読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱるるの教育批評

教育、受験、学校その他あれこれ (サブ倉庫)

小中学校の教員は、苦労する。JK人気の高校教員は、採用が少ない。粘って大学教員を狙う子供もいる。

就職活動

f:id:paruru236:20170216205733j:plain

教員になりたいという子供が多い。

その場合、相手が幼いことを理由に、安直に小学校教員を志望する子供がいる。話が近いから、中学教員がいい、と言う子供もいる。
とんでもなく危険である。

小中学校は義務教育で、学校が多い。だから教員の採用数も多いだろう、では、到底続かない。万一、採用されても、相手が相手である。死ぬほど苦しむことになるだろう。

教員で、安泰なのは国立大学教員である。できれば、大学院、それも政策大学院などは極楽である。
関係者なら、先刻承知のはずである。

しかし、教員志望の子供の多くは、教員を選んだのは、楽をするためではなく、子供とともに苦労したい、子供の未来にかけたい、などと、企業面接みたく、綺麗ごとを仰る。
生意気は言わぬがいい。

人は他人のために、自分を苦しめようとする存在ではない。
ナイーブな精神の持ち主は、発狂するだろう。

高校教員は大学の次に、お気楽商売だが、どこに勤めるかにもよる。
三流以下の私立高校の未来はない。対象の生徒を、指導困難、不登校気味、精神療法が必要な子、等、それなりに特化するなどの工夫をして、わずかに残る学校もあるだろう。しかし、それも、やがて公立高校が枠を広げてくることだろう。公立は、学校が余っている。教員も余剰が出る。私立が顔を突っ込む隙は、あまりない。

開成麻布桜蔭その他諸々の「有名」私立校は別建てである。ただし、就職できない。卒業生または縁故で採用される(らしい、と書いておく)。

そこで、結局のところ、おススメは、大学教員となる。
うまずたゆまずはげみつとめるぞ肝要、とか宣長先生も仰ったはずである。