、そもそも最初から受けていない。

以上の事情は、公立高校の強さを証明している。新入生の粒がそれなりに揃うので、公立とは言え、義務教育期の小中学校とは違って、授業が進めやすい。校則違反者や、授業に文句をつけたり、宿題の山に四の五の言うやつは、どうぞ退学なさってかまいませんよ、と学校側も強く出る。
私立高校が中途退学を嫌がるのに比べて、公立は割とあっさりと認める。まあ、人生色々あるさ、で片づけることができる。


こう書くと、公立高校のマイナス面であるようだが、違う。むしろ、利点である。
学校は、教員が、子供に対して、ある一定の行動を押し付けるところでもある。許容範囲はあるけれども、逸脱はできない。現に、子供は逸脱しない。不気味なくらいである。

だから、公立高校は、通う子供にとっても、就業する教員にとっても、平穏で、楽なのである。
もちろん、学年団は内部の教員どおしで、学校間は世間の評判で、激しく優劣を競う。これが各教員への圧迫となって、苦しんだり辞めたり自殺したりする教員も、稀にはいる。しかし、概ね、公立高校の教員は安定している。

私立高校は、一つ一つが独立の「会社」だから、景気の良い優良企業のような私立高校は、公立高教員よりも、圧倒的に安逸を貪ることができる。
問題は、落ち目の私学で、先のないことを、理事会も教職員も、何より生徒自身が感づいている。こうなると、もう、最悪である。
どのように、悪くなっていくのか。 

続く。