ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (hatena部)

なんのための大学生活だったのか。学生の就活は、売り手市場らしい。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


教育に金が絡むとろくなことがない。それはそうだが、わが子の教育に金の糸目をつけないのも、親心である。
それにつけこむ商売人の根性が憎いのである。
しかし、人心につけこむのが商売の常道であるならば、これもまた人の道である。
憎んで何になるだろう。

さて、各種大学は、親子にとって、不本意入学になるだろうに、滑り止めで受けて合格したことを逆手にとって、入学手続きを早めに締め切って、親から入学金を得る。必要経費だと割り切って金を出す親がほとんどだろうから、何が悪いと開き直る。これもまた商売である。

思うに、親の心はありがたい。わが子のために、いくらでも、なけなしの金を積むのである。子供はその心を、多くの場合、わからない、わかりたくない。自分が親になって初めて、親の有難さを知る。すでに、手遅れである。

2月3月はそのようなドラマを見る。そして、名状しがたい気持になるのである。
これは何かがおかしい。そのおかしさを、私たちは、朝鮮にも中国(シナ)や、その他に見る。特に韓国に見る。みんな同じである。
どうも、こんな教育制度、学校制度はおかしいのではないか。アジア極東付近の国々の教育の在り方は何か不健康、不自然、不合理、無理無策を感じるのである。

親子の情愛を利用して、本来の教育の筋がねじ曲がっているのではないか。


過日、某所で就職expoなるものを覗いてみたが、背広スーツの黒ガラスのような風体の男女学生諸君を見るにつけ、一体全体、君たちはこういう就活が望みなのだろうか。そのために、大学に来たのか、と、一種の疑問がわくのである。

担当者の言によれば、売り手市場で、学生の展望は明るいらしい。
なにはともあれ、よかったと言えるのだろう。
親も、一安心である。

広告を非表示にする