ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ

国公立大学と私立大学の入試日程を同じにせよ。無能な大学教員を養うための詐欺は、迷惑である。

f:id:paruru236:20170216205733j:plain


国公立大学の入試日程は、不自然なほど、後にずれ込んでいる。なぜ2月までに、すべてを終わらせて、合格発表をしないのか。
高校在校生は大いに、迷惑している。3月は落ち着いて、高校生活を振り返らせたい。みんな揃って、最終のまとめの授業を受けさせたい。
高校3年の3学期が休み放題、たまに来てもバラバラで、だれがだれだか、わかりゃしない。

3月までも、国公立入試日程を、だらだらと延長する理由は、もちろん商売のためである。歴代政府が率先して、私立大学に媚びを売っているのである。私立大学の延命のために、とんでもないインチキをしているのである。これは半ば習慣化し、常識のようになっているが、ずいぶんと変な話である。
私立大学は入試が、めちゃくちゃに早い。さっさと、合否を発表して、入学金をせしめる。

近頃の子供は、国公立が第一志望でも、浪人を嫌がる傾向にあるので、手近な私立大学を受けて(当然合格して)、入学金をたんまりと払わされる。国公立の最終発表より前に、入学手続き一切を完了させるように、私立大学は納入期限を決めている。
一種の詐欺である。

私は、日本の現今の大学のほとんどを、潰せばいいと考えるものである。あんなもの、ほんの一部の大学機関を除いて、何の役にも立たないこと、あなた自身がご存じだろう。

大学は、教員も学生も、優秀な連中で、構成したい。有象無象の時間稼ぎの遊技場、無能教員の荒稼ぎの場では、ないはずだ。
同一時期に私立も国公立も入試をし、同じ時期に合否を発表し、入学手続きの日程も同一であるべきだろう。

それにしても、どこまで私立学校はせこいのだろうか。高額な入学検定料を取っておきながら、まだ金をせびる。無能な教員を食わすためと、理事会が儲けるためである。
大学も所詮、一企業である。商売人である。ならば、無能無益な「お店」は、さっさと潰れればいいのである、むしろ潰したい。
そう願うのである。